撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.87
2013年91
半沢直樹 守るべきもののために土下座をする
「魂をぶつける芝居」。きょうの堺雅人さんと香川照之さんが演じる、伊勢島ホテルをめぐる攻防から端を発した半沢さんの土下座。いかにも軽く言われた「だったら土下座でもしてみるかい?」という言葉。半沢さんの心にどんな炎が点ったのか。
写真:87_1
台本にある「半沢さん!やめてください!」というセリフで半沢さんの土下座を止めようとする湯浅社長。自分のために信用する人に土下座をさせるなんて…その気持ちは痛いほどわかるのですが、演じる駿河太郎さんは、役者としてあまりにすごいところに居合わせてしまったとばかりに「ぼく、邪魔じゃないですか?」と気になってしまうくらい、堺さんと香川さんの芝居に見入ってしまっていました。
写真:87_2
俳優として、とても勉強になったとおしゃってました
香川さんに「集中すると、まばたきもしなくなるんですよ。」と教えていただいたのですが、堺さんは本当に瞬きもせずに香川さん=大和田常務を見据えています。
ときどきご紹介していますが、このドラマは表情のアップが多くありますので、そのときは役者さんの正面にカメラを置いて、それを相手だと思って演じていただいています。
写真:87_3
その覚悟を見せてくれ
監督「香川さん、声のお付き合いをお願いします。」
カメラに向かっている堺さんに向かって、かけあいとなるセリフを言ってください、ということなのですが香川さんはカメラの真横で、自分に向かってぶつかってくるようにと、ご自分がカメラに映るときと同じような演技をなさいます。それに対し、ゆっくりとゆっくりと手をつき、頭を下げていく堺さん…
写真:87_4
写真:87_5
このとき、大和田常務は自分の勝利を確信したのか、それとも「たかが部下」と思ったのか。向き合う堺さんの芝居、ご自分の芝居、じっくりとモニターを見つめる香川さんの心の中は。
写真:87_6
俳優同士の沸点。半沢直樹と親の仇・大和田常務の沸点。それぞれが最高潮へと登りつめ、正面切った戦いの火蓋が切って落とされました。自分が生き残るための戦いに全力で挑む半沢さんと大和田さん、さらなる高みにたどりつくため、俳優、スタッフ、関係者すべてが全力で取り組む「半沢直樹」、皆さんも勇気を出して何事にも全力で取り組んでください。
写真:87_7

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.