banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
96. 2015.03.20 Fri. 断絶のとき
一雄さんはもう何年も実家に戻ってはいませんでしたが、高校まではここ、鞆の浦に暮らしていたようです。大学は外に行って、そして忠雄さんは自慢の息子が帰って自分の跡を継いでくれると、信じて疑っていませんでした。だけど、子どもの頃からお父さんのやり方を受け入れられなかった一雄さんは、忠雄さんの意に反して東京の会社に就職してしまったのは、皆さんもご存知の通りです。
写真:96-1
リストラの憂き目にあいましたけど
お父さんが会社を継いで欲しがっているのは一雄さんも知っていたはずですので、東京に就職が決まったことを告げるのはそれは覚悟がいったことでしょう。だけど、お父さんのようになりたくないと子どもの頃から思っていた一雄さんは、お父さんの元から離れることを望んでいました。お母さんも同席の元、それを告げたときの忠雄さんの怒り、それはそれはすさまじいものでした。
写真:96-2
荷物まとめてあるから飛び出して
倍賞さん「机、ひっくり返します?」
香川さん「やろうと思ってます。でもどうだろう、この机、重いかな。」

香川さんは忠雄さんのイメージをいろいろ作り上げる中で、星一徹のキャラクターも参考にしていたそうで、やはりちゃぶ台返しは外せなかったようです。
写真:96-3
カバチタレんな!!
香川さん「うわ、この机すごく重い!当たったら大変だよ!」
西島さん「(押さえてみて)あ、大丈夫です、この重量なら止められます!」
倍賞さん「二人が話してる横でみかんとか食べてていいですか?一人だけ空気感変えていたいんですけど。」
監督「いいですよ。」

目の前で繰り広げられる父子の大バトル!すごいです。なのにちょっとのんきに見える澄江さんがキュートです★やっぱり母は強し!です。
写真:96-4
下敷きになってますけど!?
このお芝居を見て、慌てたのが美術さん。机の裏に作品名を書いたシールとかが貼ってあるので、全部キレイにしないといけませんからね!
忠雄さんに親子の縁を切られてしまった一雄さんは黙って出て行こうとしますが、それを追いかける澄江さん、手にあったミカンをどうしようかと忠雄さんに手渡します。憮然とした表情のまま召し上がる香川さんが、表情と行動のギャップがありすぎて面白かったのですけれど、残念ながらこれはリハーサルでのお話でした。
写真:96-5
食べちゃるわ!
忠雄さんの元から離れた一雄さん、それ以来、口もきかなくなってしまった忠雄さん。忠さんを見ていればわかる、それはきっと本意じゃなかった。自分の背中を見て、跡を継いで欲しかったのであろう忠雄さんと今、一雄さんはどう向き合うのか、明後日の最終回をお楽しみに!
写真:96-6

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.