REPORT(現場レポート)

日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』日曜日よる9時から

REPORT

牛田を殴る賢正

2016年12月6日 (火)

みなさん、ごきげんよう
本日のチーム「IQ246」はロケからのスタジオ(からのロケ)。
現在は第9話のラスト、長い長いシーンを撮影しているのですが、緊張高い素敵なシーンになると思いますので、楽しみにしていてください。

さて、第8話では、普段は冷静な賢正が牛田を殴りましたね…。
賢正の意外な行動に驚いた方もいるのでは?
撮影中、ディーンさんと稲垣さんは……
ディーンさん「だいぶ乱暴ですよね。警察の方だからリスクも高いし」
稲垣さん「そうですよね。リスクは高い(笑)」
ディーンさん「法門寺家の力を借りれば釈放されるかもしれないですが……(笑)」
稲垣さん「法門寺家の人間であれば、これくらいなら大丈夫だろうと思っている(笑)」
ディーンさん「はい(笑)」
稲垣さん「(笑)」
ディーンさん「というのは冗談ですが(笑)、賢正としては、若様への忠誠心が勝ってしまって」
稲垣さん「うん」
ディーンさん「思わず行動してしまった感じなのかなと思っていて……」
稲垣さん「そうだね」
などと“賢正の心境”を話されていました。
犯人を取り押さえるときには多少手荒な真似をしますが、今までは賢正から殴りかかるようなことはなかったので……沙羅駆に対する賢正の想いが表れている“殴ること”に関してディーンさんは本当に真剣に考えていました。

沙羅駆がマリア・Tなのでは?といわれた賢正は……

その後、韓監督やアクション指導の方々と“殴り方”を話し合っていたディーンさん。
アクション森崎さん「どのくらいの勢いで行きますか?」
ディーンさん「胸倉をつかむようなことまでは行かないですよね」
韓監督「思わず手が出てしまった感じなので、胸倉までは掴まないほうがいいと」
ディーンさん「分かりました。ジャブっぽくなりすぎないほうがいいですよね」
韓監督「そうですね」
などと、“思わず”であったとしても、力強く見せる方法を相談。
本番直前には、「一度練習していいですか?」とディーンさんは稲垣さんに声をかけ、腕の高さや、振りかぶる動きを確認。カメラの角度によっては殴っているように見えないため、頭の中でイメージしながら微調整をして本番に挑んでいました。

もちろん、賢正と牛田がすれ違う動き〜殴るに至るまでの心境も、「(ディーンさん)牛田さんの言葉に何かを感じて、立ち止まってしまう」「(稲垣さん)そこに、じわじわと詰め寄っていく感じですよね」「(ディーンさん)背中で聞いていたのに、思わず振り返るような 」などと、ディーンさんと稲垣さんは丁寧に話し合いながら撮影されていました。
そうして完成した、賢正と牛田のシーンはいかがでしたか?
感想はファンメッセージに書き込みをお願いします。

次回12月11日は、いよいよ第9話の放送ですので、お楽しみに!

カレンダー

最近の記事

line

スペシャルコンテンツ

あらすじ ゲスト紹介 フォトギャラリー プレゼントクイズ 人物相関図 インタビュー 現場レポート ファンメッセージ
line

スペシャルコンテンツ

沙羅駆語録 マナー講座 法門寺家へようこそ コラボ
line

関連バナー

TBE FREE オンデマンド グッズ

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.