ファンメッセージ

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31* | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

今さらだけど

最終回素晴らしかったですね。恥ずかしながら見終わった後号泣してしまいました。成瀬くんと希美の感動のラストシーンに安堵したり、でも安藤も大好きだから切なさも込み上げてきたりいろんな気持ちで胸がいっぱいになって、観ている間あまりにも力が入っていて終わった後放心状態になりました。


ドラマが終わっても録画を繰り返し観たりメッセージ欄を読んだりNから離れられない日々。こんな風に自分で感想を書き込むのはこのドラマが人生初めてでした。きっとわたしのような方って多いのではないかと思います。

俳優さんたちもスタッフの方々もプロですからもう次の仕事へと気持ちが切り替わっていることと思います。でもふと思います。わたしたちがこんなにもドラマの世界から抜け出せないでいるのならこのドラマに携わった方々もこの作品に対し他の現場とはまた違う特別な何かを感じてくれていたらいいなぁと。
ドラマが終わってもなおずっとずっと書き込みが続いてることをどこかで知って見てくれたらいいなぁと。

わたし偶然1話を観たんです。たまたまテレビつけてたら始まってそこからなんだこのドラマすごい!ってどんどん引き込まれて。1話を観てなかったらきっとそのまま知らないままだったかもしれません。

直接伝えることはできないけれど携わった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。出会えてよかった。ここに書き込んでいるみなさんのN愛が届きますように。

ドラマだとわかっていますが、登場人物たちの幸せを願わずにはいられません。


…ゆきんこさんが他にもいらっしゃるようなのでゆきだるまと改めさせていただきます。

ゆきだるま女性 2015.2.20 (Fri) 22:52

あの時一番大切な人

ちなみに成瀬のイメージは籠の出口近辺で(たぶん外側)希美をじっと見つめている(待っている)鳥、かな。
以前希美の野望の中身は空っぽと書きましたが、それでも2004年当時の希美はまだ上昇志向がすごく強かった、たぶん安藤は眩しくてそれこそ太陽のような人だった。希美の分身、またはそれ以上の存在だったんだと思います。これは恋愛云々とはまた違う意味で、ということです。希美と望で希望、安藤は希美の希望の星だった、だからあの日「あの時」の状況ではそりゃあ一番大切な人になりうると思うんです。そこに恋愛感情は必要ないというより、どちらでもよい、いや違うかな、あったかないかが決め手ではない、というべきか、あの瞬間において「一番大切」だった、西崎よりも、成瀬よりも、ということだと思うんです。このあたりは桜さんも解説していましたが。
ただし安藤自身は僻地にいっても、(いやもしかすると行ったほうが)幸せだったかもしれない。ここは非常に残念です。でも野口に悪意を感じ、自分が教えた将棋のせいで、あるいは僻地=籠の中と感じたか、希美の想像力の限界だったのかもしれません。
いずれにせよ事件前の描写から希美から安藤への恋愛感情はそれほど強くは感じなかったかな〜、いまさらですが。ただしこれは成瀬にも言えることなのが悲しいわけですが。
ただサブタイトルを単純に考えたい私としては成瀬への純愛にたどり着けるよう頑張ります。(いったい何を?)

しのぶ 2015.2.20 (Fri) 22:36

おばあちゃんと私

2回目の投稿です♪
おばあちゃんと共に成瀬くんにひかれた、2014冬でした(笑)おばあちゃんは成瀬くんを観ると本当に嬉しそうで目を細めてました♪DVDもおばあちゃんとお金をだしあって買う予定です♪
おばあちゃんは成瀬くんの声と優しいとこがいいみたいです(笑)
おばあちゃんがこんなん言うなんてはじめてです(笑)
おばあちゃんとの会話が増えました♪
ありがとうございます♪♪

おばあちゃんと私女性 2015.2.20 (Fri) 22:15

窪田さん

成瀬くん、いや窪田さんドラマアカデミー賞おめでとうございます!
私は3話から見始めたのですが、あの船からの、杉下ガンバレー!という成瀬くんの声が忘れられません。
あんなに心のこもったガンバレー!は世の中にあったでしょうか??
このドラマを観てから、成瀬くんにドハマリで、1話からオンデマンドで見返しました。
Blu-rayが届くのもかなり楽しみです。
成瀬くん本当に優しい人ですがいざという時には強さというか決死の覚悟のようなものが感じられて本当に本当に大好きです。実際もあんな素敵な人がいないものかと思います。こんな素敵なドラマに出逢えただけで人生が得する気持ちになれました。遅ればせながらも3話から参加できて良かった!
四冠おめでとうございます。これだけ皆様に愛されてる作品もなかなかないですよ!
窪田さん、息の長い役者になりたいとおっしゃってましたが、ずっと私たちを感動させてくれる役者さんでいてくれてると信じてます。
本当にこの作品に携わった皆様本当にありがとうございます。この作品は愛にあふれてます。
Blu-rayを買うなんて始めてですが、Nのためにはこれからも私の中で大切にしたい作品です。
スタッフ様、いつもありがとうございます。
スタッフ様のおかげで、N愛をより深く感じましたし、色々な意見を読む楽しみや新たな発見もできました。
私の中では生きてきた中で殿堂入りの作品です。
本当にありがとうございます。

きなこ (37)女性 2015.2.20 (Fri) 22:01

感謝してます!

何度も投稿しています。
みなさんのような、文才もありませんが、気持ちや思いの同じ方がたくさんでいつも嬉しくおもってます。
家事や仕事におわれ、一日の終に、こちらを覗くのが日課になっていました。録画したものを何度も見返すことも、もはや日常です。子どもたちから、病気やと言われる始末です。もちろん、DVDも予約させて頂きました。


どなたかが、書いておられた名場面の数々、どれもこれもすぐに頭に浮かびます。
私が好きなのは、一話の、自転車の二人乗り。そこまでの過程もすきです。「起きとった?」からの「のれば?」わかる人には、わかりますよね。
そこから始まった私のN人生です。
スタッフの皆様、投稿されている皆様どうもありがとうございました。とてもとても楽しい時間を共有させていただいたことに、感謝しています。

珈琲まめ。 (47)女性 2015.2.20 (Fri) 21:44

あの時一番大切な人

WEBスタッフ様、コメント欄すごく楽しみでしたのでこれまでありがとうございました。
桜さん、motoさん、ス、ゴ、イ、ちょっと難しいけれどコメントが深いですね。それから遡りますがAさんの「原作との比較」はすごく参考になっています。
さて、見終わったときの率直な感想より、疑問点のほうについて書きたくなりました。
まず島編とサブタイトルの「15年の純愛ミステリー」から当然希美と成瀬の純愛を描くのだとばかり思っていましたが、事件での希美のNは安藤だった!、でサブタイトルの意味まで考えてしまいましたよ。ウィキで調べると純愛とは無償の愛、プラトニックラブ、自己犠牲的な愛、らしいです。となると誰が誰のために無償の愛をささげたか、それを15年のスパンで考えましょう、みたいなことなのかとも思ったり。しかしサブタイトルってキャッチコピーみたいなものだとも思うのでそんなややこしいものかな〜とか。
事件の時の希美の「あの時一番大切な人」は間違いなく安藤だと思うんですよね。ここが最も難解だったわけですが、一番大切=最も愛する、が自然ですから、成瀬はどこに〜みたいな、矛盾してねーか、みたいな。でも最近原作の装丁を見て、霧が晴れてきたみたいな感覚に。そうか、かごの鳥は西崎だけじゃないんだ、屈折とトラウマで縛られた希美の事でもあるんだな〜と。希美からするともともと籠の外側にいる、そして大きく飛翔するであろう安藤のことが「あの日あの時あの瞬間一番大切な人」になったのね。
(たぶんつづく)

しのぶ 2015.2.20 (Fri) 21:43

最後の投稿

ついにこの場が閉まってしまうのですね。とても寂しいですが、放送終了後2ヶ月以上も開いてくださったWebスタッフの皆様ありがとうございました。

私は、まだ「Nのために」を観たことがない人が羨ましいです。最終回のラストシーンを初めて観たときのあの感動をこれから味わえるのですから。
これまで何度も繰り返し観てその度に感動していますが、やはり初めて観たときの感動は一度きりのものです。
この先、同じような感動を味わえる物語に出会えるかどうか.....本当にそのくらい素晴らしかったです。
一生心に残る作品に出会えたことを幸せに思います。
出演者の皆様、スタッフの皆様、原作者の湊かなえ様、Nファンの皆様、このドラマに関わったすべての方々へ。ありがとうございました。

みんと (25)女性 2015.2.20 (Fri) 21:07

愛すべきNたち

ドラマアカデミー4冠おめでとうございます
審査員票には納得いかないことが非常に多いですが…作品賞、主演女優賞、助演男優賞、ドラマソング賞、どれも読者票は1位だったのですね。本当にたくさんの人に愛されている素晴らしい作品だということが証明されましたね(*^^*)「Nのために」に出会えてよかった。もう大好きすぎて表現する言葉が見つからない
DVDの予約もしました。ドラマのDVDを買うのは初めてです!届くのを楽しみにしています。
〜thank you For N〜

Non女性 2015.2.20 (Fri) 21:04

ありがとうございます

桜女性様
またもコメント頂きありがとうございます。桜女性様のキャラクターの情景を丹念に追われようとする姿勢に敬意を感じます。

4人の取引説について補足させてもらいます。言葉たらずで正確に伝わったか怪しいので。

安藤が行った”外鍵を掛ける”行為の隠蔽を行おうとしたのは、安藤ではなく、西崎、杉下、成瀬です。
ですので、この取引を仕掛けたのも西崎、杉下、成瀬からです。

西崎、杉下、成瀬側からの隠蔽を安藤に向けた気遣い、保護とするか、その先にゲームの参加者が相互に利益を見出し、暗黙的合意が成立する可能性をとるか。

桜女性さんと見解が分かれるのがここの解釈ですね。
安藤に対する愛の大きさの差かも知れません。
私は杉下以外のキャラクターには思い入れはありません。(いや、正確に言うと、女優さんといった方がいいかも)
成瀬と安藤を比較すれば、安藤の方が面白いですよね。


A.K女性様
”心が豊かになる作品でした”のコメントをなぜ取り消されるのですか?私は激しく同意します。
本当に心が豊かになる作品でした。病気=死=悲しみ、ではないですよ。
むしろこのドラマではそういった構図をぶち壊そうとしているので。


tomatoto女性様
興味を持って頂いたとは恐縮です。
新参者が連投しまくって申し訳ございません。
これから最後の杉下の魂の救済プロセスに妄想120%モードでまとめます。

moto 2015.2.20 (Fri) 20:54

祝!4冠

ドラマアカデミー賞4冠、おめでとうございます☆彡

サイトを見て嬉しさで泣き出しそうになりました。本当に良かった・・・。
審査員(どこの誰ぞ・笑)より読者票ですよね〜
読者票で指示されての受賞は紛れも無く、この作品の正当な評価です。
皆さん書いてますが主演女優賞は残念でした。榮倉奈々さん。読者票は1位ですしね!



そして窪田さんのコメント読みました。最終のシーンの提案をされていたんですね。
以前、某新聞に窪田さんの記事が載っていました。
「気持ちをニュートラルに」10.27.14(以下、抜粋)

4人はそれぞれ自分の「N」をかばいウソをつく・・・。
「神経が揺さぶられました。何が正しいかではなく、
誰が一番人間らしいかと考えてしまいました。」と脚本の魅力を語る。
「相手の気持ちを考えるところから演技に入る」と。
今回は、成瀬だけではなく、希美のセリフも覚えた。
今後は2人の気持ちのすれ違いや誤解がキーワードになると。
「どんなに短いシーンでもすごく神経を使っています」

こうして成瀬と希美の自然で心に響く名シーンが生まれたんですね☆彡
改めて成瀬くんは窪田正孝さんにしか出来なかったと思います。



全ての出演者。スタッフの方々
繊細な心の中の描写を見事に表し。チームNが起こした素晴らしい功績が実を結んだ。
ここに集う私たちNファンに最高の作品を届けてくれた事に感謝しています。


最優秀作品賞、本当におめでとうございます!!!

くるみ女性 2015.2.20 (Fri) 20:43

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31* | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

イメージ

PAGE TOP