REPORT(現場レポート)

日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』日曜日よる9時から

REPORT

沙羅駆と奏子

2016年12月2日 (金)

みなさん、ごきげんよう
本日のチーム「IQ246」はスタジオにて撮影中!
とっても順調、サクサク進んでいます。

さて、次回放送の第8話では沙羅駆が逮捕!?されてしまうため、奏子が接見に行くシーンでのこと。

織田さんとガラス越しにセリフ合わせをしていた土屋さんは、「法門寺さんとこういう形で会うのは不思議…」とポツリ。「その戸惑いが映像にも出るといいね」と織田さんはおっしゃっていたのですが、結局はどこにいても変わらない沙羅駆と奏子の会話は必見です。

ガラスを挟んでいますが、織田さんは沙羅駆と奏子の距離感を土屋さんに相談しながら作り上げていて……その場でお芝居を見ていると、奏子が沙羅駆に接見されているかのような、余裕ある沙羅駆の姿に「あれ?どっちが逮捕されたんだっけ?(笑)」とスタッフも錯覚を起こしてしまうほど(笑)

沙羅駆と奏子のシーンを撮影中!

また奏子は“今後、どうすべきか”を沙羅駆に相談しにやってきた、という設定なのですが、本番前「法門寺さん、どうしたら……と頼らせていただきますので、お願いします」と土屋さんが織田さんに告げると、「頼るな!ここでは何も出来ない(笑)」と、沙羅駆として返事をする織田さん。「え〜法門寺さぁ〜ん」と土屋さんも奏子として返事をしていたのですが、その流れのまま沙羅駆と奏子としてアドリブでの会話が始まり(沙羅駆「本を読んで考えろ」 奏子「ちゃんと読んでます」沙羅駆「ゲームばかりしていないで」 奏子「ゲームも勉強の一環です」などと)、続いて阿吽の呼吸で台本のセリフ合わせが始ま
る……という自然体のお二人でした。

実際には、沙羅駆と奏子の会話が、どのように仕上がっているのか……みなさん、楽しみにしていてくださいね。

沙羅駆の逮捕によって、奏子のデカ魂が発揮されるのか?
役立たずの護衛係のままなのか?

第8話は12月4日よる9時放送です!

カレンダー

最近の記事

line

スペシャルコンテンツ

あらすじ ゲスト紹介 フォトギャラリー プレゼントクイズ 人物相関図 インタビュー 現場レポート ファンメッセージ
line

スペシャルコンテンツ

沙羅駆語録 マナー講座 法門寺家へようこそ コラボ
line

関連バナー

TBE FREE オンデマンド グッズ

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.