banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
66. 2015.02.19 Thu. お母さんはいつでも子どものことが心配
鞆の浦の実家で、澄江さんに見つかってしまった一雄さんと健太くん。忠さんを会わせるわけには行きませんけれど、とにかく家に泊めてもらうことになりました。
この家は奥が広くて、離れなんかがあったりします。忠雄さんから追い出されてしまった一雄さんが隠れるにはもってこいですね。澄江さんは久しぶりの一雄さんに腕をふるってくれました!
倍賞さん「こんなに作ったの?すごいわね。」
監督「そうなんです。健太はもう食べてます。」
星来くん「むしゃぶりついてます!」
写真:66-1
ちゃんとご飯抜いてきました!
健太くんは幽霊ですから、基本的にごはんもいりませんし、ノドも乾きません。だけど現世に来るのは久しぶりですし、目の前にご飯がある、ということが嬉しいのでどんどん食べるんです。
写真:66-2
食べる食べる
なんとか病院に検査に行って欲しい一雄さんはお母さんに説得をお願いしますけれど、忠雄さんは聞く耳を持ってくれないそうで困ってるんです。
監督「一雄と忠雄の関係を取り持とうという気もありますから、ここでもう少し乗り出すようにしてください。」
写真:66-3
気にしてますから
一雄さんの好きなもの。お母さんですもの、やっぱり息子の喜んでくれるものを作りたいんです。「おふくろの味って言うんでしょ?」と生意気に聞いてくる健太くんに、ママの料理で好きだったものを聞き返す一雄さん。
監督「ここでママのこと思い出して、悲しくなっちゃうから。泣いちゃった健太を見て、一雄も自分の息子のように優しく抱きしめてあげて。」
ママに会いたいのに。その一心で成仏していないのに。なのにママには今、新しい家族がいて自分のことなんか忘れて笑顔で暮らしている。そんなふうに思ってしまっている健太くんは、ママの話題が出ただけで悲しくて悲しくて仕方がないんです。
写真:66-4
ぼくのことなんか忘れちゃったんだ
何と言ってあげればいいのか。お母さんだって健太くんを忘れているはずはないと一雄さんは思っています。だけど、そのことを分かってもらうにはどうしていいのか、わからないんです。優しく抱きしめてあげていますが、あれ、うしろのスタッフは別のところを見ている…
写真:66-5
何があるの?
澄江さんに会ったら最後、絶対ばれちゃう!だけど忠雄さんを説得するのに自分では行けない忠さん、何とか一雄さんたちに策をさずけるべく澄江さんの出て行ったところを見計らって入ってきますが、なんでそんなところから!そして忠さんが授けた策とは一体…??
写真:66-6
涙もひっこんじゃう

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.