ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283 |*84 | 858687888990919293
段々と
原作と変わってきましたね。やっぱりテレビは人間模様もいれないとダメなのかなぁ。。まさか正体ばれたり父親探したりしないですよね?(笑)原作で充分素敵なのになぁ。ふつうの医療ドラマにならないようお願いいたします。
きら様/女性(2015.11.21 10:27)
感動をありがとう
娘が里帰り出産しました。初孫です(*^_^*)コウノドリは予告編の時から一緒に観るのを楽しみにしていました
毎回涙無しでは見られません。女性の貧困、シングルファーザー、虐待、高齢出産、低体重児…社会背景も入れての構成はただの出産感動物語ではない素晴らしいドラマです。これからも本当に楽しみにしています。
ひなちゃん様/女性・55(2015.11.21 10:06)
子育てのスタートラインに、まず立たせて
6話も内容濃かったですね。出産のタイムリミットとマタハラのこと。このドラマは会社の経営層とか、政治家の方たちにも見て頂きたいです。
仕事を持つ女性が妊娠をためらうのは、人員配置に余裕のない職場が多いからで、特に新井先生や下屋先生のような専門職は、代替要員も確保しにくいのでしょう。世間ではマタハラが横行しているとの調査結果が。さらに、職場に妊産婦がいることで他の人の負担が増えるのを、不公平感から「逆マタハラ」というとか。
正社員・正規職員はフルタイムが原則という日本の働き方が、子供を産み育てにくい環境を固定し、少子化を加速しています。そういう中で命を宿した妊婦さんたちは、いわば社会の宝。より安全に出産を迎えてもらえるように、支える仕組みが必要だと思います。
イクメンも一人では大変。小栗旬さんが綾野剛さんに悩みを打ち明けるシーンのお二人の表情は、陰影に満ちて見入ってしまいました。会社の上司は育児に理解がありそうでも、営業が第一なのはいかにもでした。

高齢妊婦さんのハイリスク、子宮摘出でも無事というのですか。船越先生イタかったですね。
BABYの曲と弾く姿がしみました。相沢さんて?
猫派様/女性・50(2015.11.21 9:58)
今回は・・・
毎回、本当に楽しみに拝見しています。

でも今回はちょっと、いろいろなエピソードを詰め込みすぎに感じました。
前回は、生まれくる命の行方(サクラ先生やレナの赤ちゃん)についてじっくり描いたのに対して、6話は見ていてしっくりきませんでした。
一つ一つは、とても大切な事で、メッセージ性の強いエピソードなのですが、結局、一番伝えたい事は何なのか、素直に伝わってこなかったです。

素晴らしいドラマなのは確かなのですが、6話は「散らかった」印象が残りました。勿体ないですね。
匿名様/女性(2015.11.21 9:55)
複雑な心境です。
毎週楽しみに拝見しています。
今は、少子化と、超高齢社会が問題で、出産に対する支援がされつつありますが、でも、現実は、そんなに簡単ではありません。
女性のキャリアップには、いつも家庭の事情が絡んでいます。中絶を選択しようとしていた女性の気持ちもわかりますし、四宮先生のご意見も納得できます。でも、でも、結局は、出産をする当事者である女性に降りかかってくる。本当に悔しいというか、残念というか…そこを勇気をもって自分の信念を貫く強さが必要ですね。難しい!
綾野剛さん好きです。様/女性(2015.11.21 9:43)
ゴール
「出産がゴールではない!」「次のステップへの始まり」という言葉が響きました。子供がほしくて不妊治療に末,授かった子供でも育児放棄してしまう例をカンファレンスがありました。
人は生きていく上で何かしら目標があり,ゴールを目指して努力します。子供を望んでいるご夫婦からすると出産はゴールなのかもしれません(燃え尽き症候群のような…)。でも人の命はそこから始まり,ゴールは死ぬときです。
ドラマは周産期医療ということで産科、婦人科、新生児科が主ですが、命を育てるに小児科,救命,心療内科…,生命の営みは,節目節目でいろいろな科に繋がっていくわけです。
このドラマのゴールがサクラの過去を掘り下げるものではないことを願います。
こばと様/女性(2015.11.21 9:16)
船越先生!
今回のお話は、女性にとってとても重く切ない現実でした。最近私の周りでよく聞く「男はいいのよ、何歳になっても自分の子供ができるから…女はそうはいかないからね…」今回のお話でいうところのタイムリミットですね。なかなかデリケートで難しい問題をドラマにするのは、とても大変な作業だったことでしょう。きれいごとではなく、女性の気持ちを丁寧に描かれていました。そんな中、ところどころに笑ってしまうところもあって、船越先生のランニング姿(笑)サクラ先生達との絡み(笑)やっぱりおもしろかったです!私が原作で好きな船越先生とサクラ先生の場面も見たいな〜!と期待してしまいます。
サクラ先生カップ焼きそば食べてないな〜と思っていましたが、船越先生にちゃんとご所望していて(笑)来週の予告を見るとサクラ先生がカップ焼きそばを食べている姿が!また来週も楽しみです!
ドラゴンママ様/女性・38(2015.11.21 9:11)
来週の予告
私は3人帝王切開しました。次回の予告で帝王切開も立派なお産ですよと言ってくれたこうのとり先生の優しい言葉、その言葉だけでボロボロ涙が出てしまいました。あぁ、この言葉が欲しかったんだとやっと今分かりました。周りから陣痛味わわなくていいじゃん!帝王切開ならまた産みたい!楽でいいじゃん!と言われることが多い環境の私はずっと帝王切開に対してどこか引っかかり続けてたんです。その引っかかりを来週ドラマで取り除いてもらえそうです。本当にありがとうございます。
つぶ様/女性・31(2015.11.21 8:46)
当たり前ではない
看護学生3年です。
つい最近、母性の実習に行き、妊娠、出産、育児を頑張る夫婦を見てきました。何事もなく出産できるということは、当たり前ではないこと、母親の妊娠に対する思い…etc コウノドリを見て、さらに考えさせられました。
撮影されている、スタッフキャストの皆さん、これからも楽しみにしています。頑張ってください!
優維様/女性・21(2015.11.21 8:36)
不妊治療
ずっと前からコウノドリは気になっていたのですが初回がテスト期間と重なり録画するのも忘れてしまい観れずに諦めていました。
しかし、6話で西田尚美さんがゲストと知り、5話から見始めました。途中からでも充分楽しめるけど、初めから見とけばよかったと後悔してます。それくらい素敵なドラマです。

6話は高齢出産の現実をより近く感じることができました。"不妊治療"...恥ずかしながら言葉では聞いたことがあっても高校生の私はどんなものか知りませんでした。
まだ学生とはいえ私も一人の女としてこれからはきちんと考えていこうと思います。
てぃあ様/女性(2015.11.21 8:14)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.