撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.20
2013年626
半沢直樹 国税の査察に入られる
銀行は一般企業と違ってさまざまな規制もあり、監査なども厳しく行われます。納税者の情報を得るために国税局の査察もきたり、お金を扱うところは本当に厳格なんだな、と思います。
監査、査察にもいろいろあるのでしょうか、HP担当のわたくし、不勉強でよく(まったく)わかりません。現在ドラマとともに勉強中。きっとこの「半沢直樹」の撮影をしているうちに、そういうことに詳しくなって、頭が良くなっていることでしょう!(え?頭の良さはもともとの問題?じゃあ、やっぱり変わらないってことですか!?)

またしても話脱線。そんなわたしの願望はさて置いて。国税局は、全国をブロック分けにした11の地域と、沖縄国税事務所が設置されています。半沢さんたちは大阪西支店にお勤めですから、大阪国税局の管轄になるんですね。ふだん、省庁とかまったく無縁だな、と思っていたHPスタッフですが、家族が個人事業主なので、税務署に確定申告に行った覚えがあります。そうか、税務署って国税庁内の組織だから、まったくの無縁じゃないってことだ!青色申告とか白色申告とか、申告内容とか計算式とかいろいろ難しくて、いちいち教えてもらいながらやりました。皆さん頭よさそうで(実際にいいんです)、その節は大変お世話になりました。
しかし、銀行からすれば国税の査察というのは、とてもやっかいなのだそうです。顧客の中で脱税とかをしているかどうかとかは分かるものではありませんし、誰をターゲットにしているのか銀行側にわからないように、たくさんの書類を要求してくるのだそうです。しかも業務中に!
写真:20_1
査察なの、よろしくね
担当する査察部の統括官・黒崎さん。見た目はとてもソフトで紳士的。(え?片岡愛之助さんが演じていらっしゃるんだから当然?ええ、ごもっともです!!)
でも、仕事は厳しいしとても怖い人なので、部下の皆さんは怒られないようにと、いつも冷や冷やです。
写真:20_2
統括に怒られないように、何でも早く厳密に!
こんなに怖がられている黒崎さん。でも、何故か口調はソフトというより、女性的、ぶっちゃけおネエ言葉で話します。愛之助さんも「なんでだろう…」と言いつつもノリノリ(!?)です。
福澤監督は演出する際、ご自身でセリフを言いながら「こういうふうに」と演技指導をなさいます。
写真:20_3
監督「ここは『そうじゃないわ』じゃなくて『そうじゃないわよ!』ってもっと力強く!」
愛之助さん「『そうじゃないわよ!』もっと強いほうがいいのかな、『そうじゃないわよ!!』」

真剣な様子でおネエ言葉が飛び交います。
OKが出て、愛之助さんはモニターでご自分の演技を確認しますが、真剣であればあるだけリアルに面白くて、「本当にこれでいいの!?」と爆笑されていました。
写真:20_4
いいんです!最高でした!
あの大柄な体で繊細なおネエ言葉の演技指導、真剣に芝居のことを話し合う監督と愛之助さん、笑うところじゃないんですけれど、笑いがこらえきれないスタッフたち。いやいや笑っちゃいけない、怒られちゃう!査察部の皆さんの気持ちがものすごくよく分かったスタッフたちなのです…
写真:20_5
文句あるの!?

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.