ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
123456789101112131415 |*16 | 17181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586
ドラマのメッセージ
未成年妊娠の回、かなりの改変でしたね…!
個人的にはよりリアルに感じましたし、ぜひ原作でも取り上げてほしいと思っていた特別養子縁組みが前向きなイメージで扱われていて大満足てした。
そして、解ってはいるけど産んでしまえば離れるのは本当につらい…素敵な素敵な演技でした!
あやの様/女性・31(2015.11.16 7:29)
息子が
毎週、中1の息子と楽しみに見ています。息子はこのドラマを見て、出産の大変さや、リスクを知る度に自分も奇跡の命なんだと感じているようです。5話の未成年者の妊娠はこれから思春期を迎える息子は、沢山の事を考えさせられたようで、出産と赤ちゃんの別れのシーンではこっそり泣いていました。一緒にドラマを見ることで、色んな事を話し、考え息子の成長も同時に感じながらこのドラマを見ています。これからも、楽しみにしてます。
aoisoragamitai様/女性・40(2015.11.16 6:19)
毎週号泣です
毎週録画して観ています。ちょうど一年前の今頃、下の子を超低出生体重児で出産しNICUに通っていました。出産前は切迫早産で入院し産科の先生や助産師さん、産後はNICUの先生達にお世話になりました。
なのでドラマで皆さんが着ている衣装を観ているだけで懐かしく、それだけで涙が出てしまいます。
上の子の予定日ぴったりでの出産、
下の子の早産での出産とそれぞれを思い出し毎週号泣です。
もちろんドラマの内容や役者さん達が素晴らしいからです!!

いいドラマに出会えて良かったです。
二児のママ様/女性・33(2015.11.16 3:52)
私は出産後に原因不明の心臓病が発症してしまいました。産褥期心筋症という名で2万人に1人の発症率だそうです。治療方法も現在飲みつづけている薬も果たして正しいのかデータ不足でお医者様にもわからないそうです。つらいです。不安です。これからお産を迎えるみなさまの母子共に健康を願っています。赤ちゃんにとって母親が元気でいることが1番の栄養となります。そう痛感しております。認知度がかなり低い病気ですコウノドリで取り上げて頂けると幸いです。
maman様/女性・30(2015.11.16 2:37)
まだ10年くらい先だけど・・・
毎週欠かさず観ています。はじめは、星野源さんを見るために観始めたのですが、今は自分の将来のために観ていると感じています。
私が印象に残ってるのは四話です。
私は先天性の心臓病を持っています。なので、生まれてすぐに管だらけになったそうです。四話の『管だらけで可哀想とか言うなよ』という台詞が流れた時、お母さんに「○○(←私)ちゃんの時も、お父さんとこんな会話したな・・・。」と言われました。それを聞いて、号泣しました。四話が終わると、私が妊娠した場合のリスクを教えてくれました。
妊娠したら、すぐ四話の時の妊婦さんのように安静にしなければいけない事、健康な方より、早産になる確率が高くなる事、なにがあっても流産ができない事、出産時に大量出血するかもしれない事・・・。それを聞いて急に怖くなり、自分の部屋でボロボロ泣きました。 まだまだ先の話だと思ってたのに、コウノドリを観て、色々と考えさせられました。今、この現実を知っておくことができたのは、コウノドリのお陰です。ありがとうございます。
まだ10年くらい先の話だとは思いますが、コウノドリを通して沢山の事を知っていけたらいいなと思っております。
たぁ様/女性・15(2015.11.16 2:35)
全話を視聴して
ちょうど妻が妊娠をしていて出産予定日まで2週間だったこともあり、このドラマに興味を持ち視聴するようになりました。
私は原作の漫画を読んだことはありませんが、実際に産科で繰り広げられているだろうと思われる色々な問題をテーマとして取り上げドラマ化することで、リアル感が物凄く伝わってきます。男ながら場面場面で涙を流してしまいます。涙腺弱すぎでしょうか?(笑)そして11月5日に待望の女の子を妻が無事に出産しました。妻の出産、妊娠で病院に足を運ぶなか、幸も不幸も実際に遭遇したことがありました。そんな中、自分は元気でありながら弱々しい赤ちゃんを抱っこする度に本当にありがとうと心の中で感謝の気持ちを唱えるとともに、最終回まで「コウノドリ」を見ながら子育てに励みたいと思います。
ミネ様/男性・39(2015.11.16 2:32)
人1人育てるのって、ほんとに大変で。。
8歳6歳3歳(もうすぐ4歳)を子育て中の母親です。子供みんな幼児以上になり、最近は怒ったり、怒鳴ったり、自分ではしたくない事ばかり。子供は成長し、自我が芽生え、自己がでてきます。最近は、人を1人育てるのって大変だなって、よく思います。そんな時、ドラマを見て、毎回、理由はわかりませんが、涙が溢れてきます。赤ちゃんが、かわいいんです。懐かしいんです。こんな時もあったなって初心を思い出します。本当の乳児さんは、やはり違います!わかるんです!!ありがとう。思い出させてくれて。
ちびたっこ様/女性・35(2015.11.16 1:24)
号泣でした。
毎回泣いていますが、今回のお話は大号泣でした。
わたしは出産育児の地域連携の分野で働いています。
若年での出産、実際には周りのサポートもあり、育てている家庭も多くありますが、やはり中学生というのは、まだまだ子ども。でも、最近は本当に性教育が不十分で色んなことが低年齢化しているように感じます。
命の重み、責任を是非未成年の方に知ってもらいたいなと思いました!産んだ直後、赤ちゃんに握られた手が離されるシーン、本当に切なくて、胸が締め付けられる思いでした。父親側の少年にスポットを当てたところもとても良かったと思います。
すべての赤ちゃんが、望まれて生まれ、幸せに育ちますように。それを願うばかりです。

これからのドラマの展開も楽しみにしています‼
はらり様/女性・28(2015.11.16 1:22)
ありがとうございます!
フルタイムな兼業主婦のためリアルタイムでは見られないですが欠かさず全話拝見しています。
今期のドラマで全く興味のなかった旦那が後追いで見始めました。
2歳になる息子がいるせいか、毎話見終わると難しい顔をして大きな息をはいています。

そして、見終わると2人して同じ事をしていました。

息子を抱きしめる。

ドラマの感想もありますが、無事に2歳になってくれた我が子を愛おしいと再認識させてもらっています。

ありがとうございます!

最終話まで欠かさず見させていただきます。
シフクノオト様/女性(2015.11.16 1:19)
かがみせんせい
乳児院と児童養護施設にはなじみがなかったのですが、マンガ「コウノドリ」でサクラの「母」たちの愛情に感動しました。
ドラマ5話は、鴻鳥サクラという産婦人科医が本当に、乳児院で愛情をこめて育てられたのだと信じてしまうようでした。玲奈ちゃんや亮君に、厳しいこともしっかり伝えられるのは、サクラ先生の生い立ちのゆえでもある。優しく見えて、なんて強い人なのか。綾野剛さんの表情にとにかく引き付けられました。
そして加賀美先生は、矢野こころちゃんをお母さんに返せる日まで、あの包容力あふれる笑顔で育ててくださることでしょう。
保育士さんたちの書き込みを見て、大切な役割を担う方々を、このドラマが励ましていることもわかりました。ほんとにこのドラマのおかげで、この年にして、視野を広げてもらっています。

乳児院のピアノに置いたサクラ先生の、手の形の美しさ、清塚さん直伝ですね。「きらきら星」なら知ってると思いきや、いきなり難曲に。笑顔でピアノを弾くサクラ先生、何度見ても素敵です。
「Brightness」最後まで弾けました。4話のスピードにはほど遠いですが。この曲を思い出すと通勤電車の中でもさわやかな気分になれます。
猫派様/女性・50(2015.11.16 1:13)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.