banner_AD

観測日誌

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
by. HomePage STAFF
47. 2015.01.31 Sat. 何と言われても未来を変えたい
広樹くんの受験への執着ともいえるほどの思い。一雄さんにはわかりません。せっかく受験するんだから頑張って頑張って頑張っているのは知っています。だけどそれを応援することだけが良いわけじゃなかったんですね。追いつめてしまっていると知った一雄さんは何とか受験をやめさせようと必死です。だけど何がそこまで広樹くんを私立に追い立てているのでしょうか。
大切な息子のために出来ることをしたい、美代子さんを説得にかかる一雄さんですが、未来を知らない美代子さんからすれば一雄さんが何を言っているのかわかりません。「何を言っているの、どうしちゃったの?」そんな心配、不安が胸をよぎっても仕方のないこと。
写真:47-1
「酔っぱらってるの?」そう思われても仕方ない
とにかく美代子さんに言うことを聞いて欲しい。
監督「一雄は自分のことも責めてますから、最初は後ろ向いてましょうか。」
西島さん「事実を知ったあとで、とにかく落ち着かないと思います。」
それでも一雄さんは思いつくこと、たとえ未来が変わらなくても可能性があるのならば何でもしようともがいています。
監督「ずっと動く…いや、力が抜けてしまって立てないか…どっちがやりやすいですか?」
西島さん「考え方なので、どちらでも行けます。一雄の心境だと…」
写真:47-2
相談しながら
そうすると当然、美代子さんの動き方も変わってきます。本来だったら隠していたはずのことまで言われてしまい、動揺してしまいます。
監督「本当のこともあるけれど、まだ美代子にとっては『何を言っているの?』という部分が大きいですから、不審な顔で見てください。」
写真:47-3
本当のこと言われたときは目をそらして
ドラマの中でこの夫婦が初めて大きな衝突をするシーンで、西島さんも井川さんも何度も何度もためしてはやり直し、一雄さんと美代子さんの葛藤を作り上げていきます。
写真:47-4
もうちょっと変えたほうがいいかな
どうしても家族を守りたい。明日の第3話はそんな一雄さんの慟哭が聞こえてくる回です。大切で守りたかった家族が、その笑顔の裏に何を隠していたのかこれまでまったく知らなかった。真実を知るのはつらいこと、だけど知ることで変えていくことが出来るかも知れない。どんなに美代子さんに不審がられても、家族のために動かないといられない。広樹くんの本心、一雄さんの努力、家族への提案、明日はごご3時半から第1話、2話のスペシャルダイジェストが90分にわたって放送されます。そちらをご覧になって、よる9時からの第3話を見てください。
写真:47-5

ARCHIVES

2015.3
2015.2
2015.1
2014.12

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.