banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
3. 2014.12.19 Fri. ふるさとに居る老いた父
一雄さんのお父さんの忠雄さんは故郷鞆の浦はもちろん、いまや福山市、広島県下では有名な実業家です。裸一貫から事業を立ち上げ、どんどん大きく育てていった立身出世を絵に描いたような人です。
写真:3-1
やるからには1番じゃ!
若いときはエネルギーにあふれ、常に先陣を切ってきた忠雄さん、当然自分の息子にもそういう生き方を求めます。親ですからね、子どもには期待してしまうのは当然のことだと思います。だけど親子だって違う人間ですから性格も違ったり、考え方も違うかも知れません。親からすれば当たり前、だけど子どもにとっては押し付けになってしまって反発することもあるでしょう。
一雄さんが忠雄さんと積み重ねてきた父子としての関係がどんなものだったのか、それはこの先すこしずつ見えてきますが、現在73歳となった忠雄さんは病に侵され現在は福山の病院に入院中です。
写真:3-2
起き上がるのさえままならない
香川照之さんは特殊メイクでこのお姿になっています。とても時間がかかって大変なんだそうです。ですがこのメイクをしてみて
香川さん「いいよね、いかにももう病気で弱りきってる感じですよね!」
写真:3-3
元気なさそうでしょ!?
手にもたるんだ皮膚の特殊メイクが施されていて本当にすごいんです!
香川さん「手のしわの部分、動いちゃうからとれそうになるんです。でも、手とか首とかは年齢感じさせる部分なので結構時間がかかるんですよ。」
そうなんですか!それはすごい、本当に73歳に見えます!
特殊メイク担当の方、チューブを刺したときにどうなるのかという医療指導の方、そして美術さんも一丸となってよりリアルに年齢を出していきます。
写真:3-4
器具がついたときの首のしわ、大丈夫?
病状がどれくらい進んでいるのか、東京に住む一雄さんがわざわざ足を運んでいる理由はそれだけではないようです。反発していた父、いまだにわだかまりを抱えたままの父子のこの距離が示しているのは…
写真:3-5
背中向けて座ってます
今も昔も変わらないのは、そこにある美しい海。だけど親子の関係は少しずつ変わっていってしまった。そのひずみを一雄さんは、忠雄さんはどう抱えて生きているのでしょう。どうぞ「流星ワゴン」の描く父子の関係に注目してください!
写真:3-6

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.