撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.112
2013年925
伊勢島ホテル 先代からの脱却
羽根専務は本当にホテルを愛している人でした。失敗したとはいえ、資産運用だって、きっとホテルのためだったんでしょう。
去り際はいさぎよく。一族経営の中で、社長の座に手をかけるところまでいった方です、きっとこの先もホテルマンとして再起してくださることを願います。
写真:112_1
きっと引き手数多!
会社というのは、一つの局面を乗り越えてからが大変です。ドラマでは「めでたしめでたし」で終わっても、伊勢島ホテルはこれからも続いていくんです。湯浅社長のもと「利用してよかった」と思えるホテルとなるよう、一丸となってすすんでいくことでしょう。
そんな湯浅社長を演じてくださった駿河太郎さんは「本人は納得した上で条件を受け入れてので、不安はいっぱいあると思うんですけど、何年後かにあのときこうしてよかったな、と思える決断だったと僕は信じたいですね。湯浅を演じる身としては。」とおっしゃっていました。


湯浅社長役:駿河太郎さん
「初めての役柄だし、しかも途中参加でしたから、とても不安でした。
でも、監督に手取り足取り指導していただいて、とても勉強させていただきました。またご一緒したいです。ありがとうございました!」
写真:112_2
「自分と重なる」と熱演してくださいました!
そして、銀行チームに先駆けてオールアップを迎えた倍賞さん。半沢さんのきめ台詞ではなく、羽根専務の決め台詞(?)で締めくくってくださいました!

羽根専務:倍賞美津子さん
「『あたくしは』お先に失礼させていただきます(笑)。どこか異様な雰囲気で「男の仕事場」に行っていたんだ、と思える現場でした。長年、役者をやっていますが、なかなか経験がないようなすごい熱気でした。暑い中、本当にお疲れさまでした。」。
写真:112_3
さりげなさが本当にかっこいい方でした!
「半沢直樹」放送中はなかなか休めなかったHPスタッフ、遅い夏休みは伊勢島ホテルでリラックスしたいなあ。きっと居心地がよくて、リピートしたくなるホテルになっていることでしょう。

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.