banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
38. 2015.01.22 Thu. 命は大事に、犬を飼うなら責任を
広樹くんは今でこそ大変なことになってしまっていますけれど、基本的に心の優しい繊細な男の子です。動物も好きで、一人っ子ですし小さい頃から動物を飼いたかったようなのですが、一雄さんの反対で飼わせてもらえなかったみたいです。学校の帰り道、子犬が捨てられていたらどうしても気になってしまいます。
写真:38-1
飼いたいなあ
監督「もっとほおずりしたり、本当に飼いたい!っていう気持ちを出して。広樹もこういうのがどんどん積み重なって溜まっていく部分だから。」
監督が広樹くんの演技指導をしていると、井川さんも一緒にセリフをあわせてくれます。
写真:38-2
お母さんも頼んであげる
子犬が本当にかわいくておりこうで、広樹くん役の横山くん、待っている間とかとても嬉しそうです。
写真:38-3
本当に飼いたくなります
ダンボール箱に捨てられている子犬、本当にだめですよ!子犬が産まれてしまって飼えなくても、ちゃんと責任をもって飼ってくれる人を探す、それが動物を飼うときの鉄則です。
でも飼えない広樹くんは子犬をダンボールに戻し、名残惜しそうに何度も何度も振り返るのですが、子犬がダンボールをよじのぼって外に出て追いかけてきてしまいます。本当は置いてけぼりになってしまうので、スタッフさんも大慌て!
写真:38-4
あれ、ひょっとして出られる?
写真:38-5
もっと一緒に遊ぼうよ
井川さん「そうですよね、いいときだけかまって、そのまま置いていくなんて『何だよ』って犬だって思いますよね。」
写真:38-6
ついて来ちゃうよね
一雄さんはこんなことがあったなんて知りませんでした。だけど忠さんと一緒にいることで知ることになりました。こうして知ったということは何か意味があるはずです。
写真:38-7
上から見るから広樹たちには気づかれてません
どんな状態なのかな?と上から見下ろしている西島さんと香川さんですが、横山くんと井川さんが子犬とじゃれているようすが本当にかわいくて、見入ってしまっています。
写真:38-8
楽しそうでかわいい!
一雄さんが子どもの時、親友の光史くんが犬を飼っていました。その犬をめぐっての光史くんとの約束、そして父親の忠雄さんの言動。自分も父親として広樹くんの願いを聞いてやればいいのか、どうするのが正解なのか。やり直してもそれが正解なのかはわからない、それでもどうにかしていかなければいけない一雄さん、広樹くん、そしてこの子犬の運命はどうなる!?

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.