banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
73. 2015.02.26 Thu. 子どもの成長を見るのは幸せ
お母さんにどうしても会いたいと言う健太くん。橋本さんは「勝手なことはしちゃダメ」と言っていましたが、思いつきではなく、きちんとしていけばきっといい結果になると思ってくれているんでしょう。笑顔で「行ってきます!」という健太くんを見送る表情は、なんともいえないものがあります。
写真:73-1
笑顔で見送れない理由は
お母さんにはもちろん会いたいけれど、だけどやっぱりこわい。忘れられていたらどうしよう、お母さんに会いにいくシーンは健太くん役・星来くんは頑張りました。まだまだ小学生、お母さんにも甘えている盛りです。いつもお芝居の練習はお母さんがセリフの読みあわせをしてくれているのですが、ここは本当のお母さんに会いたい、という気持ちをもっともっと出そうと、目の前のお母さんに会えなくなったらどうしようという思いで演じてくれていました。
写真:73-2
(実の)お母さんと練習中
ふと、衣装さんがやってきて、星来くんの背を測り始めました。おやや?何事かと思えば
衣装さん「子どもはあっという間に大きくなるので、途中で背の高さを測って、衣装のサイズを確認するんです。」
なるほど!撮影が始まってからすでに3ヶ月以上、確かに少し大きくなった…のかな?
写真:73-3
どうかな?
衣装さん「あ、2センチ大きくなったかも!」
星来くん「ホントですか!?いつも『前にならえ』のとき、先頭だから新学期からは後ろいけるかも!」
ママ「あ、でも今日の靴、最初に測ってもらったときのと違って底が厚い…」

…ママ、子どもの喜んでいることに水差すのやめてあげましょうよ…大丈夫、大きくなるのなんてあっと言う間!だけど、ドラマの撮影中は待っててね☆
写真:73-4
大きくなるぞー!!←画面の中で大きくならなくていいから!
子どもの成長というのはやはり楽しいし嬉しいものです。橋本さんは、健太くんと仲良くなれても、この子が大きくなって、進学とか、どきどきの初デートとか、いろんなことを話したかったし、見たかったと思います。一雄さんはまだ間に合うんです。広樹くんは今はとてもつらいけれど、それでも生きていて、これから違う世界に向かっていく可能性がちゃんとあるんです。そこに導いていくのは父親である一雄さんの役目。時空を旅するワゴンに乗った父親たちの想いとは…
写真:73-5

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.