ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
1234567891011 |*12 | 131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293
子供を持てなかった選択
私は40代前半に結婚し、子を持つ選択をしませんでした。今、40代半ばを過ぎ、妊娠できない年齢となると、子を持てなかった選択と意味合いが変わってきました。そして、自分の選択に、よかったのか・・・と悩んでました。そんな時に、このドラマと出会いました。録画で2週遅れての視聴ですが、毎回、出産の様々なケースを丁寧に描いていて、見てる私も当事者となった気持ちで見ています。特に高齢出産の回をみて、少し悩みが薄れました。やはり、子供を産むのがゴールではなく、子供が成人するまでの20年に保護者として責任を持ち続けることがゴールであると感じました。よって、高齢出産で無理しても、自分の体が壊れたら子供に対して申し訳ないんだな・・と思うようになりました。
今、30代後半〜40代にかけての妊娠の話題が多いですけど、記事を書いてるのが男性目線なのか、なんだか、とっても普通のことのように報じられてます。でも、やっぱり、それは、母体もすごく大変なことで、妊娠は早い方がいいという事を次の世代では当たり前の感覚、そして、それが可能となる世の中としていくことが重要なんだと思いました。
葉蘭様/女性(2015.12.06 13:09)
びっくりしました
他の方のコメントも楽しみでここを拝見していましたが、帝王切開への心無いコメントに言葉を失いました。不愉快です…。
そもそも希望して帝王切開なんて日本では普通ないし、帝王切開のほうが安くなる病院ばかりでもないし…医療保険も、妊娠までに必ず入ってるとは限らないし。
母子のリスクが高いと医療的に判断されてお腹を切られる方に、お金で得するなんてずるい、ですか?陣痛ないなんて楽、ですか?
周りにそんな人が多いなら類友ってやつでしょうね
あやの様/女性・31(2015.12.06 13:01)
口唇口蓋裂
いつも楽しみにみています。今回は口唇口蓋裂。あたしの子供二人も口唇口蓋裂です。
産まれたときは、えっ?って思いましたけど、可愛くてしかなたないです。私は、産んでから口唇口蓋裂が、わかったのと、妊娠中にわかったのと、両方経験しましたけど、妊娠中の方が心のケアを良くしていかないといけないと思いました。
これから、お産するかたの中で口唇口蓋裂がわかってるかた、本当に手術すると綺麗になりますよ。不安なら親の会があれば、そこに参加するのをおすすめします。また、番組を楽しみにしてます。
ちぃ★様/女性・30(2015.12.06 12:02)
綾野ドアから、踏み込んでみる。
わかろう、と歩み寄るのは案外大変で、道険しければせめて好きな入口(笑)から、と。綾野さんの出すサクラの感情を突き詰めてみる。まず違和感が、2年前の悲しい出産。え?ここでも、おめでとう、なの?どんな出産にもそう言いたい、という馬×の一つ覚えじゃないと思うだけに、祝いの言を選んだ心理は?そして合間合間に、じっと思い詰めるシーン。一人抱え込む感情に、どんなものがあったのか。極めつけは、悲しみを乗り越えた出産に駆けつける想いと涙。ゴールは「諦めなくて、頑張ってきて、よかった」なのでしょうが、「過程」が私には霧の中で見えない。だからゴールでの共感が薄い、ピンとこない、なの?と道筋が少し見えてきました。
その一方「一発」で腑に落ちたことが。先日原作チラ見して、四宮のツンツンは剥き出しのナイフみたいだな、と(笑)。星野さんより綾野さん向きでは?と思ったのですが、白川先生への苦言シーン、ああ怖い怖い怖い…。最後の「えいっ♪」でホッとしましたが、芯まで凍りつく迫真さに、綾野シノリンだと奥底の温かみが見えにくい、シャレにならん、と個人的に納得しました。←脱線オチで一旦締めます。
酉野コウ様/女性(2015.12.06 11:45)
つぼみちゃん
9話から最終章ですね。
9話で重度の脳性麻痺だったつぼみちゃんが死んでしまうと考えると、四宮先生はとても悲しむと思います。でも、つぼみちゃんは四宮先生のせいで死んでしまったのではなく、喫煙妊婦だったお母さんが悪いのだとすると、妊娠中の喫煙はとても危険なんだな。と改めて思えます。

コウノドリ終わらないで〜!
映画化待ってますw
コウノドリLOVE様/女性・12(2015.12.06 11:30)
コウノドリの現場
ドラマなのにほとんどドキュメンタリーのように胸に迫ってくる「コウノドリ」。

出産に関わる様々なドラマが描かれていて、どのケースも印象に残っています。主役は赤ちゃんでありお母さんだと思って見ていますが、その周囲の医療関係の方々にももっと目を向けたいと思います。

命をかけて挑むお産の現場だけに産科医療の現場の厳しさは恐らくドラマ以上なのでは?お医者様や看護師不足でキツいローテーションをこなさなければならない方もいると聞きます。

そんな中でも笑顔を絶やさない小松さんや慈愛顔と柔らかな口調のサクラ先生はドラマの中の人とは言え、素晴らしいなと思います。

コウノドリ効果で産科医や助産師志望の方が増えることを期待したいです。
ペルソナでも院長が頑張っていいお医者様を引っ張って来てくれればいいのですが…。(院長の見せ場は来ないのでしょうか?)

次回予告の「燃えつきる」というワードが気になります。8話でやっと笑顔が咲いた四宮先生とつぼみちゃんの物語の行方も…。

いよいよ大詰めを迎える9話が待ち遠しいです。
nana様/女性(2015.12.06 11:16)
8話、初見の感想。まさかの…。
放送前の「ざわざわ」とドラマの展開が、ピタッときませんでした。耳では無脳症や口唇口蓋裂の存在を聞いており、ドラマで状況を理解できました。ところが困ったことに、心がついていけない…うーん、何故だろう。
4年前の大震災や70年前の戦争など、辛くて厳しい事実なのに、自分の生活から現実離れしすぎて「ピンとこない」に似ています。あれだけの場面を見て、涙や熱いものがワッと上がってこない。私は心に欠陥があるの?駄目だなあ…と9話予告見ながら凹んでました(苦笑)。
これって男性…お父さんもこんな感じなのかしら?性差という、絶対的な壁や溝の前でただただもどかしいというか。うーん。とはいえ、あと二話ですし、私の暑苦しいコメの連投が予測つきますが(苦笑)、ざわざわと向き合って感想にまとめたいです。
それと、きんぎょ注意報さん、呼びかけありがとうございました(ぺこり)。もしかてネットの海のどこかで、交流したことある方かしら?と文体から感じてたのですが、私の思い込みでしょう(笑)。きんぎょ注意報さんのざわざわ、よろしければ読ませてくださいね。
酉野コウ様/女性(2015.12.06 10:18)
これ、秘訣です。
またオンデマンドで8話見て涙が止まらない私です。予期せぬ病の告知。私自身もこれまで3回の癌告知を受けて来たので家族や私の揺れる決意や葛藤…それを思い出しての涙かな?その中でも、皮膚癌は強烈でした。だって、他の癌よりも見た目で分かるし、あの痛み、周りの反応が最初きつかった。でも私の場合は患部が足にあるのでどうにか洋服で隠せます。それが赤ちゃんで顔、しかも鼻と口。大人はその傷をマスクで隠そうとするけど、赤ちゃんはどうするんですか?治療方法、赤ちゃん自身の体質によって、どうしても傷が残った時、家族のフォローも大変だと私は思う。けど、越えられない壁なんかない。今は傷に対するケアがあるから、なんでも主治医に相談して下さい。タメ口で話せるまでトコトン話せるようになれば、楽になりますよ!
みゆみゆ。様/女性・43(2015.12.06 9:56)
音楽は極上の脇役
何回かリピートするとドラマの内容がわかっているので
より音楽の良さに気づきふるえます。
絶妙のタイミングで流れるエンディングはもちろんですが
途中でながれるさまざまなBGMも素敵です。
そしてなんといってもBABY。
毎回弾く曲が違うなんてとても贅沢ですよね。
今回はどこでどんな曲をされるのか、
毎回ライブ会場だけじゃないし
ドラマの中のはじめか終わりとかワンパターンじゃない。
とにかくこうくるんじゃないの?って想像してた
予想の上を超えてくるのが毎回たまりません!
名脇役です!
まめだいふく様/女性(2015.12.06 9:53)
今だったら死んでいた
 第7話見せていただきました。私も帝王切開で2度出産をしました。予定日がきても子宮の収縮がなく、陣痛がこなかったので陣痛促進剤を投与しました。お医者さんも初めてのお産は自然分娩のほうがよいと考えられていたのですが、2週間過ぎてタイムリミットがきたため「切りましょ。」と言われました。娘は4000グラムほどにも大きくなっていました。でも大きな病気もせず元気に育ちました。帝王切開は、後が非常に痛いです。麻酔が切れてベットからは1日、2日は動けません。夜寝られないほどの激痛で座薬の痛み止めを入れてもらって眠りました。すぐには赤ちゃんの世話ができないし、母乳もやれませんでした。○十年前のことなので改善されているところも多いと思いますが、お産はしんどいです。これが医療が整っていない時代だったら、私たち親子は確実に死んでいました。そう思えば、赤ちゃんが健康に産まれてきただけで万々歳だと思います。
あいうえお様/女性(2015.12.06 9:03)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.