撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.82
2013年827
半沢直樹 渡真利と貝瀬支店長に詰め寄る
京橋支店の闇、それはどれだけ深いのか。貝瀬支店長が隠そうとしているなら、直接聞きに行けばいい。渡真利さんも一緒に京橋支店に乗り込みます。
戸越さんの協力、そして近藤さんと力を合わせて入手した大切な情報、相手が誰であろうとこのまま闇に葬るなんてことはさせない!
写真:82_1
これはどういうことです?
京橋支店は大和田常務、岸川業務統括部長、そして今の貝瀬支店長とここしばらくは旧産業中央銀行出身者が支店長を務めてきた本丸です。貝瀬支店長は言わずもがなの大和田派でしょうし、ここまできたエリート意識、プライドもとても高い人ですので、たかが次長の半沢さんが面と向かってやってきたことが気に入りません。
写真:82_2
次長ふぜいが
しかも、絶対に表に出てはいけない資料が半沢さんの手に!自分の忠実なイエスマン・古里さんの裏切り(脅されたんだけど)が許せるはずはない!
「古里!」と大声で呼ぶ貝瀬支店長をいなすのは渡真利さん。渡真利さんって、絶対交渉人に向いてると思います!
渡真利さん「しー、あまり大声を出さないで。」
このときの及川さんのいなし方が、いい意味でアーティスト・及川ミッチー!ライブで「ここはちゃんと静かに聴いてね♪」というような手振りでのおさえ方、貝瀬支店長も黙るしかありません。貝瀬支店長役・川原和久さん、最初ちょっと苦笑してしまいましたが、苦りきったお顔で黙るさまは必見!
写真:82_4
ちゃんと聞いてくださいね
一方、ぐぐっと迫る半沢さんですが、堺さんは前のめりになったとき、ちょっと足をくずすんです。この崩し方が上から目線っぽくて(実際に立っていますから目線は文字通り上からなんですけど)追い詰めている感じがします。厳しい追求をする半沢さんと、物腰おだやかな渡真利さんのタッグ、緩急つけた追求で追い込んでいきますが、さすが貝瀬支店長も百戦錬磨「お前らのようなヒヨッコになんざ負けん!」という対応がプライドの高さを感じさせてくれます。
写真:82_5
威厳があります
貝瀬支店長が隠しているもの、そしてその先にある京橋支店の闇に踏み込むことが出来るのか。第7話もどうぞお楽しみに!
写真:82_6

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.