ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100 |*101 | 102103104105
毎週見てます
第一話から毎週欠かさず見てます!!
私自身、妊娠34週目の初産婦なのでドラマを見た後は思うことが多いです。
お産の大変さや感動など、毎週涙なしでは見られないドラマだと思っています。
残りの話もとても楽しみにしています!!
水鉄砲様/女性・24(2015.12.11 15:18)
もっとたくさんの人に見て欲しいドラマ
今年切迫流産、切迫早産両方を経験して妊娠生活中はほとんど寝てました。
予定日前日まで頑張ってお腹の中に居てくれたので元気な男の子を産む事ができました。
妊娠するまでは無事産めるのが当たり前だと思っていました。
残念な事に興味がない方は見てくれないのが現実。
仕事を辞めざるを得ない状況に追い込んだ上司、妊娠は病気じゃないと思ってる方に見て何か感じて貰えたら嬉しいと思います。
テディ様/女性・27(2015.12.11 14:24)
口唇口蓋裂
私の姉は口唇口蓋裂で産まれました。治療のために中学まで手術しながら入退院を繰り返してました。そのため、母と過ごした時間は短いです。
そして、私を妊娠した時また同じようになるんじゃないかと思ったようで。
''貴方なんか産まなきゃ良かった…。” と言われました。私はなんともなかったんですけど姉の事でいっぱいだったんだなといまならわかります。2児の母親になったいまの自分ですがコウノドリ先生の言葉に救われ涙が出ることがあります。子供たちをみて毎日確認してしまいます。私は産まれてきてよかったんですよね。
そら様/女性・40(2015.12.11 14:20)
今日の朝に(^◇^)
皆さんこんにちは!こちらの投稿にたまにコメント書かせてもらっているエンペラーです!
今朝午前4時過ぎに私の妹が姪っ子を無事に出産致しました!
まさかコウノドリの放送日に出産するとは(笑)
妹もコウノドリを見ていて自分も丁度妊婦でありまた12月に出産とドラマの中の妊婦さんと同じような状態でしたので色々と心配したりしていたようですが無事に母子共に元気でまた可愛い姪を出産することが出来たようです!
地元の産科での出産でしたのでコウノドリ先生達のような先生方に見てもらい妹も安心して出産できたようでした!
まだ私も姪も見ていないので午後には見に行こうと祖父達も楽しみにしてます!
このコウノドリのドラマを見て色々と勉強させてもらい本当に感謝しています!
12月に出産させる方は妹のように無事に楽に出産出来ますように心から祈らせて頂きます!
ヾ(@゜▽゜@)ノ
エンペラー様/男性(2015.12.11 12:50)
私は障害者です、その立場から言わせて貰います
昔は低体重児や何らかの疾患を持った子供は助からなかったのが多かったです。今は医学の進歩によって、助かる率が高くなっています。よって、障害児が増えて、難病で苦しむ子供も少なくありません。それが果たしてその子の為になるでしょうか。確かに障害児でも難病を患っても立派に成長して素晴らしい才能を発揮し、生きている人もいますが、それはほんの一握りの人たちです。障害を持って難病を背負って生きると言う事は綺麗ごとではないんです。自分が障害者だから分かるんです。健常者として生まれて生きたかったと。日々、不自由で痛いリハビリ、行きたいとこへも行けず、やりたい事もできず、介護者に気を使い、顔色を窺いながらの毎日。障害を憎んでいます。
私は周産期医療、高齢出産なんて「障害児製造」と思っています。綺麗事のハッピーエンドのドラマより、真実に基づいた生のドラマを作って欲しいですね。
ゆき59様/女性・59(2015.12.11 11:31)
今橋先生、院長、ステキ。1話をリピして。
キャストの背景を頭と胸に沁み込ませて見直す…わあ、なんて素晴らしいドラマ!初見より涙々です。
未受診妊婦に賛否の反応。病院で抱える妊産婦を守りたい、崖っぷちな親子を精一杯受け止めたい。賛否どちらも感情論でなく、志ある声だったのですね。
当初サクラ先生寄りで見てましたが、視野を広げると今橋先生の存在が実に骨太。命の原点である妊娠・出産において「普通とはものすごく恵まれていること」が叶うよう、広く繊細に、時には厄介覚悟で攻めの姿勢を貫く。今橋先生、一歩控え目なようで、実はスタッフに刺激を与え、引っぱる現場監督なのか〜と感動です。
私は最初、ペルソナは高度先端で、至れり尽くせりな病院と思いましたが「妊娠・出産 理想のモデルケース」なんですね。そううまくいくかい!とヒネクレ反響は当然覚悟の上で「社会の縮図であるお産の現場に、こうだ!と強気の希望」を描いている、と感じました。
…となると一見経営者剥き出しな院長、小松さん引き抜きといい相当な敏腕。ペルソナというハコ、働く人の絶妙なチームプレイは、院長の「夢と使命」でもあるのか…感涙。
最終回前にぜひ、1話からのリピートお勧めです。
酉野コウ様/女性(2015.12.11 11:17)
おつかれさまでした
閲覧するだけのTwitterに、9日「オールクランクアップ」の文字が。
キャストの皆様、撮影スタッフの皆様、お疲れさまでした………涙涙涙。
風景の画像はまだアップされてない、その場にすらいないのに、脳内スタジオにおいて、手が痛くなるまで拍手喝采している私がいます(危)。
編集作業の皆様はまだバタバタかと推測いたしますが、ぜひぜひ15分拡大の最終回、最後まで駆け抜けてくださることをお祈りしています。
当日はしっかりテレビの前で、正座にてお迎えできるよう視聴スタッフの一人として努めさせていただきます(笑)。
酉野コウ様/女性(2015.12.11 11:07)
命をかけて
こんにちは。私は、一月前に二人目を出産して、二児の母になりました。二人目の子の出産後の入院中にもドラマを拝見させていただきました。その上毎日録画して何度も観ています。
なかなかお母さんになる自信がなかった私も、今ではすっかり子供中心の生活です。

さて、二人目を出産した時、夫に頼んで、産まれてくるところをビデオにおさめてもらいました。産後、病室に戻ってから、すぐに見てみると、真っ青な顔をして産まれてくる我が子の姿がとても印象的でした。赤ちゃんも命をかけて、苦しい思いを乗り越えて、私たちに会いに来てくれたんだと、とても愛しくなりました。

この世に生を受けたものは、みんなそうして、命懸けで産まれてきたことを考えると、どの命も大切に思えます。

出産の経験の有無は関係なく、みーんなに観てほしいです。子供たちにも、伝えられたらと思います。

さぁさぁ、私は、手伝いに来てくれていた母も飛行機にのって帰ってしまいました。これからは家族四人の生活です。正直、二人の育児は自信が無いですが、コウノドリを観て元気をもらいながら、子供との時間を楽しんでいけたらと思います。

続編あったら良いな。
まなてぃー様/女性・33(2015.12.11 10:55)
あらためて、実感
毎週欠かさず見ています。
私は今年5月に2人目を出産した2児の母です。2人目出産時、我が子の首に2重にへその緒が絡まりなかなか出てこれず心音が今にも止まりそうなほどゆっくりになってしまい、私は酸素マスクを付けられて陣痛の痛みに耐えながら赤ちゃんに酸素を送るために大きくゆっくり呼吸をし陣痛の波がきたらいきんで、の繰り返しでした。1人目の時は何もなくわりとすんなり産まれたので、へその緒が絡むことは良くある事だと知ってはいましたがやはり実際そうなると我が子が無事産まれなかったら…と怖かったです。

コウノドリを見ていて、ホントに妊娠〜出産は奇跡なんだと再確認させられ、娘・息子への愛情がますます大きく、強くなりました。

もう、今日と来週で終わりなんて寂しいです。今の世の中、妊娠・出産に対して心ない事を言う人も多いです。病気じゃないけど、母親の体の中ではものすごい変化が起きていて、すごく大切にしなくてはいけない体なんだという事をもっと伝えてほしいです。最初はみんな赤ちゃん。何もなく産まれる事がホント奇跡なんだとドラマを通じて色んな人に伝わればいいな、と思います。

ぜひぜひぜひぜひ続編を!!
りーゆうママ様/女性(2015.12.11 8:32)
今まさに奮闘中です
8月に初めての出産をし、子育て真っ最中です。

毎日、授乳におむつがえ、抱っこで常に気が張っている状態です。正直、くたくたです。。。
でも、金曜日に子どもを寝かしつけた後、夫と見るこのドラマで一週間をゆっくり振り返り、たくさんのパワーをもらっています。

妊娠から出産まで、どんな気持ちだったかを思い出し、命が生まれることがどれだけの奇跡なのかを改めて噛み締めています。産後のこの時期に放送してくれたことに感謝です。

残り2話、楽しみにしています。
みずほ様/女性・32(2015.12.11 8:31)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.