banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
53. 2015.02.06 Fri. 夫の想いと妻の想い
一雄さんは本当に家族のことが大切なんです。広樹くんがどうしてああなってしまって、美代子さんがどうして家を出て離婚届を送りつけてきたのか、わからなければ解決策を見出すことも出来ません。
橋本さんに連れられて、忠さんと一緒に時空を越えるドライブをしながら、変わらないこと、少しだけど変わっていることがあるのならば、まだ希望はあるはず。
親からすれば、子どもが病気になってしまうことはとても悲しいこと。子どもからすれば、病気になったときに両親が揃っていてくれることはとても心強いもの。次回は、永田家にそんな事態が起こります。広樹くんの入院、これは現実の記憶にはなかったことです。だけど「息子の心配をする両親」として一緒に居られることで、一雄さんは美代子さんの不安を取り除くことが出来るのかもしれないという期待があります。
写真:53-1
美代子はよくやってくれてるよ
監督「一雄さんの優しい言葉に、美代子さんはさらに顔を上げられなくなって。」
…あれ。美代子さんはそうは受け取ってくれないのでしょうか。
西島さん「美代子はこちらを向いてくれないから、腕を掴んだりするとちょっと強引に見えますよね…」
写真:53-2
強すぎ?
一雄さんは美代子さん、広樹くんに対してそれはそれは繊細に接しています。まるで薄氷の上を歩いているかのようです。これを踏み抜いてしまったら、またあのつらい現実に戻ることになるからです。
西島さん「優しく手をとります?」
監督「そうですね、顔を上げられない美代子さんを迎えにいくような感じで。」
写真:53-3
ぎくしゃくした感じをどう見せるか監督と相談しながら
優しくしたい。だけどそれを受け取るほうはどう受けているのかは分からない。すれ違い、性格の不一致、見解の相違…よく離婚の際に聞かれる言葉、一雄さんの想いを美代子さんがどう受け止めているのか、次回その真相が分かるのかも知れません。愛し合って結婚しても、夫婦としての時間は恋人との時間とはまた違う。どんな問題があって美代子さんが離婚を切り出したのか、その真相に迫って、何とか回避することが出来るのか。次回、結婚している方は夫婦という関係をしっかりと見つめて見てください。
写真:53-4

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.