REPORT(現場レポート)

日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』日曜日よる9時から

REPORT

ポスター撮り〜後編〜

2016年9月20日 (火)

みなさん、ごきげんよう。
本日のチーム「IQ246」撮影はお休み。
金曜、土曜、日曜、月曜と第1話と第2話の撮影を行っていたので、今日は明日以降の撮影の準備を行っています。

さて、前回のレポートで織田さんの撮影の様子をお届けしましたが、別日には土屋太鳳さん、ディーン・フジオカさん、中谷美紀さんの撮影が行われました。

まずは土屋太鳳さん。
アートディレクターさんから「謎解きのドラマなので、少し不思議なポスターにしたい」と説明があり、土屋さんには「手のポーズがあった方が面白いので、色々なパターンをください」とリクエスト。すると……「スーツ姿がはじめてすぎて、どんなポーズを取ればいいか悩みます」と土屋さんがポツリ。なんだか、とっても初々しい土屋さん♪ということで、まずはあまり動かずに正面の顔を撮影することになったのですが、それでもカメラの前に立つと顔を傾けたり、にこっと笑ったり、キリリと見つめたり……様々に変化する土屋さん。

びしっとした奏子!

スーツでのお芝居は、ほぼ初めてだそうです。

そして、カメラマンの二瓶さんから「キャラクターとしては、どんな感じ?」と質問があり「見た目は気にしている。髪の毛もきっちりと、女の子らしいというか……」と土屋さん、「一人前の刑事であろうと自信満々ではある」と植田プロデューサー。「じゃあ、顔を傾けるとキリっと見えるね。少しそのままで」とカメラマンの二瓶さんは土屋さんの表情を切り取っていました。撮影後は「私、刑事に見えますか?」と心配していた土屋さんですが、「(クランクイン前なのですが)奏子が見えた!」と植田プロデューサーは満足げでした。

徐々に慣れてきたのか、立ち方や手のポーズなどを自然と変える土屋さん。

土屋さんの真正面を撮影中。

こんなポーズも……撮りました!

つづいて、ディーン・フジオカさんの撮影。
青いスーツ姿でスタジオにやってきたディーンさん。「 “ひつじ”じゃなくて、“しつじ”の賢正です」と満面の笑みでアートディレクターさんとカメラマンさんに挨拶。爽やかな笑顔に男性スタッフも女性スタッフも釘付けです♪
そして、植田プロデューサーから「ジェントルな感じと、ワイルドな感じと両方を撮りたい」とリクエストがあり、アートディレクターさんとディーンさんは表情について相談。普段の賢正はメガネをかけているので、撮影時はメガネに触れたり、メガネを外す瞬間であったり、メガネを手に持ち顔の横に置いたり……まずはメガネを使ったポージングで撮影。

メガネを外す仕草を何度も繰りかえし、いいポジションを相談

メガネなしバージョンも撮影しました。(分かりづらい?)

その後は、「クラシカルな感じも入れますか?」「笑顔も撮りますか?」「クール過ぎない方がいいですよね?」などとディーンさんからアイデアがあり、手を組んでみたり、手をアゴに置いたりと全身を使った撮影を行いました。撮影後は、植田プロデューサーと賢正について熱く語り合っていたディーンさん。ポスターのようなジェントルな賢正が見られるのか?ワイルドな賢正が見られるのか?みなさん、楽しみにしていてくださいね。

ポスターにも使った、アゴに手をあてるポージング!

執事っぽいポーズって、こんな感じ?とディーンさん

ディーンさんも真正面を撮影中。

最後は、中谷美紀さんの撮影。
中谷さんのアイデアで髪型やメガネなどかなりこだわったスタイルの森本朋美が完成!カメラマンの二瓶さんのリクエストに合わせ、ポージングも中谷さん自身も提案し……個性的なキャラクターを作り上げていました。

みなさん、『IQ246』のポスターはいかがでしょうか?
織田さん、土屋さん、ディーンさん、中谷さんの別バージョンポスターも近々街中に登場しますので、楽しみにしていてください!

カレンダー

最近の記事

line

スペシャルコンテンツ

あらすじ ゲスト紹介 フォトギャラリー プレゼントクイズ 人物相関図 インタビュー 現場レポート ファンメッセージ
line

スペシャルコンテンツ

沙羅駆語録 マナー講座 法門寺家へようこそ コラボ
line

関連バナー

TBE FREE オンデマンド グッズ

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.