ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657 |*58 | 59606162636465666768697071727374757677787980818283848586
今後の展開に期待!
子供のいない私が素直に受け入れられるかと思いつつ、1回目から続けて拝見しています。出産の幸福感だけではない各回のテーマも気になりながら、回を重ねるにつれ、医療スタッフの役割や心の動きにも惹きつけられています。
緊張感や重苦しくなりがちな命を扱う現場で、姉御肌で頼りになりつつ、可愛らしい一面を持つ「小松さん」はとても魅力的! 冷徹な態度を取る「四宮先生」の心を、いちばんの理解者「鴻鳥先生」といつか解放してくれる時がくるのだろうと期待が持てます。そんな正反対キャラの「小松さん」と「四宮先生」のオフタイムのやり取りは、とても好きです!
ハマ子様/女性(2015.11.10 20:28)
毎回涙が止まりません
未婚で子供もいませんが、毎回感動で号泣してしまいます。
親から愛されず、必要とされてこなかった未受診妊婦さんが「こころ、かわいいって言ってくれたよ。」と泣き崩れるシーン。小栗旬さんの葛藤する姿、風疹の障害で盲目になった少女がBABYとピアノをいきいきと弾く姿をみた母が、「手を離してもあの子は笑って歩いていけるね」と涙する場面、低体重児の父となった男性が赤ちゃんの小さな手に握られた時、「父ちゃんだぞ。父ちゃんが守ってやるからな」と涙する場面。語り尽くせないほど毎回素晴らしいです
かめ様/女性・27(2015.11.10 20:17)
大好きです
毎週楽しみにして見てます。
私は3話の綾野さんと遥香ちゃんのピアノのシーンが特に好きで何回も見てます。
今後も楽しみにしてます。
毎週金曜が待ち遠しです。
もも様/女性(2015.11.10 20:07)
未成年にも責任を持つ
毎回とても楽しく見させてもらってます。

中1女子です♪

金曜日が待ちどうしくて休み時間も授業の時もわくわくしています

〔今週頑張ったらコウノドリ見れる!〕

来週は中学生の妊娠というテーマなのを

知って自分と同じぐらいの年齢の人の出

来事とは想像できずびっくりしました。

まだ未成年の私たちにも関わりの大きい

事だと思うと他人ごとではないんだと実

感することができました。

放送を見て私も命の大切さを学ぼうと思います。
ベル様/女性・13(2015.11.10 18:29)
出産は奇跡
毎回涙ボロボロ流して、見ています。

私は1度稽留流産を経験し、辛い思いをしました。
その後、男の子を妊娠 出産し、現在2歳でスクスク育ってます!
ホントに妊娠 出産は人それぞれで、奇跡の連続です。
息子が今元気な事も、私が元気に子育て出来ていることも…ホントに奇跡。

このドラマで息子の尊さを再確認できています。

とても丁寧にドラマを作っているのが感じられる、ステキな作品です。
今週も楽しみにしてます!!
げんとも様/女性・33(2015.11.10 17:54)
撮影日誌を読んで
最初の方見ました
ママさんや妊婦さんやその家族の方には凄く共感されるドラマ
だと思いました。
ただ、それ以外の方には共感しずらいです。
出産経験がないので仕方ないのかもしれないです。
子供ができにくい人もいるし、そういう方には辛いと思います。
もうちょっといろいろな方が見れるようにしてほしいです。
匿名希望様/女性(2015.11.10 17:34)
あらためて我が子
ドラマを見て、あらためて、我が子が(27歳、24歳)のことを思い出しました。
我が子は、普通に生まれ親としては、男性・女性どちらが生まれるか気を持ちましたが、子どもが生まれることの大変さ、感動を改めて思いました。
カズ様/男性・57(2015.11.10 17:29)
素晴らしいドラマに出会えて幸せです
20数年前の初めての妊娠は早期の流産でした。自分を責めました。周りからも、心無い言葉をかけられることがあり辛かったです。
その後、二人の娘を授かりました。
長女の出産時、同じタイミングで救急搬送されてきた未受診妊婦さんがいました。
病院の方はもちろん、周りに配慮されていましたが「学生…」「親には連絡しないでと言っている」「腹痛止めを飲んでいるらしい…」等々が漏れ聞こえました。(20年前ですから今ほどプライバシーの絶対確保ができなかった時代です)

我が家の長女と同じ日に生まれたあの赤ちゃんは、どんな人生を歩んでいるのでしょうか。
出産後はお母さんと同室でしたが、話を交わすこともありませんでした。
誰にも言えなかった20年以上前の記憶です。
このドラマをみて、本当に何が起こるかわからない医療の現場の大変さ、人の心を大切に考えてくださる医療関係者の方々に改めて感謝します。
nao様/女性(2015.11.10 16:39)
BABY
毎回かわいらしい赤ちゃんを見てほっこりしています。我が子が順調に生まれ、育っているのは当たり前ではないのだと改めて実感します。

BABYの弾く曲が耳に残ります。CDで聴きたいです。
ゆんころりん様/女性・45(2015.11.10 16:00)
7年前を思い出しました。
毎回号泣しながら娘と一緒に見てます。
今回の超低体重児のお話を見て7年前のことを思い出しました。
私は第2子を帝王切開創部妊娠という珍しい妊娠をしてしまい29週で出産予定でした。
この妊娠が分かったとき、産科の先生から妊娠を継続するかやめるか判断を迫られました。
でも今回のお話のように諦めるという選択はありませんでした。
残念ながら21週の時に陣痛がきて赤ちゃんは流産してしまい、その時子宮も摘出しました。
赤ちゃんはわずか340gでした。
私は出血がひどく一時は生死をさまよいましたが今はこの赤ちゃんが私の命を救ってくれたのだと思ってます。
今いる娘に姉妹を作ってあげられなかったことが心残りですが、亡くなってしまった子の分まで精一杯愛情を注いで育てようと思います。
本当に出産は奇跡だと思います。
ラティ様/女性・35(2015.11.10 14:59)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.