撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.94
2013年98
半沢直樹 模擬検査を乗り切る
第8話はいかがでしたでしょうか!見るべきものはデータではなく、人。人と人がぶつかりあってその体温を感じるからこそ、信じて進んでいくことが出来る、それを証明した半沢さんですが、この先にはまだまだ黒崎さんが待ち構え、羽根専務、大和田常務と乗り越えるべき壁が立ちはだかっています。
写真:94_1
まだ一つの山を越えただけ
きのうお伝えしましたが、第8話はこの模擬検査から撮影が始められました。撮影にはいろいろな方法があるのでしょうが、ここで明確な「福山さん」というキャラクターをつけることによって、演じてくださった山田純大さんは登場シーンや全編にわたりデータ命の嫌味な切れ者を見せ付けてくださいました!
写真:94_2
君の仕事は時間がかかりすぎだよ
データばかり見ていて、こちらが何か言っているのに相手に届かない、そういう半沢さんのいらだちを感じていただけたかと思います。堺雅人さんも「こっちを見ろ!」という必死さで向かっていきましたが、山田純大さんが演じる、いかにも相手を小バカにした福山さんの長いセリフについ聞き入ってしまうほど。「半沢直樹」は、見せ場となるシーンがとても長くて、それぞれの皆さんにものすごくたくさんのセリフがあるのですが、その都度皆さんが「すごいね!」とおっしゃっています。堺さんもものすごい量のセリフを言っているのに、ほかの方の長い長いセリフを聞いて素直に「すごい」とおっしゃっているのは、それだけ俳優として、これだけのセリフを言って芝居をする、というみんなの凄さがわかっているからだと思います。
福山さんのお一人だけの撮影のとき、前室という待合スペースで待っているのですが、堺さん、香川さんともじっくりモニターに見入って感心しきり。福澤監督も一緒にご覧になっていて、田中健太監督の演出にも目を光らせています!
写真:94_3
山田さんすごいなあ
反論を開始した半沢さん、第1話で小木曽さんに呼び出されたとき、記録担当の人に「都合のいいことばかり書いてるんじゃない!」と言っていましたが、今回も福山さんに記入を求めました。
写真:94_4
「そのデータに入れておけ!」
とにかく「報告・連絡・相談」の「ほうれんそう」が大切ですから、きちんと記録しておかなければいけない、特に銀行は「言った言わない」ではいけないのでしょう。だからこそ、貝瀬支店長のメモを探すことが出来たのですし、何事も「報告書」という「証拠」がものを言うのです。書類作りってめんどくさくてイヤだな、と思っていますが、明日からちゃんとやろう!と心に誓うHPスタッフです!
…そんなことはどうでもよくって。半沢さんに強く言われて、これまでの押せ押せから、タブレットPCを構えてしまう芝居を山田さんがされていて、ものすごくかわいかったんです!残念ながらそのあといろいろな形を試しているうちになくなってしまったのですが、個人的には是非見たかったです☆でも、ついついそうなってしまう気持ちものすごくわかりますよね!
写真:94_5
反射的に構えちゃう
「これ以上足を引っ張るようなら徹底的に戦う」と言い放つ半沢さん。これまで福山さん、岸川部長に向きあっていましたが、最後は大和田常務を見据えます。
写真:94_6
本当に言いたい相手は
忘れるなど許さない、この先どこまでも追い詰めて戦っていく半沢さんに乞うご期待!
写真:94_7
覚えておいていただこう
写真:94_8
受けて立つよ

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.