ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970 |*71 | 72737475767778798081828384858687888990919293
ありがとうございます
毎回楽しみに見させて頂いています。私は薬剤師を目指しています。前までは臨床開発に興味があったのですがコウノドリをみてやっぱりチーム医療って素敵だな、いち医療従事者としてチームペルソナのように患者さんの役に立ちたいと思いました。コウノドリをみて鴻鳥先生のような医者になりたいという人が増え、そしてその人たちと現実の医療現場ももっと素敵なものにできたら最高だなとも思いました。
綾野さんの鴻鳥サクラのすべてががとっっても素敵です、大好きです。
もう少しで終わってしまうのが本当に寂しいですが残りの撮影も頑張ってください。続編あるといいです...
DVDも発売されるなら絶対買います!!
私にとって一生忘れられない大切なドラマです。受験勉強で辛くなった時見返してサクラを思い出して“絶対薬剤師になるんだ”とやる気をもらっています。このような素敵なドラマを本当にありがとうございます。拙い文章ですが読んで下さりありがとうございました!
みるくてぃー様/女性・18(2015.11.23 23:08)
常位胎盤早期剥離
私は29週で、早剥になり緊急搬送され、大学病院着いたときには、ショック状態でした。赤ちゃんは、蘇生され息を吹き返してくれました。ギリギリの、出産で、本当に、一分一秒だったそうです。新生児チーム、産科チームは、息をふきかえしてくれときには、みんなが拍手したそうです。
私は、挿管され全身麻酔の為、起こされときには何が起きたか分かりませんでしたぁ、
早剥、もっと、わたしも知ってればと思いました。
私は、禁煙者です。
高血圧や、糖尿病もありません。
しかも、前日夕方検診でした。とっても、元気で、問題ないと。でも、次の日の朝おかしくなりました、
でも、昨日みてもらってなんともなかったしと、我慢してしまいました。
その結果、このようなことに。
喫煙者が、早剥になるんだと、いうイメージが強いため、私もそのように思われています。なのでぜひ、いつでもおきてしまうということを、やってもらえたらと思います。
早剥だけは、きおつけようがないと思います。
そして、赤ちゃんが産まれることは奇跡なんだと。伝わればと。
本当に怖い病気です。
今でも、思い出すだけで、涙が溢れます。
ぷにゅちゃん様/女性・40(2015.11.23 22:36)
産後の事も…
私自身も2児の母親となり(まだ信じられませんが…)、妊娠・出産当時の事を思い出しながら見ています。高齢出産ではありましたが、二人とも無事に生まれ、育ってくれて(間に一度流産がありましたが)、新たな感情を私に与えてくれた事に感謝しています。

ドラマを見ていると、もう琴線に触れまくりで涙が止まらなくなって困ります。
また男女差別にも触れられていて、もう「もっともっと言って〜〜〜!!!!」とエールを送っています!

希望としては、産後の女性の体の変化も取り上げて欲しいです。よくドラマなどで「生んだら元通り」のように映りますが、産後の体はもう元に戻らないダメージを多く受けています。痔や尿漏れ、排便障害…などなど「出産で終わり」でないことをもっと知って欲しい!

今の日本では赤ちゃん連れに対するいやがらせがあったり、電車やバスなどで不寛容な場面が見られるようですが(今住んでいるイギリスでは考えられません)、このドラマで「赤ちゃんの存在」がいかに尊いか、人間の本質の部分に気づいて欲しいな。
ふぁ様/女性(2015.11.23 22:28)
思い出します
男の子と女の子のママをしています。
私も緊急帝王切開で出産しました。
一人目は骨盤の形が悪く帝王切開。
二人目は胎盤早期剥離で帝王切開。
本当ならば二人目は助からず、私自身が生死をさまようであろうという出産でした。
このドラマを観て当時のことを色々と思い出し、産婦人科・新生児NICUの先生方に助けてもらったのだと
感謝でいっぱいです。お産は何があるか分からない、そして奇跡的なこと。本当にそう思います。
これも偶然ですが兄妹で誕生日が同じ日になりました。先生方からは「妹ちゃんはお兄ちゃんと同じ誕生日に
なりたかったから早く出たかったのかな?」と言われました(笑)
毎週放送を楽しみにしています。
けい様/女性・41(2015.11.23 21:34)
マタハラ
相沢さんの職場の人達の言葉は、胸に突き刺さります。悪気はないのでしょうが、言われた人は悲しいですね。子供はまだ?二人めはまだ?と、挨拶がわりに聞かれるのも辛いですね。

私の母親が、子宮筋腫の手術で全摘出をした時に、友人が「じゃあ、お母さんは女じゃなくなったの!?」と言いました。まだ若かった私は、反論する言葉を持っていませんでした。やっと、あの辛い痛みから解放されるな。良かったな…と思っていた私は、そんな言葉を言われるとは思いもよらず、とてもショックでした。40年も前の事で、記憶の底に埋もれていましたが、6話を観ていて思い出しました。

他人の痛みを感じる事ができる人になりたい……と思います。
スターチス様/女性(2015.11.23 20:20)
25年前に見たかったな
6話で「女には産みたくても産めない時がある」
「キャリアを積もうとするとあっという間に30」
「女にはタイムリミットがある」
25年前自分が叫びたくても叫べなかったことをあっさり声にしている。嬉しかった。

でも20年後、
子育てとキャリアに精一杯突き進んでいた時。
夫が「お前は一人でもやっていけるだろう」と
不倫をして、子供と私を置いて出て行きました。

最近は、キャリアを持ち、子供を産める世の中に。という傾向でいますが、
女性一人で責任ある仕事と、
愛情を持って親になって子育てして、
愛して結婚した夫に常に思いやりあれ。

これ全てを一人でやるのは
相当出来た人でしか出来ないと思います
25年経って、私の気持ちが一部世間の常識になったけど。
今の産める女性の口に出せない苦痛はきっと新たにある。と思っています
それをいち早く作品にしていただけると嬉しいです
えくた様/女性・50(2015.11.23 19:12)
大好きです!
毎回泣かせてもらっているドラマです!こんなに号泣するドラマは久しぶりです!私は今受験生ですがコウノドリは内容も素晴らしく、キャストさんたちもみんな演技が上手で録画でもリアルタイルでも見てしますほど大好き♡赤ちゃんも可愛いし、綾野剛さんも役にぴったり吉田羊さんもいい役で松岡茉優ちゃんも可愛くて仕事に一生懸命務めているのがすごく伝わります!これからも応援しているので頑張ってください!楽しみにしています!fight(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
綾野剛大好き♡様/女性・15(2015.11.23 18:19)
6話
コウノドリ折り返し地点に入り、6話には白川先生の成長やサクラ先生の苦渋の決断や父親を意識したり、父子家庭の大変さを人一倍感じたり小松さんの向井さんから裏切られた感の極み、真弓ちゃんの妊娠?心情の吐露シーン満載の回でした。どのシーンの会話にも愛を感じました。愛が漂っている感じ。ピアノを弾いてるライブハウスにもグッときてドラマとは思えません。リアルにBABYのライブに行きたいです。
オリビアン様/女性・43(2015.11.23 18:12)
将来の夢は産婦人科医です。
えっと、最初はドラマの方とは離れますが、
僕の夢は立派な産婦人科医になって、赤ちゃんや母達を助け、喜ばすことです。僕がなぜ、産婦人科になりたいかと言うと、僕が7さいのとき生まれてくるはずの弟が帝王切開中になくなって、僕の母、父が悲しんでいたからです。その時僕は立派な産婦人科医になって自分の母、父見たいに悲しむ人達を出さないようににしたいと思ったからです。

で、本題に入りますね。
僕は初めて見た産婦人科系のドラマでした。
この、鸛鳥せんせいの判断とか見てすごいなぁと思いました。これを見て、僕もドラマに出てくる鸛鳥せんせい見たいなせんせいになれたらいいなとおもいました
原作者に感謝します。
産婦人科医になる男様/男性・15(2015.11.23 15:51)
医師への恩返し
私の息子は出産直後の検診でVSD(心室中隔欠損症)、つまり心臓の心室に穴が空いていると診断されました。その後心臓を手術、今は普通の生活ですが、ここに至るまではこの生命を守って欲しいと天に祈る毎日、出産の願いと変わりありません。ドラマで語られたように、子育てのスタートの先にはまだまだ山や谷が待ち受けています。この番組を見た全ての親に幸あれと願ってやみません。心臓手術後のICUでチューブだらけだった息子は、その体験から今は医学部生。産科かどうかは分かりませんが、これから多くの命を救って欲しい。それが息子の命を見守ってくださった先生方への恩返しです。
イワトビペンギン様/男性・60(2015.11.23 14:42)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.