撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.61
2013年86
浅野支店長 見えない花に悩まされる
半沢さんの反撃が始まった浅野支店長。直接言ってくるのではなく、まだ証拠集めの段階、じわじわと追い詰めていくのにメールを送る、という手段に出ました。
写真:61_1
お前じゃないのか!?
怪しいFAXが届きそうであわててかけていく浅野支店長、これまでの余裕なんて見えなくなっていて、石丸幹二さんも「ここを走っていくのでぶつかりますけど、許してくださいね」と、フロアにいる人たちにお声がけ。女性からFAXを受け取るときも奪い取るように!
石丸さん「このFAX、残しておかずに持ってあがるんですか?」
監督「バカにされてる紙だから、破り捨てましょう。」
写真:61_2
むかついたけど、ほっとしました
写真:61_3
これはこれで恥ずかしい
浅野支店長が受け取った見返りを示す証拠の通帳を探すため、支店長室の外におびき出した半沢さん。カバンの中を探している間に、支店長が戻ってくるところでは、ホントに皆さんどきどきしたようで…
前回の裁量臨店ですっかり自信をつけた(?)中西くん、これまでだったら支店長室に押し入るなんてことは想像もつかなかったことでしょう。なのに信頼する半沢さんのためにものすごい行動力!カバンを開けるのもひとつひとつ取り出すのではなく、ざばっと開けました。
中島くん「思い切りいいですよね!」
ふだん大事に持ち歩いているカバンに入れてある通帳。わざわざ本に隠してあるなんて!
写真:61_4
発行日から判断して中まで開けて
写真:61_5
全部くり抜いてるのではないから気づかない
そして戻ってくる支店長室。撮影しているほうは、もちろん展開も全部わかっているんですけれど、最初のリハーサルのときは出演者もどきどき。
監督「はい、ここで支店長が戻ってくるのが見える!」
半沢さんは支店長の椅子に座って「来るならこい」と開き直りの体制に。
角田さんはドアの内側になるように身を潜め、そして中西くん「えっと、ぼくどこに隠れれば…」と、あわててクローゼットの扉を開けて、その陰(?)に。
見える!ぜんぜん隠れてない!!むしろ怪しすぎ!!ただ居るだけなら「いえ、別に」くらいに言い逃れが出来るだろうに、やっぱり素直すぎる中西くん(中島くんかな)なのでした★
写真:61_6
「開き直るしかないのか」この奥で壁に張り付いてます
最後は垣内さんのファインプレーで無事、部屋から出られた半沢さんたち。垣内さんはもう中西くんほど若くない、勢いだけでは銀行では生きて行けないという考えもあったのでしょう。でも、おかしいことはやっぱりおかしい。まっすぐ戦う半沢課長のために進むことを決めた垣内さん、バカでもいい、自分に正直に生きるほうが絶対に絶対に後悔しない。
写真:61_7
そんなバカはあなたの下にはいないんですね
きっとキレイ好きであろう浅野支店長がカバンはもちろん机の中、ありとあらゆるところまでひっくり返して探す通帳。あの通帳には自分のキャリアを根底からダメにしてしまう秘密があるのに…
写真:61_8
これだけ散らかすとリハーサル後戻すのも大変
支店長である自分の言うことには、誰もがひれ伏すと思っていた浅野支店長、じわじわと忍び寄るなぞのメール、「花」とはいったい??
次々と送られてくるメールの指示する内容とは、そして手回し中の半沢さんの出向辞令は。支店長とのぎりぎりの攻防戦、次回ついに決着!
写真:61_9
「花」からのメールは…

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.