banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
97. 2015.03.21 Sat. ドライブの終着点は
間違いなくこれが最後のドライブ。忠さんはいない。だけど一雄さんには今こそやらなければ、言わなければいけないことがある。そのためにはどんなにつらくても、あの現実へ帰らなければ。でも最後のドライブということは、橋本さんと健太くんとはこれでお別れだということ。西島さんと吉岡さんはこのドライブについて話し合います。
西島さん「ぼく、泣くのかな。」
吉岡さん「健太は泣くかも知れないけれど、一雄さんは『行って来ます!』ってふっきれてる感じでいいんじゃないですか?」
西島さん「ここのところ泣いているシーンが多くて、今日なんか全部のシーンで泣いていたから、もうどこがクライマックスなのかよく分からなくなってきました…」
吉岡さん「大丈夫!それがいいんです!」
西島さん「橋本さん出てないシーンだから見てないでしょ!」
吉岡さん「大丈夫!」
西島さん「どうなのそれ!(笑)」

一日かけて撮影するシーンの数は日によって違うのですが、橋本さんのワゴンのシーンなど、まとめて撮影したりするので結構な数を撮ってます。この日は午前中に香取神宮での撮影をしていたので一雄さんずっと泣きっぱなしだったんです★メイクさんいわく「ちょっと目がはれてきてしまっているので、少し冷やしたりしてます」とのことでした。
写真:97-1
大丈夫!←監督も言ってます!
橋本さんのワゴンに乗ったのは、自分の人生を見つめなおすため。もうこの世にはいない橋本さん父子に会うことはきっともうない。最後のワゴンのシーンの撮影に、星来くんはちょっと寂しそうです。助手席からしきりに西島さんのほうに身を乗り出しています。
写真:97-2
帰りたいの?
吉岡さん「健太、そっち行っちゃダメだ!」
西島さん「この期に及んで一緒に降りるとか(笑)。」
吉岡さん「あ、いいな!じゃあぼくも♪(と振り返って)
監督「橋本さんは後ろ向いちゃダメです!わき見運転厳禁!!」
吉岡さん「すみません…」
写真:97-3
怒られるのそこ!?←大事なことです!!
橋本さんのワゴンに乗って、もう一度お父さんに会いにいく一雄さん。交わらなかった道、離れてしまった道が交差することが出来るのでしょうか。一緒にドライブをして、年が離れているときは気づけなかったことを同い年の朋輩としてさまざまなことに立ち向かって。教えてもらったこと、反発したこと、それでも見つめる先には同じものがある。本当に困ったときに助けてくれるのが「朋輩」。どんなにつらくても生きていく力をくれる大切な存在。間もなく力尽きようとする忠雄さんに「朋輩」と告げることが出来るのか。もう間違えるわけにはいかない、後悔するわけにはいかない、明日「流星ワゴン」最終回、朋輩が朋輩のために歩く道がどこにたどり着くのか、大切な人と一緒に見てください。
写真:97-4

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.