ファンメッセージ

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106* | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

成瀬くん☆☆☆

バイト仲間の中でもまだまだこの話はもちきり☆
私を含めてほとんどが成瀬くんに恋をしちゃってます☆
ただ一緒におらん?? あの台詞最高でした☆
安藤もかっこよくて素敵な男性ですが、成瀬くんのあのかっこかわいい顔とあの優しさが私達バイトメンバー女子の心をわしづかみにしてます☆
窪田正孝さんファン一同より☆☆☆

みぃな☆ (19)女性 2015.1.8 (Thu) 18:58

視聴率よりも大切な何か

いつも楽しくこちらを拝見させて頂いております。
ドラマが終わってるのにこの書き込みの量が本当にすごいですね。
こんなにすごい書き込みの量見たことありません。
視聴率が、あまり奮わなかったといいますが、金曜日って皆様、飲み会や外出や色々多忙な人もいるし、俗にいう花金(古いか)なので録画をして休日にみる方もかなり多いと思います。だから視聴率だけではかるのはおかしいなと思います。
このドラマは、全てが秀逸でした。
全ての役者さんがマッチしており、映像や音楽も素晴らしく後世に残るドラマです。
特に、野バラのおじぃちゃんこと、織本さんと窪田さんが個人的にはいい味をだしていたんではないかと思います。

アラフィフ女性 2015.1.8 (Thu) 18:45

人の思い出に残る料理と共に...最期の願い。

※原作のラストに触れてます。
teamNの皆様のおかげで、原作の最後の4行に秘められていた「希美ちゃんの祈りのような最後の願い」が見えた気がします。

原作を読んだのは3年ほど前で、一読しただけ。印象に残っていたのは、西崎さんの存在でした。

改めてドラマのラストと原作のラストに触れ、企画された方々の深い慈愛に、心がふるえる思いでいっぱいです。

いつだったか、とある小説感想文で「最後まで自分以外の男のために料理を作る報われない成瀬」といった主旨の文面を読みました。

でも、それは全く違いますよね。
ドラマで、なぜ「胃癌」と特定したのか解った気がします。

あの4行。
希美ちゃんは、もう、大好きな成瀬くんの料理を食べてあげることが出来なかった。

成瀬くんを王子様といい、最後に自分がいる場所を「お城」に例えた希美ちゃん。
大好きな王子様の傍で、やっとお姫様になれたのでしょうか。
でも、もう王子様が作ってくれる料理を、自分は食べてあげられない。
だから、自分の人生に愛をくれた大切な人たち、親愛なるNたちに、自分の代わりに食べてあげて欲しい。

そして、「さざなみ」にたくさんの思い出があった希美ちゃん。
「人の思い出に残るような料理を作りたい」。
そんな風に料理を愛する成瀬くんなら、きっと届けてくれる。
「生きた証」を、「愛しいNたち」に。

大切な成瀬くんの料理と共に、大切な人たちの思い出の中で生きていたい...。

それが、あの4行に秘められていた願いで、teamNの皆様が救い出してくれた、希美ちゃんの最期の祈りだったのではないでしょうか。

こんなにも美しく素晴らしい作品は、他にないです。
いろんな方々の意見のおかげで、深くドラマを観ることが出来、新しい発見に感動でした。

teamNの皆様と、原作を生み出して下さった湊かなえ先生に、改めて感謝しています。
ありがとうございました。

桜女性 2015.1.8 (Thu) 17:13

ありがとうございました

よい作品だったと思います。観終わってしまうのが惜しいと思うほどでした。キャストも皆、はまっていたと思います。数字的には必ずしも…というところではあったかもしれませんが、この作品を創りあげた皆さんは、大きな自信を持って先を見ていただいてよいと思います。生意気ですが。ありがとうございました。

ちき (55)女性 2015.1.8 (Thu) 16:52

成瀬くんLOVE

成瀬くん本当に本当に大好きです。
成瀬くんのシーンばかり見返してます。
成瀬くんまた観たいです。
そればっかり考えてます

しお (17) 2015.1.8 (Thu) 16:51

皆様へ感謝。

優しいのは貴女です、tomatotoさん。
以前、投稿されていたコメントも共感いっぱい内容で、私の方こそ助けてもらいました。
桜男性さんが居るかもしれないので分かりやすくして下さってると思ってました。私の方こそひねりのないネームですみません。
安藤を守りたいのも西崎さんの願いを叶えるのも純愛。
その上で、それぞれへの別の想いも重なっていて。
伝えきれない気持ちを代弁して下さり感謝です。

花子さん、私も訴えていました(^-^;
私が成瀬くんに願う幸せは、希美ちゃんの余生に願う幸せとも同じなので。
もし安藤くんとの別れが「誰よりも愛してる人と引き裂かれる、諦める」という通過点なら、最後の終着点は変わると思いますし、美しく切なく、胸をうつ青景島の二人は要らないです。この流れで安藤からのプロポーズが成立してたら、作り手の思惑自体が私にはミステリーを超えてサスペンスになっちゃいます..。

Mの母さんもありがとうございます。
希美ちゃんの白い衣装にも「まっさらな気持ち」を感じますよね。
野望から解放された希美ちゃんが、あの可愛らしいケーキが似合う等身大の女の子にやっと戻れたようで嬉しかったです。

ゆりおさんのコメントも共感しました。
特に西崎さんと希美ちゃんに感じることを的確に書いて下さってて感動しました。

そして、「病気じゃなかったら安藤」等のご意見がなかったら、私はここまで真剣に作品と向き合ってなかったです。
私には足りない価値観やご経験から見える愛も、美しく尊く在るのだと思います。

たまに「文章が下手で」と仰ってる方がいらっしゃるけど、長々と書くだけの私などより、はるかに温かく優しい言葉で文章を書かれていて、心に染みて涙が流れます。
一生懸命、感動や想いを伝えるために書かれた文面はどれも美しくて素敵でした。なので自信を持って下さいね!


投稿されている皆様に感謝しています。

桜女性 2015.1.8 (Thu) 14:47

素敵なNの関係性

希美ちゃんは「下を見ない、上を向く」の強い気持ちで島を出ました。
野ばら荘での生活は本当に楽しそうでしたよね。過去のトラウマから現実世界を見ないで生きている西崎君、ただただ真っすぐ上を向いて生きようとする安藤君、それぞれ不思議なくらいウマが合っていました。

希美ちゃんにも辛く悲しい決して振り切ることができないトラウマがあって、その心情は西崎君との関係性の中で分かり合えるものがあったのでしょう。何しろ酔っ払っておんぶされるくらい安心できる存在だったのかもしれません。(笑)

一方、希美ちゃんが島を出て「上を向いて生きる」ことの本質を語り合えたのは安藤君でした。安藤君も島育ちだというのがポイントですよね。希美ちゃんから見れば眩しいくらいに清く正しく上を見つめているのですから、これはもう希美ちゃんからしてみれば「絶対に守りたいN」だったに違いありません。

そして、成瀬君です。多くを語る必要はないと思います。希美ちゃんが辛い時悲しい時、目の前にはいつも成瀬君がいたのですよね。知ってか知らずか、最後の安藤君の言葉が暗示しているような気がします。
「前を向いて生きろよ」
「その方が杉下らしい」
病気になって、上を向くことから前を向いて生きることを選択した希美ちゃんの前には、当たり前のように成瀬君が微笑んでいたのです。

素敵なNの関係性と納得の結末でした。
今夜も、もちろん見直します。(笑)

奈々ロス女性 2015.1.8 (Thu) 13:52

昨夜の投稿にちょっとだけ補足します。

「もったいない」という西崎さんの言葉。
軽い口調だったのは不器用な西崎さんゆえだと思うけど、「それでいいのか?」とか「もう決めたのか?」とか、別の言葉では成立しなかった意図があると感じて。
もし、相手が成瀬くんだったら、ここの台詞は別の言葉になる気がします。

でも、実は私、自分では成瀬派という意識はありません(^^;)。
「派」って対する存在があるから派生する概念ですよね。
私には最初から最後まで成瀬くんしかいなかったので。

希美ちゃんと安藤くん、そして希美ちゃんと西崎さん。
私に対極があるなら、この二人かもです。
原作では希美ちゃんは西崎さんとも手を繋ぐけど、ドラマではありません。
ドラマでは描かれたのは「おんぶ」でした。
意識のない希美ちゃんを支える西崎さんのシーンは、希美ちゃん自身が自覚してない本心を西崎さんは理解している存在で、希美ちゃんが全面的に信頼を寄せられる兄...のように感じました。
二人の兄。

こんな私が考える希美ちゃんの安藤への気持ちは、安藤派の方には偏った解釈だと思います。無視してくださいね。

さくらんぼさん、ありがとうございました。

忙しくなるので今のうちにと連投してましたが、あと一つで終わる予定です。
WEBstaff様、お正月も一度、更新して下さいましたよね。
お休みにありがとうございました。
病的投稿ですみません…。

桜女性 2015.1.8 (Thu) 10:53

出会いに感謝

Nロスから抜けられません、どうしよう、生活にも仕事にも支障ありあり、家事も適当に終わらし,
年明け早々5日からファンメッセージのチェック再開(笑)おかげさまで忙しい毎日です。メッセージを読みながら、元気をもらっています。
ここまで素晴らしいドラマに出会えて心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
いろんな感想に共感したり時間があれば録画を見て涙し・・・榮倉さんの演技に涙涙涙です。私、おかしくなってるかも・・・爆
いつも子どもたちが、またぁ見てるの〜??と笑ってたけど、最近はお母さんの大事な時間=「Nのために」と思うようになって。私も少数派の安藤派だったので切ないラストでしたが・・・野ばらのおじいちゃんが「苦労は忘れるのが一番!!」って言ってくれてたので、これからは、前を見て安藤と一緒に明るい人生を歩んでいってほしいと思っていた矢先の余命・・・
複雑ですよね。
私自身も、野ばらのおじいちゃんの言葉に救われ涙が出ました。苦労を背負って生きるのより、忘れて軽く生きる選択もあるんだな・・・と
安藤がもっと早くから、イブの前までに、思いを言葉にして伝えていたら希美も思いきって安藤に飛び込んでいけたんじゃないのかな・・・人に振り回されることなく。でも、自分よりはるかに住む世界が違う人からプロポーズされると、自分には不釣り合いでは?素直に自分の心に正直に生きるのか、自信がなくて身を引くのか・・・でもあなたのことは心底応援していきたい・・・あ〜切ない・・・
あの時すべてが狂って・・・あと5分、10分西崎さんが早かったらまた違う展開だったことは確かだし。人生すべてはタイミングなんでなすね。
希美はお母さんのもとで最後を迎える選択をした気が私はしました。

nanako (42)女性 2015.1.8 (Thu) 10:41

第8話

 桜女性さま。まさかのお返事ありがとうございます。徹夜をされて書いていたのですね(笑)
 今回のメッセージも、とても心に染み入りました。まだ1話から再見はしていませんが、悲しくて再見できていなかった8話を思い切って見てみました。
 やっぱり安藤のことが好きだったのか〜と思った橋の上のシーン、今回は違った風に見えました。
「付き合っているの?」に対する「付き合ってない」が、成瀬君を好きな心を見透かされたくなくて、ごまかしているように見えました。
「島に一人はさみしいかな」も、青景島で孤独だったころを思い出して、言っているように見えました。
 不思議ですね。見る側の気持ちで、そのシーンの受け取り方が変わってくる。桜女性さんの言われる通りです。改めて、脚本や演出、俳優陣の演技の素晴らしさに感動しています。

 8話を見直して、気になったことがあります。
 N作戦2の作戦会議の後に、希美が「このアパートびっくりするくらいボロボロやけど、島にいるころより何倍もまし」っていうシーン。最初に見たときは、ちょっと唐突なセリフだなと思ったのですが、もしかして、最終話の「帰る家と食べる物があってそれを人にとられなければそれでいい。」への伏線だったのかなと。
 冷蔵庫いっぱいの食べ物のトラウマから抜け出せて、成瀬君に再会できて、自分の求めているものは本当は何なのか。自覚はなくても感じ始めていたような気がします。
 病気になったから上を目指すのを諦めたでは悲しすぎるので、そうだったら良いな。「この10年に意味があった」が、病気とは関係なく、自分の欲しいものが何だったか分ったことだったら嬉しいです。
 で、8話の「そういうのわかってくれるのって、成瀬君だけよね」がラストに成瀬君のもとへ行く伏線かな?

tomomama女性 2015.1.8 (Thu) 10:33

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106* | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

イメージ

PAGE TOP