REPORT(現場レポート)

日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』日曜日よる9時から

REPORT

7話ゲストは山口紗弥加さん

2016年11月24日 (木)

みなさん、ごきげんよう
本日の「IQ246」はロケ。東京は雪!だったのですが、極寒の中……止まない雪とたたかっております。

さて、次回の第7話には……
女優・美園麗子(みその れいこ)役で、山口紗弥加さんが出演!
沙羅駆らが犯罪の黒幕マリア・Tの動向を探っていると、若手人気女優の千草あやめ(佐野ひなこ)が人気女優・美園麗子(山口紗弥加)と間違われて殺害される事件が起こる……というもの。

第6話のラストでは、マリアTによって謎の気体を浴び、瀕死の状態(!?)の沙羅駆。封鎖されたビルで沙羅駆に何があったのか!が、気になっている方が多いとは思いますが……沙羅駆はひょんなことから、女優・美園麗子と出会ってしまうのです。

女優・美園麗子役、山口紗弥加さん

麗子が法門寺家にやってくるシーンでは、法門寺家セットへやってきた山口さんに「ようこそ、我が家へ」と出迎える織田さん。「素敵なお家ですね。おじゃまします」と山口さんは満面の笑みで、織田さんがお屋敷の中を案内し、とっても和やかな雰囲気。

そして、リハーサルが始まると……
織田さん「沙羅駆と麗子さんの距離感はどうしますか?(妹の)瞳とはテーブルの端と端に座るのですが、隣とか斜めの方がいいかなと」
坪井監督「端と端で考えていたのですが、確かに……話しの流れ的には斜めがいいかもしれないですね」
山口さん「そうですね。横か斜めの方が会話をしやすいかな」
などと、座る位置を相談。座る位置が決まり、織田さんと山口さんは坪井監督とセリフの相談。いつもなら、グイグイと沙羅駆が攻めるはず……なのですが、「女性にやらせるのも悪いので、ワインは僕が」「このセリフは直球過ぎるので、少し言い回しを変えますか?」などと、織田さんが坪井監督と話されていて……沙羅駆と麗子、何かありそうです。(ドキドキ)

セリフを話し合う織田さん、山口さん、坪井監督

山口さんも「織田さんとの共演、すごく楽しいです」とおっしゃっていたので……いつもと一味違った沙羅駆は麗子の対峙シーンを楽しみにしていてくださいね!

カレンダー

最近の記事

line

スペシャルコンテンツ

あらすじ ゲスト紹介 フォトギャラリー プレゼントクイズ 人物相関図 インタビュー 現場レポート ファンメッセージ
line

スペシャルコンテンツ

沙羅駆語録 マナー講座 法門寺家へようこそ コラボ
line

関連バナー

TBE FREE オンデマンド グッズ

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.