撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.62
2013年87
藤沢未樹 国税局に行く 
半沢さんの銀行員としての想いを受けて、半沢さんについてくれるかと思われた未樹さん。しかし出向いた先は、同じく東田の脱税を調査している国税局の黒崎さんのところ。
福澤監督「切り札は自分が持っているという強みを見せて!」
写真:62_1
上から目線で
初登場のときと同じ赤い服。インパクトも強く、謎を秘めた女性という姿を見せよう!ということで再び登場。でも、黒崎さんには色仕掛け的なことはまったく通用しないんだろうなあ…
写真:62_2
「かわいい服ね」くらい言われそう
4話から5話へと続いていくこのシーン。4話は福澤監督、そして5話は棚澤監督の演出ですので、二人つなげていきます。
撮影は話数ごとにすすめているわけではないので、皆さんピースをはめていくのが大変!そこをきちんと説明して、設計図を描くのが監督です。このときは、まだ未樹さんの本心もわからず、半沢さんとも向き合っていない頃に撮影したので、気持ちの入り方、状況の説明から。
棚澤監督「自分のこと最優先で。お店開きたいから、そこだけは死守しようとして!」
写真:62_3
乗り出す勢いで
「そこは持ってかないで!」と、睨みつける未樹さんに「特別よ」と取引をする黒崎さん。いやらし〜く笑うようにと監督に言われて見せる笑顔がまたステキ。
写真:62_4
お金出してるのは東田でしょ?
その頃の浅野支店長と東田社長は密談中。半沢さんの出向も決まりそうで、ひと安心とばかりにご機嫌です。
写真:62_5
乾杯する東田さん「どかーん!」
「乾杯」じゃないんだ!「どかーん」って、どれだけテンション高いんだ!!
石丸さん「今回は未樹さんもいないし、同級の親密度を出そうかと丁寧語ではなくていいですよね。」
監督「悪役ですからね!いやらしい表情をしてください!」
写真:62_6
いやらしくですね!
そして二人、お酒を飲みながら黒い笑いを…いやらしいというより「越後屋(時代劇になぜかよく出てくる悪どい大店)おぬしもワルよのう。」「いえいえ、お代官さまにはかないません、ふっふっふっ。」というセリフがまさにハマりそう。
写真:62_7
黒すぎる笑顔
いやらしい芝居が続く第5話。半沢さんはこの黒い笑顔を引き剥がすことが出来るのか!?
写真:62_8
こちらは苦悩の日々だというのに

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.