撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

内容

No.59
2013年84
半沢直樹 銀行員の仕事をする
第4話はいかがでしたでしょうか!
半沢さんの融資の申し出を、未樹さんは受けるのかと思ったのに、出向いたところはなんと国税の黒崎さんのところ!いったいどういうつもり!?あの深いお辞儀はうそだったの!?
写真:59_1
信用してくれたと思ったのに
ネイルサロンという夢に向き合う未樹さんの真摯な想い、そして現実を見据える目に経営者としての才覚を見た半沢さん。取引というより、融資課の「銀行員」として「融資先」未樹さんに会いに行きました。
未樹さんのネイルサロン計画がいけると思うから書類だって書きます。
写真:59_2
創業計画書作りました
半沢さんがこれを書いている画面を撮影しますが
写真:59_3
キーボードをたたくのは監督
すごい!速い!HP担当のわたくし、こうして日々パソコンを打っていますけれど、ぜんぜん追いつかない!(←だめじゃん!!!!)
…悲しくなってきました。話をもとに戻しましょう。
このシーンの撮影は、大阪ロケのクライマックスでした。夕方から夜にかけて、もっとも人手が多いであろう道頓堀のど真ん中、ふつうならこのような場所での撮影はプロデューサーも許可しないそうです。
監督「壇蜜のパワーを出すにはこういうところじゃないと!」
伊與田P「ジャイさん(福澤監督)の熱意に負けてOKしました。ふつう、役者さんもいやだと思うよ、まわりにギャラリーたくさんいて。それをOKしてくれたお二人もそういう監督の思いをわかってくれたんですね。」
写真:59_4
ものすごいギャラリー
この頃はまだ第1話の放送前で、こんなにもたくさんの皆さんが応援してくれるようになるとは思ってもいませんでした。でも、それだけ熱いものを届けたい、みんなの力を見て欲しいという強い気持ちで撮ったシーンです。堺さん演じる半沢さん、壇蜜さん演じる未樹さん。まわりにものすごい見物の方がいらっしゃる中、この二人の真剣勝負が行われておりました。
この計画書を見せられた未樹さん、心が動いたのがわかります。これまで東田さんと一緒にいた理由がはっきりしました。
監督「自分なんかを銀行が相手にしてくれるはずがない、そもそも最初っから銀行にお金借りようとか思ってないからね。なのにここまでやってくれた、という真剣さをきちんと受け止めて」
写真:59_5
本心を見せて
きっと、ほかの人だったら鼻で笑って追い返すくらいかもしれません。でも半沢さんはロボットじゃない。きちんと採算性があるから、事業を成し遂げるであろう強い想いがわかっているから、稟議書を書きました。
写真:59_6
あなたならやれます
みんな夢がある。夢のために戦っている。その真剣な気持ちに向き合えるバンカーであれ。父の言葉、仲間の手助け、妻の応援。それらはまっすぐにすすむための何よりも強い武器。
写真:59_7
信用しているからこその笑顔
正面からぶつかってきた半沢さんに未樹さんはどう応えるのか。黒崎のもとに出向いた未樹さんの真意は?次回いよいよ浅野、東田との関係に決着が!未樹の手にある切り札はどちらの手に!?

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.