ファンメッセージ

→メッセージを投稿する

Page No : (最新)  1234 |*5*| 678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758

ありがとうございます。

from 南極大陸Love (50) 女性

ドラマが終わってしまい、今日でBBSが閉じてしまう、とても寂しいです。毎日、感動を共有する皆さんと繋がっていることがとても幸せでした。とても素晴らしいドラマを届けて頂き、木村拓哉さんをはじめ出演者の方々、プロデュースの石丸彰彦さん伊與田英徳さん山田康裕さん、演出の福澤克雄さん 制作されたTBSテレビのスタッフの方々、本当にありがとうございました。この感動は永遠に忘れることはありません。

2011.12.28 (水) 13:54:59

page top ▲

「日本人の素晴らしさ」

from ジェニファー (56) 女性

 このドラマを通して改めて日本人の素晴らしさと底力を感じました。戦後10年余りであの様に過酷なサバイバルを行ってしまったこと日本人として誇りに思いました。南極大陸に「昭和基地」を建てられて自然の脅威と命がけで闘った越冬隊員の方々の計り知れない並々ではない苦労がとてもよく描かれている真実に基づいたドラマ、近年まれに見る秀作でした。このドラマを見終わり日本人の偉大さを感じました。TBS様そして木村拓哉さん他出演者の皆様本当に本当に有難う御座いました

2011.12.28 (水) 13:49:03

page top ▲

リキの死

from シエタン () 女性

初めて書き込みます。
今思い返しても、涙がとまりません。
特にリキの死には、最終回以降、時間が過ぎても心がつぶれそうになるくらい、ショックでした。
ただ、リキは悲しい思いのまま息をひきとったのだとはおもいたくないです。
倉持さんがリキを発見したとき、まだぬくもりが残っていたのだったら、リキは倉持さんが昭和基地に戻ってきたことを知って、倉持さんがそこにいることを感じて、懐かしさの涙を流して息をひきとったとおもいたいです。
そして、愛する人を見守るリキであったと思っています。
我が家にも家族同様の犬がいました。
死んでなお、家族を守ってくれています。
今もぞばにいてくれる気がしています。

2011.12.28 (水) 13:31:44

page top ▲

感想

from kumamon (41) 男性

原案の北村氏の著書には「首輪から脱出できなかった犬たち七頭がそのまま、きれいな体で横たわっていた。」とありました。
ドラマでは繋がれたままの犬達が首輪を抜けようと首から血を流して苦しみ、七頭の弔いをする倉持隊員のセリフにも遺骸にその跡があると表現されていました。
これはドラマ上の演出なのか・・・それとも事実なのか。北村氏が辛くて自著に書けなかったことをドラマ制作にあたって明かされたのでしょうか。
首輪から抜けた犬達のその後は想像での演出と理解していますが、基地の前で逝った犬達の演出が事実に基づいていないなら、明らかにやり過ぎだと感じました。
あそこまでしなくても残された犬達の哀しみは充分に伝わっていたと思います。
涙を誘う過剰な演出は犬達の死を利用しているようで辛かったです。

2011.12.28 (水) 13:24:11

page top ▲

最後にもう一度

from ユメ (40) 女性

言い忘れましたが、木村さん他キャスト、スタッフの皆さん、ワンちゃん達、トレーナーさん、根室の方々、一生懸命ドラマをつくってくれてありがとう。WEB担当の方、BBS投稿の皆さん、このドラマを応援された方々ありがとう。
愛に溢れたこのドラマを私は忘れることができません。

2011.12.28 (水) 12:37:45

page top ▲

悲しい

from kikko () 女性

もっと共感していたかった(泣)

短かったけど、感動を分かち合えるいい場所でした。

星をつけるサイトで、いい評価の方が多い南極大陸で、またよかったらあいましょう!!

不快なコメントは気分悪いですもんね。

真の南極大陸ファンだけが、集まれるサイトってないのかなぁ。。。

2011.12.28 (水) 12:31:29

page top ▲

最後にもう一度

from ユメ (40) 女性

原作を読み、実際の犬たちの写真を見るたび、ああこの可愛い子たちが…と思うと涙が溢れてきます。北村さんと犬たちとの南極での日々は、本当に一度きりのかけがえのない、キラキラした日々だったのですね。
「できることならもう一度南極で犬たちと過ごしたい」という北村さんの思いにまた涙が溢れます。天国の犬たちも北村さんの思いに寄り添って、ドラマを見守ってくれていたと思います。
犬の擬人化に異論もありますが、中にはシンボリックな表現もありました。特にリキの涙は、置いていかれた全ての犬に共通する心情を、リキが代表して表現したとも見れる。このドラマでの、言葉のない数ある名シーンの中でも、強烈なメッセージを含むシーンだったと思います。
長くなりましたが、私にとって心の中で生き続ける犬たち、北村さんの優しい思いにも胸を打たれた忘れられないドラマです。「できることならもう一度南極で犬たちと過ごしたい」

2011.12.28 (水) 12:29:17

page top ▲

絶対また会おうな! part2

from 風連のクマ () 女性

やっぱりまた来ちゃいました〜本当に寂しいな〜こことのお別れは・・ここを守ってくれたスタッフさん、本当にありがとうございます、最終回後は、ここの仕事をすることが難しかったんではありませんか? なんて余計なことを考えてしまいました。 木村拓哉というスターは、キリストみたいな人?で・・人気と同時に重い十字架を背負ってる・・こんなにも批難を伴うスターはいまだかつていたでしょうか・・悪意の大きな声が大衆を覆う尽くす・・真価を見ずして群衆に紛れ込む私達・・これは仕方ないことなんでしょうか・・ 私一人はまったく微力で 路傍の石にもなりません・・でもこの南極大陸の真価は疑いません。こんな豪華なドラマを本当にありがとうございます・・そしてこれからも木村拓哉さんを、宗谷みたいな気持ちで?応援したいと思います

2011.12.28 (水) 12:27:34

page top ▲

心より

from IKU (39) 女性

南極大陸に出会えたことを感謝いたします。シナリオブックで拓哉さんが数々の言葉をくださいました。そのことも含めて私も日々前進していきたいと思います。この作品に携わった全ての方々に心より感謝いたします。有難うございました!!また次回作期待しております。待っていますね!

2011.12.28 (水) 12:26:30

page top ▲

最後に

from ミホ () 女性

今日でこのBBSも終わってしまいますね。
皆さんの書き込みにうなずいたり、発見があったり、読んでてとても楽しい場でした。こうして一つ一つ無くなっていくのは、淋しいばっかりです。

またどこか違う場所でもいいから、まだまだ南極大陸について皆さんと語っていきたいな・・・。

本当にこのドラマに出会えて良かったです。ドラマ、WEBスタッフの皆様、そしてここにコメントした南極FANの皆様、ほんとに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

またどこかで南極について語りましょうね!

2011.12.28 (水) 12:23:31

page top ▲

Page No : (最新)  1234 |*5*| 678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758

バックナンバー


↑このページの一番上へ