ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
123456789101112131415161718 |*19 | 2021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293
引き受けて生きる
元医療ソーシャルワーカーです。お腹の赤ちゃんに病気が見つかった時の、とてつもない衝撃、悲しみ、絶望、そして怒り…やがて少しづつ小さな仕草等を見るうちに、どこからか我知らずふっと愛情が舞い降りて来て…。それでも夜には「がんばって育てて行こう」と思えても、次の朝には、また絶望感に打ちのめされ…。そんなことを繰り返しながら、その苛酷な運命を何とか、しかし雄々しく引き受けて生きていこうとされる多くのご家族様を見させていただき、すごいなあと頭の下がるような、感動を覚える日々でした。もちろん個人差は大きく、周囲の支えの得られる人と得にくい人がいて、ご家族の方自身の性格も大きく影響して、その過程は様々ですが。ドラマではそんな様子がよく描かれていると思います。若いドクターが、家族なのに受け入れられないなんて、と発言していましたが、それもありがちで、その後親の思いに「気づいて」いかれる成長が描かれて、よかったです。ひとつだけ余計なことですが、NICUのDrは激務でいつももっとやつれて死ぬほど疲れた様子のことが多かったですよ。ピアノを弾く体力はすごいなあと。でもかっこいいです!
しいたけさん様/女性・64(2015.12.05 10:03)
感動しました。
コウノドリいつもみてます。
前に、週数が早く産まれてしまった赤ちゃんの話しがありました。わたしは、今1歳3ヶ月になった息子がいます。その後、もう一人いました。その子も、週数が早く産まれてしまいました。
その子は、今年7月9日に亡くなってしまったけど、私はその話しを見て泣いてばかりいられないと実感しました。
はや様/女性・24(2015.12.05 9:46)
有り難いドラマです
出産で悲しい経験をしてるので、ドラマを見たいけど見るのに勇気がいります。
時々、インターネットで見ています。

子宮破裂を起こしていたため子宮は全摘、赤ちゃんも助からなかった

自分と同じケースが、ドラマの中で取り上げられていたことに、びっくりしました。

私の場合は、過去に子宮筋腫などの婦人科系の手術はした経験がなかったのに、なぜそんなことが身の上に起きたのか‥

無事に生きてる子供が生まれることは「運の良いこと」
出産は、すべて「運」次第‥ 無事に終わるまで、どうなるか結果は分からないと思う。

子宮も子供も同時に失い、子供のいない人生を歩み始めたけど、
人には、自分の経験は、なかなか話せません。。。

人が一生の中で、経験する確率の少ない、稀なケースなのに、ドラマで取り上げてもらえて、大変嬉しく感じます。

ありがとうございます。
モモ様/女性・43(2015.12.05 9:44)
見たいけど、苦しいドラマです
毎週、楽しみに見ています。二児の母親です。二児と言っても、もう、大学生です。
好きな吉田羊さんが出るので、毎週見ています。
楽しいけど、嬉しいけど、苦しいドラマです。と言うのも、私も初めての子供を流産しました。妊娠がわかりましたが、週数がきても心拍が確認できずに、1ヶ月ちかく入院して、ようやく確認できた後、流産しました。もう、24年も前のことなのに、このドラマの見ていると、つい昨日のことのように思い出してしまいます。子育てが一息着いたからでしょうか?幸せな妊娠、出産だけでなく、リアリティーがある本当の日常を描いていてくれているからでしょうか?苦しいけど、見ていきます。だから、頑張って、良いドラマにしてください。
ただ、ひとつだけ、このドラマを見ていて、旦那との記憶の解離に驚きました。全く覚えていない、もしくは、自分の都合の良いところしか覚えない。これには、ビックリしました。母親と父親、埋められない溝を感じてしまったドラマでした。以来、このドラマは一人で見て、哭いています。旦那に言葉かけされると言われるとムカつくので。これは、蛇足です。
頑張ってください。
森のトトロ様/女性・51(2015.12.05 9:34)
知ることの大切さ
原作を読むまで知らなかった病気でした。無知とは本当に情けなく、また時に人を非情にします。漫画で読むのももちろん知識として頭に入ってきますが、やはりドラマのように映像の力は素晴らしいなと思いました。ドラマが放送される前と後では、何かが絶対的に変わったと思います。少なくとも、我が家では変わりました。ドラマに出てきた赤ちゃん達を見て「どんな病気を持っていても、やっぱり赤ちゃんはかわいい」と言った持病と一生付き合わなくてはならない息子の言葉に皆納得です。
サクラ先生の厳しい言葉と表情にドキッとしました。悲しそうな顔や諭している表情は今まで何度か見てきましたが、昨日の白川先生に向けた顔は怒りに見えました。妊婦さんとその家族に心を寄り添っているサクラ先生だから、白川先生の言葉は許せなかったのでしょう。こんな先生がいたら、もう一度産みたかった〜。サクラ先生の変顔、小松さんの埴輪、ほんとに可愛かったです!
ドラゴンママ様/女性・38(2015.12.05 9:09)
口紅の色、似合ってます♡
曲、完成したのですね。とっても美しい曲。
その披露を途中でやめてでもかけつけたかったお産。

白川先生のように、逃げだしたいことって、誰でもある。
だからこそ、伝えればわかってくれるからこそ、
他の先生たちみんなで伝えた。

BABYのまま駆け付けたんですね。下屋がいてくれるから産科医としての手は必要ないものね。
でも川村さんを励ましながら、あの時無力さを感じた自分も乗り越えたかった。
「今回は素直にサクラの感情を出してみたかった。」
私には障害を持つご家族の苦労は計り知れない。
今日は泣かないで見ようと思ったのに、剛さんが涙流すから。
感情揺さぶられます。最後にやっぱり剛泣してしまいました。
ママコナ様/女性・48(2015.12.05 8:55)
口唇口蓋裂
毎回コウノドリ楽しみにみています。私は口唇口蓋裂患者本人です。今は医療も進んで赤ちゃんが生まれる前からわかるから凄いと思いました。私が生まれた時は生まれてくるまでわからなかったみたいです。確かに治療に20年以上続くけど、子供と親。2人で乗り越え親子の絆はすごく強くなります。
学生の頃は口唇口蓋裂を沢山沢山憎んだりしたけど今は幸せです。この傷跡は私のチャームポイントだ!と思っています!
うさぎ様/女性・24(2015.12.05 8:43)
涙が止まりませんでした
いつも、毎週欠かさず見てます。その中でも今回は私の四年前に起こった出来事と重なり、涙なしでは見れませんでした。私は二人目の子の時に性別が分かるかもとウキウキしながら健診に行ったあの日に無脳児と診断されました。初めて言われた日ピンと来なくて、出産後、どんな治療すればいいんだろうとしか考えておらず、諦めることを勧められた瞬間、頭は真っ白でした。出産の日は涙を流しながら何度も謝りながら陣痛を乗り越えて息子は産まれてきました。産声のない出産は本当に辛く、今回の話で昨日のことのように思い出しました。あまりTVで無脳児は取り上げられることがなかったので、そんな悲しいお産もあるんだって知ってもらえてよかったのではないかと思います。安全なお産なんてない。だから産まれてきた命に感謝し大切に育てていこうと思います。
やま様/女性(2015.12.05 8:22)
感謝☆
第8話
出産には本当に思いもよらない事が山ほどあるんやなぁ〜と気付かされました。そして、NICUの先生方の日々の努力には本当に感謝しかないです。
今、こうしている間もNICUでは先生達が赤ちゃんの為に頑張ってくれている。そう思うと自分も日々の平凡な暮らしに感謝してしっかりやらないとって思えます!今の世界は殺伐としていて、悲しい事件ばかりがニュースに流れてきます。お願いだからもう、やめて!!とテレビに向かって毎日祈る今日この頃、このドラマが沢山の人に見てもらえて命がどれだけ大切なのかを気づいて欲しいと切に願います。
毎回、小松さんと四ノ宮先生の掛け合いには笑えて本当に心が和みす!
そして、剛君の変顔!これも最高でした!剛君、今回も感動ありがとう!
コウノドリチームにも感謝ですm(_ _)m
ポンデ母さん様/女性・56(2015.12.05 8:18)
我が子も先天性疾患
我が子も最近稀にしかみないと言われる先天性疾患が見つかりました。コウノドリを見て自分を攻めるお母さんの気持ち凄く共感しました。私も医師に、自分が妊娠中頭痛薬を飲んだからかとか自分を責めてばかりでした。ウチの子の病気は手術をして治るかどうかもまだ分かりませんが来月の入院前に8話を見て少し勇気が出ました。そして涙が止まりませんでした。やっぱり母親ってのは自分の命より大切な我が子が何事もなく生まれてくれる事、育ってくれる事が1番の願いですね。
そらいぶまま様/女性・26(2015.12.05 7:32)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.