ファンメッセージ

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92* | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

もう一度だけ...。

フクロウさんのコメントを読んで、成瀬くんという存在の温もりと深い優しさ、そして強さを改めて実感して涙が零れました。
健全な父性と母性、素晴らしいです。

成瀬くんとの出会い、そして奈央子さんとの出会いが、西崎さんの心に大きな変化を与えて、西崎さんの中で止まっていた時間がやっと動き出した。
罪を償った10年で、西崎さんもやっと空に羽ばたけるようになったんですね。

希美ちゃんの翼に包帯を巻いて...という表現、マフラーのシーンにぴったりで感涙しました。

成瀬くんが自由な空へ解放してくれて、そこで安藤くん、西崎さん、野バラのおじいちゃんに出会って。

空を見上げて安藤くんに別れを告げる希美ちゃんの目には、より高く広い世界へ羽ばたく安藤くんの姿が見えているんだと思います。

二人の故郷に根を張って生きると決めた成瀬くんは、希美ちゃんが安心して羽を休められる優しく逞しい大樹ですね。

また「Nの世界」が深まりました。ありがとうございます!



的確...だなんて恐縮です...、妄想です(^^;)。(しかも原作に関しては、考察なんて畏れ多いレベルです)。

試験は仕事上のもので落とすわけにいかないので本気でガンバッテ参ります!

フクロウさん、そしてやぎやぎさん、母の気持ちさん、お言葉と素敵なコメントをありがとうございました!

桜女性 2015.1.15 (Thu) 01:55

窪田さんの演技

コメント数が本当にすごいですね。金曜は皆、忙しい人もいるので録画してじっくり見たいんですよ!だから視聴率よりも大切な何かがこのコメント数をみて伺えます。ご多忙な中、スタッフの皆様、ありがとうございます!私は男性ですが窪田さんの演技に引き込まれました。高校生から32歳までが見事演じ分けられていて、一時も目が離せませんでした。女性ファンが多い中、男性ファンもいる事をお伝えしたくて勇気を出し、書き込み致しました。榮倉さん、窪田さんはじめキャストの皆様お疲れ様です。そして監督やスタッフの皆様もお疲れ様です。また大変な事もあるかとは思いますが我等のような楽しみに待ってる者がおりますので、何卒宜しくお願い致します。

じん (39)男性 2015.1.15 (Thu) 01:26

指輪

希美は安藤の事すきだったと思いますよ〜

病気で断ったプロポーズ、
「もってて」と強引に指輪を渡されたからといって、
好きでも何でも無い相手なら、絶対持って帰ったりしないと思います!
意志の強い希美なら絶対に。
余命がないのなら、なおの事。

マンションで泣いてたのも、安藤に全く想いがないのなら、指輪を握りしめながら泣かなくても泣けたと思います。

あいこ (28)女性 2015.1.15 (Thu) 01:02

本当に伝えたい真実

 桜様、あざーす!
所で、ドラマはエンターテイメント、小説は文学、それぞれの得意分野と役割がある。同じコンテンツでも表現は違って当然、それは僕も弁えている。映像は素晴らしく演者たちは申し分が無い。成瀬派、安藤派成るものが自然波及するのも演技派イケメン俳優の冥利かなと想像する。女性たちは希美の気持ちに成ってどちらに恋心があるのか、検証するのは楽しいだろう。それに関して異論は無い。さて、湊氏の作風はけして穏やかな物ではなく、今ある場所をぐらぐらと揺すられる感覚だ。苦境に立たされ、未来を夢見たが、結局奈落の底。人間を甘やかさないし、それに手を抜かない。まるで自戒を込めるように、人間の中に流れている原罪と贖罪をくっきりとあぶり出す。読者に登場人物を全否定されても、例え作品を拒否されても、伝えなければならないメッセージ。所謂よくある恋愛小説なら希美はどちらかを選びハッピーエンドだろう。
何故最後まで苦境を与えたのか?Nのためとは、一体本当は誰のためだったのか?この行為は本当に誰かを幸せにしたのか?当たり前の事だが人は自分とは結婚出来ない。・・・これはあくまでも僕の勝手な推理です。ドラマと小説、優劣ではなく表と裏、若しくは合わせ鏡。

出来れば、湊氏の言葉を読み込んで、伝えたい事を感じて欲しい。

ここはドラマ放映中は、事件の犯人のネタばれに関するコメントは載せられなかったとしても、ほぼ反映して頂いたのだろうか?だとすれば批判も絶賛も他人様のご意見は知恵の宝庫だね。自分が正しいと思っているうちはまだまだですから。

tani (26)男性 2015.1.15 (Thu) 00:24

Nさんと同じ気持ち

 Nさん、私もNさんのご意見に同感です。

・最近、安藤だという意見がなくなり、成瀬くんという解釈が増えている
・希美が安藤を好きだと思えてしまうのは、榮倉奈々さんの演技であって、ドラマ制作者の意図ではない

 このような投稿を見て、これはちょっと偏った意見なのではないかなと感じていました。また、安藤のことを書いた方はほぼ否定されていることが気になっていましたが、特に投稿せずにいました。安藤のことを否定するわけではないですが…等、前置きをされていても、内容は安藤への気持ちの否定、成瀬くんの都合のいいように書かれたものもいくつか見受けられました。
安藤のことを書く方が減ったのは、書いても否定されてしまうため、そしてドラマは監督や演出スタッフの方々がカメラチェックもされており、その時々の心情も確認しているはずなので榮倉奈々さんの勝手なお芝居といってしまうのは失礼になりますし残念に思いました。

anyさん、以前、名前を出して頂きありがとうございました。
何度か観ることで新たに気づくこともあるかなと思い、再度見返す日々です。anyさんのお話、まだまだお聞きしたいです。よろしくお願いします。m(__)m

紗菜♪suzuna (25)女性 2015.1.14 (Wed) 23:58

心に残り続ける作品をありがとうございました

このドラマほど感動した作品は今までにありません。感動モノが大好きで、DVDとして残している映画がありますが年1回くらい見返すくらいです。ハラハラドキドキして最後の感動までいくまでに疲れてしまうんです笑
その点Nのためにはいろんな要素がギュッと詰め込まれてるのに、結末も知ってるのに1日1回くらい見たいと思わせてくれるのです。役者さんとスタッフの方達ドラマに関わる全ての方が秀逸だったからなのでしょう。

大好きなシーンは成瀬くんとのぞみちゃんが一緒にいる全てのシーンですが、1番は高校生の成瀬くんとのぞみちゃんが本土でデートするシーン!
その次に好きなのが、最終回大家のおじいちゃんと西崎さんのシーン!
「間違ってないよ 3人でやったんだ」「2人が友達で良かったね」…高野夫妻が手を繋ぎ「そのうちきっとまた いいことがあるよ」…sillyもタイミングがまたいい!!何度見返しても涙がこぼれます!!

みなさんみたいにうまいこと解釈はできませんが、本当に本当にこのドラマの大ファンです。DVDboxも予約しました!!

葵 (26)女性 2015.1.14 (Wed) 23:04

導きだした答え

成瀬くんの気持ち、安藤の気持ちはとってもわかりやすいのに希美の気持ちはわかりにくいですね。
わたしは希美は大学時代は安藤に恋をしていたと思います。自分を支えてくれた、救ってくれた成瀬くんのこともずっと想っていたけれど自分と同じように広い世界が見たいと野望を持って生きている安藤に惹かれていった。
恋といっても彼氏彼女になりたいと思うものや、相手の幸せを願うだけで十分と思うもの、自分の全てを知ってほしいと思うもの、自分のいいところだけを見てほしいと思うものなど様々だと思うんです。
希美は安藤とどうこうなりたいと思ってはいなかったけれど安藤が自分に好意を寄せてくれているのも感じていて戸惑いながらも嬉しくもあった。
冷蔵庫のケーキと蟹を見て希美が複雑な表情をしていたのは自分の心の中に二人がいることを自覚しているんだなぁと感じました。野バラのおじいちゃんや西崎さんなど他にも希美の大切な人はいるけれどその気持ちと冷蔵庫の中の二人を想う気持ちは別物であると強調されたシーンだと思いました。
わたしはそんな希美の心境がごく自然で人間らしくていいなぁと思います。
成瀬くんだけを一途に想っていたならば安藤に対しての希美の描写でわざわざ入れなくていいと思うものがたくさんあります。それをあえて入れているのはやはり希美の心が揺れていて人の心の複雑な部分を描きたかったのではないかと思います。
成瀬くんは事件の時そんな希美の心にも気付きそれでも全てを受け止めた。

月日が経ってより深いところでつながっていた成瀬くんへの想いが残った。そしてあのラストシーンにつながったのではないかと思います。

何度見てもそう感じるのでわたしの導きだした答えなんだと思います。
制作者の方本当はどうなんですか?と聞いてみたいです。

ゆき女性 2015.1.14 (Wed) 22:42

心の奥底まで

重度の「Nロス症候群」に陥ってしまっており、こちらを訪れて、Nファンの皆様のメッセージを読ませていただくのが、最高の薬となっております。
年末年始に取りためた色んな番組を見ることもなく、時間の許す限り「Nのために」の録画を再生する日々が続いています。でも気づきました。それでいいじゃないかと、人生最高のドラマなんだから何度見たって構わないじゃない。。。ここに集う「Nファン」の皆様の見解、解釈、分析、愛を参考に、何度見ても新たな発見があって、底知れぬ奥深さを感じます。

「Nのために」の制作に携わったすべての皆様、本当にありがとうございました。皆様のうちの誰一人が、欠けてもこの完璧なドラマは、完成しなかったと思います。出会えてほんとに幸せです。

TBSさん、DVD発売時に何かイベントを企画して頂けませんか?ここに集うNファンの皆様とお会いして語り合いたいです。その時は、ゲストに是非「N」の皆様を招いて下さい。どうぞご検討をお願いします。

何食べたい?女性 2015.1.14 (Wed) 22:35

本当に面白かった!

久しぶりに面白いドラマを観ることができて感激しました。
ななちゃん、窪田くん、他キャストの皆様の演技の素晴らしさに毎回ぐいぐい引き込まれました。
音楽も良かったし、色を抑えたような印象的な画も素敵でした。
原作本を読みたくてうずうずしていましたが
ドラマ終了まで我慢していました。
これから読むのが楽しみです。

特に印象に残った場面は、お母さんと確執のあったのぞみが
最後にちゃんと会いに行った場面。
そしてお母さんが「悪かったね」と声を掛けたシーン。
今、毒母なんてはやってますが、母と娘って本当に難しい。
そんな中で、その「悪かった」の一言でのぞみは本当に救われただろうなぁと思い
涙が出てきました。私自身も母との関係に悩んだことがあるので
感情移入して観ていました。

とにかく毎週ホントに楽しみでしょうがなかったドラマをありがとう!
この想いを届けたくてコメントします。

booker (33)女性 2015.1.14 (Wed) 22:06

DVD特典

桜さま。私もお名前を間違えていました。ごめんなさい<(_ _)>

フクロウさんのメッセージ、優しくて愛にあふれていて、涙が出てきました。

ここから、webスタッフさまにお願いです。
以前、あるテレビドラマのDVDに、ドラマのその後の書下ろし脚本(10Pくらい)が特典としてついていました。
ぜひ、NのためにのDVD特典にも、ドラマのその後の脚本をつけてください!
成瀬君の作る料理を希美が食べるシーンでも、日常の一コマでも、二人のその後の幸せそうな様子が知りたいです!
続編もスピンオフも望みません。ぜひ、お願いします(>_<)

tomomama女性 2015.1.14 (Wed) 21:55

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92* | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

イメージ

PAGE TOP