撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.16
2013年622
半沢直樹と融資課の面々
半沢さんは融資課の課長です。課長ということは、融資課に部下がいるわけです。
一概に「部下」と言っても、いろんな人がいます。新人さんから、年齢が上の方まで、さまざまです。特に東京中央銀行は産業中央銀行と東京第一銀行との合併銀行ですから、半沢さんと同じ産業中央銀行出身の人、東京第一銀行の人とさまざまです。
日本の銀行は1998年から始まった法改正で組織改変が始まりました。2000年に初の銀行持株会社が設立され、そこからさまざまな統廃合が繰り返されて今の形になっています。半沢さんも1990年の入行からこうした大波を越えて今に至っているんです。
こうして会社が合併すると、どちらが吸収したとか、どちらの会社の人が上のポストにつくかとか、ものすごくめんどくさいことが起こるんです。きっと、身をもって体験された方も多いと思います。(だから、わたしの実体験じゃありませんってば)

融資課には、半沢さんよりちょっと下くらい?の垣内さん、どう見ても年上の角田さん、入行2年目で合併前のことはまったく知らない中西くん始め、10人くらいの部員がいます。角田さんと中西くん、いったいいくつ違うんだろう。(←失礼だぞ、わたし!!)
でも、角田さんはとても面倒見のいい人で、出世やポストのことなんかより、みんなのためにさまざまなことを教えてくれたりしています。だから角田さんへの信頼は厚いし、角田さんも年下の上司・半沢さんのことをとても気にかけて全面的に信頼しています。
写真:16_1
内部のことはむしろ詳しいです
角田さん役・モロ師岡さんご本人も角田さんそのままに、とても周りの信頼が厚い方です。堺雅人さんともさまざまな演技論とか、舞台のお話とかされてます。
写真:16_2
話題も豊富
面倒見も良い方で、中西くんに対するように、演じている中島裕翔さんのことも気にかけてくださってます。
融資課のシーンではみんな一緒ですから、堺さんの1ショットを撮影しているときはこないだお教えしました「前室」で待っています。その間にいろいろなお話をされるのですが、舞台でのひとりコントなどでも活躍されているモロさん、ステージでは高座からダンスまで縦横無尽!同じくエンターティナーとして、中西さんとお話が盛り上がります。そして二人で始まったのはタップダンス!
中島くん「スタジオではシリアスなシーンが続くので、こうやって緩急つけてるんです!」
いいことです。年齢を越えた皆さんの信頼感、とてもいいと思います。でも汗かいちゃうから、あまり熱入れないで!!
こんな熱い信頼関係で結ばれた融資課の皆さんをどうか応援してください☆ 

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.