ファンメッセージ

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24* | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

好きなシーンその1

もう書き込み出来るのも終わりに近いので、思いっきり壊れようと思います。←今までも十分壊れてましたが…(笑)

皆さんの好きなシーン、私も全部同感です^^
後は、第1話の、2人で四阿で将棋をするシーン。
高野さんが帰った後、希美からお母さんの事誰にも言わんでと頼まれ
「言わん」
と答えた成瀬くんの表情、声。←何百回再生した事か…(笑)

「年内には、この店売るけん」
「パパ、もうすぐ帰ってくるって」
いたたまれず、夜中それぞれの家を飛び出した2人が出会い、自転車2人乗り。
成瀬くんの「もっと可愛く乗ろうよ」は本当に可愛かった*^^*
バルコニーでの希美の所信表明演説。
パーカーを希美に渡す成瀬くん。
この渡し方が、となりのトトロでどしゃ降りの雨の中さつきちゃんに「ん!」って傘を差し出すかんちゃんみたいでした♪

第2話はもう本当に、全部が大好きで…無邪気でキラキラした場面も、苦しくて切ない場面も、全て。
第2話だけで、何百回再生したでしょうか(笑)
図書館で進路について話す2人、その流れで本土へのデートシーンは全てが爽やかでツボで、倒れそうでした。
本屋さんを出て
「もう、帰らんといかん?」
うどん屋さんで
「前から思っとったけど、うまそうに食うよね」
「褒めてないよね?」
「褒めとるよ!」
2人で並んで座って見た夕陽。
結婚した相手より後に死ぬ。追加された野望リスト。
希美の手を握れなかった成瀬くん。
帰りのフェリーで、自分の肩にもたれて眠っちゃった希美の耳から、そっとイヤホンを外してあげる成瀬くん。←実はものすごく官能的なシーンだと思ってました。

実家に火を放とうとした希美を、全力で止めた成瀬くん。
「俺に、なんが出来る!?」

炎に包まれるさざなみを見つめていた成瀬くん。
希美からそっと繋いだ手。
棚田での別れ。

だめだ、第2話だけで終わってしまった!続きます(笑)

成瀬くんガンバレA (44)女性 2015.2.24 (Tue) 07:58

そうだろう、そうだろう、成瀬くん(笑)

暴走止まらず…すみません(^^;

猫といえば、先日榮倉奈々ちゃんがTVでお話ししてたんですが、奈々ちゃんの飼ってる猫ちゃんの名前は「てっちゃん」で、風の谷のナウシカのテトから取ったそうです(耳がとんがっていたため)。
奈々ちゃんナイス命名(≧∇≦)
窪田くんも徳井さんも激しい(笑)猫好きでいらっしゃって、私も猫命なので(戌年ですが・笑)もう??猫を溺愛する人は皆家族!みたいな気持ちなので、ほんとに嬉しかったです!

第七話の希美と成瀬くんと西崎さんの、野原荘での吊り橋の会話のシーン。
「呼ばれれば渡る」と言った成瀬くん。
原作では、それを聞いた希美にニコッと微笑まれて
”二人きりなら、このまま手を握ってしまいたい…”
と思ったけど、実際は
「そうだろう、そうだろう、成瀬くん」
って西崎さんに手を握られて
”気持ち悪い”
と(爆笑)
ぜひこのシーンを、小出くんと窪田くんでやってもらいたかった!(笑)
ドラマも原作も、このシーン本当に大好きです^^

それから、第8話でN作戦2について3人で話していた時。
希美から、安藤望の名前を初めて聞かされて、
「へえ、ノゾミが2人おるんや」
成瀬くんが希美の前で、杉下じゃなくてノゾミって言ったのはこの時だけ。
ちょっとドキッとしました*^^*

またまたスピッツすみません(^^;
「オパビニア」という曲の歌詞です。

”デートに向かない坂道を
君の手を引いてかけ上がり
恋も希望も取り返す
バレたってかまわない”

「デートに向かない坂道」=あの棚田を思い出しました。
島に戻った希美と成瀬くん。
あの悲しい別れをした思い出の棚田を、今度は成瀬くんが希美の手を引いてかけ上がり、青春をやり直してくれたらいいなあ。
人は生まれ変われる。何度だってやり直せる。

思いつくまま、勝手に書いていてすみませんm(__)m

成瀬くんガンバレA (44)女性 2015.2.24 (Tue) 07:53

桜さん、本当にありがとうございます!

桜さん、こちらこそありがとうございます!
妄想が過ぎていたであろう私の投稿(笑)に、いつも優しくコメントして頂いて嬉しかったです。
試験も落ち着かれたみたいで本当に良かった^^
ぜひぜひスピッツ聴いてみてくださいね!本当に素晴らしいし、何より希美と成瀬くんを思わせる優しい曲がいっぱいです。

今回の鳥のお話しにも、とても感銘を受けました。
以前「成瀬くんは、希美が疲れた羽を休める大樹のような存在」とおっしゃってましたね。もう泣きそうな位共感してました!

原作で、野原のおじいちゃんが西崎さんの「灼熱バード」を読んで
「トリは、希美ちゃんのことかのう」
と言っていましたね。
西崎さんと希美は、同じカゴのトリだった。
「灼熱バード」の中のトリは、悲しく過酷な運命を背負っていたけれど。
スピッツの曲に出てくる鳥達は皆、自由です。
そう、スピッツには、鳥や猫や月や星の曲がたくさんあります。(マサムネさんが小動物や自然がお好きな方なので)

「猫になりたい」という曲。スピッツ好きな曲ランキングのファン投票で人気がありすぎて、殿堂入りした曲です*^^*
猫が好きな窪田くん(成瀬くん)が歌ってくれたら失神寸前(笑)の、究極に可愛い曲です!

「つぐみ」という曲も、ぜひお聴きになってみてください。
“海原を 渡っていく
鳥のような心がここに在る”
鳥の「鶫」は、鳴かない習性からその名がついたそうです。口を「つぐむ」にもかかっていますね。
愛ゆえに真実を隠し続けた、希美のよう。

“歩き出せない暗い夜に 前触れなくぶつかった
きっと運命とか越えるほど ありえない確率で
見つけ合えたよ”
“「愛してる」この命明日には尽きるかも
言わなくちゃ 言わなくちゃ 出来るだけまじめに”
ラストシーンでやっと、やっと、抱き合えた2人。
きっとあの時成瀬くんは希美に「愛してる」と言ってくれたと信じています。

成瀬くんガンバレA (44)女性 2015.2.24 (Tue) 07:44

強いて言えば希美派さんへ

おっしゃりたい事は良くわかるつもりです。
ただ、誰も、希美の生き方を否定しているとは思えなくて…特にここに来てらっしゃるNファンの方たちの中には。
それと、後ここに書き込めるのも短い間なので、同じNを愛する仲間に対してあまりに辛らつなお言葉は悲しいな、と感じたものですから。
日本語って本当に難しいですね。繊細なニュアンスが伝わったり伝わらなかったり。その分、素晴らしい言語だと誇りにも思えますが。
こういうところに書き込むのは初めてだったので、私こそ、的外れな文章で生意気なことを言っていたかと思います。お気を悪くされたら申し訳ありません。

それからtaniさん、タイプ年上大歓迎ですよ!←あ、40代は入ってない?大変失礼しました(爆笑)
そうなんです、自分と違う意見に傷ついて臆病になって、自分の考えをここに書き込みするのを躊躇してしまっていた方がたくさんいらっしゃったのでは?と思ってました。お若い方たちなんかは特に。
そんな雰囲気は絶対にイヤだったし、私自身はおかげさまでもう人生も約半分(笑)を過ぎ、ちょっとやそっとの意見ではへこたれない&めげないずうずうしさ(爆笑)を持っていましたので、どんなにくだらない事、妄想(笑)と思われようと、自由気ままに書き込みさせていただいてました。
不快な思いをさせてしまっていた方が他にもいらしたら、申し訳なかったです。
自分でも、我ながらうっとうしいなーと思ってましたから(^^;
でも、筆(指?)が止まらなくて…まだ書き込みしちゃうかと思います(反省してない…(..))。

パンダさん、私はあなたの「希美の想いは成瀬くんへと都度引き戻されていた」という意見にとても共感してました。
こんな人もいたということをお忘れなく!^^

皆さんが「Nのために」を心から愛する人たち。
この場で出会えた事を心から感謝いたします。

成瀬くんガンバレA (44)女性 2015.2.24 (Tue) 07:39

感謝です。

moto様の「魂の解放」。
贖罪様の「魂の浄化」。
どちらも感銘を受けました。ありがとうございました。

moto様、「チェーンの隠蔽は成瀬くんを守ること」、やっと理解できました。
「ゲーム」「取引」という意味をちょっと取り違えてました。
確かに、チェーンの事を隠すのは、成瀬くんとの繋がりを隠すことに大きく繋がりますね。

崩れ落ちる橋、キルケゴール哲学の引用と、「他の選択肢を探す」というお考えにも共感しました。
西崎さんは「希美ちゃんの気持ちを尊重して受け入れられるか」を確認した、私の中ではそういう表現になります。

いろんな発見につながる深い視点でのコメントに助けられました。感謝しています。
「for.n」の感動はここにこそ投稿すべき感想です!
本当に素晴らしい名曲ですよね。

私の拙いコメントに感想まで頂きありがとうございました。

桜女性 2015.2.24 (Tue) 05:14

Nに出会えて

moto様の「杉下のくせ」について、ふと思ったのですが、基本、守りたい相手の左側に男は立つかな?相手に危険が及ぶ時、相手の心臓を護ります。若しくは、利き手をフリーにしておくかな。motoさまの興味深い勇気ある考察を拝見し、僕もこの作品の根底にある、人間の原罪について考えさせられました。宗教は信じる事。哲学は疑う事。その対極の中心に全ての答えがあるのかな、と勝手に思っています。

Nチケット様、過去の投稿まで注目頂いて驚いています。たいして期待する様な事は書いていなかった様な・・ぶっちゃけ前の投稿を振り返ると少々恥ずかしいね。笑
原作とドラマは別物と云う様な投稿を拝見して、いやいや、補完し合っているよと申し上げたい気持ちで発言しました。それでも良ければ「本当に伝えたい真実」1月15日00:24に反映されてます。

その他振り返ると、僕は原作とドラマ作品をあの手この手で絶賛していました。笑

桜様、名前を再度記して頂いた事に感謝。
正直とても嬉しいです。
実は最後まで明かさず終わろうと思っていたのですが、状況が変ったので言いたくなりました。桜さんの辛い体験談を読んで堪らず、特別宛名を明記するもの失礼かと思い、目に留まる事を願って書いた言葉が在ります。
1月31日05:39「人間の不思議」持論です。からの文面です。希美に託けて、そこはあなたです。負担に思わずスル―でOKだからね。

ps:無理は承知で・・西崎の偽証にまんまと警察関係者、法律家達はだまされた、法廷劇も含め、彼の10年を中心に、支援する安藤、そして希美、成瀬が観たくなってきたぁ〜!湊かなえ様、執筆願えませんか?



 

tani (26)男性 2015.2.24 (Tue) 02:06

15年間の純愛ミステリー

もうここも終わってしまうのかと、寂しくなり初投稿です。
いつもN愛に溢れた皆さんのメッセージを読み、新しい発見をしたりと楽しかったです。

さて、今さらながら私も気付いたことがあり、皆さんのご意見を聞きたいです。

サブタイトルの[15年間の純愛ミステリー]ですが、ドラマの最後を見届けてからは、誰の純愛のことだったのだろうかと疑問に思っていました。

ですが、たった一人の気持ちの純愛ではなく、それぞれ皆、一人ひとりの純愛を描いた15年間、のことではないのかなと思いました。

上手く言葉にできていなくてすみません。

何はともあれ、もう一月ほどでDVDが届くというのが、とっても楽しみで仕方ありません!!

そして、こんなにも素晴らしいドラマを作ってくださった方々に、心からのありがとうを贈りたいです。

本当に、本当にありがとうございました。
これからも、ガンバレー!!!

みにたいやき (17)女性 2015.2.24 (Tue) 01:51

ありがとうございます♪

成瀬くんガンバレA様

以前こちらのサイトで、窪田さんのインタビューがどこの雑誌に掲載されてますか?と質問させて頂いた、まりりです。
過去のメッセージをさかのぼっていたら、ご丁寧に記載をして下さってて嬉しかったです。
本当に心から感謝致します。
成瀬君ファンの私はいつも、成瀬ガンバレA様のコメントをわかるわー!とか思いながら読んでました。
いつも、内容が濃くてそして成瀬君やN愛に溢れてらっしゃるコメントで勉強になりました。
ありがとうございます。私もこちらを通じてこうして意見交換ができたり、メッセージを送ったり楽しくて幸せな日々です。もうすぐメッセージ欄が閉鎖になってしまいますが、皆様といつまでもつながってると思って、日々生きていきます。ありがとうございます。
Webスタッフの皆様、本当にご多忙な中、まめに更新してくださりありがとうございます。
こんな素晴らしいドラマに出会えて幸せです


** From WEB staff **

まりりさん、WEB staffへのメッセージありがとうございます。
私もまりりさんと同じく、『Nのために』に出会えて幸せでした。

まりり女性 2015.2.24 (Tue) 01:36

安藤くん。その2

さて一番のミステリーは、なぜ安藤がチェーンをかけてしまったか?ですよね。西崎の不可解な行動と発言により、自分の知らないところで計画が動いている(成瀬も一枚噛んでいる)のを確信し、疎外感と嫉妬に安藤は苛まれます。そしてチェーンをかけて計画を混乱させ、希美から助けを求めさせようとする賭けに出る訳ですが、これ、実は相当無理のある賭けですよね。そもそも計画内容を知らないんだから、部屋から出られなくなる事が助けを求めるほど希美を困らせるものなのか、知る由もない。だからある意味、捨て身の賭けだったんだと思うんです。
で、ここで興味深いのが、同じタイミングで希美も野口に暴行事件を起こさせようと、捨て身の暴挙に出ます。安藤は希美の本心が知りたくて、希美は安藤を守りたくて、と目的は違いますが、二人とも相手を愛するからこそ狂気とも思える行動に走ってしまう。そしてそれが思いもよらない殺人事件に繋がってしまう。まさに「すれ違った願い」ですね。
この残酷な皮肉を体現するために、安藤はチェーンをかけてしまったように思います。って言っちゃうと、あまり安藤の擁護になってないか(苦笑)。だって、「Nのために」はミステリーとしてはいろいろ無理があるので、他に考えようがない。つまり「愛」が安藤を暴走させたと。
そう言えば、将棋の対局で成瀬が考えだした起死回生の一手も「捨て身の馬で銀を取る」でした。そうした細かい描写までシンクロさせるあたり、このドラマの作り込みはすごい。心憎い演出だと思いました。

るっちゃんの夫。男性 2015.2.24 (Tue) 00:50

安藤くん。その1

今月いっぱいでコメント欄が終わると聞いて、もう少し感じたことを書きます。同じ男として安藤に共感できる部分が多かったので、ちょっと彼を援護してあげたいなと。

安藤がなぜ事件の夜にプロポーズをするまで希美に付き合ってと言えなかったのか?という疑問に関してですが、それは希美がこれまで安藤が出会った女性と全然違っていたからじゃないかと思います。明るくて、頑張りやで、料理上手で、野心家で。でも西崎から聞かされた不幸な家庭環境と、時おり見せる暗い影。本気で希美を愛してしまったから、簡単に付き合おうとは言えなかった(不用意にキスまでしちゃったし)。機が熟すのを待って告白するつもりだったのが、寮住まいになるわ、仕事は忙しいわで、今までのようになかなか会えない。そんな中で上司から縁談を持ちかけられる。そして野口から僻地行きの話。にわかに大きくなってきた成瀬の存在。えーい、ぐずぐずしている暇はない。真剣な気持ちを伝えるなら今だ!プロポーズしよう!すぐ結婚が無理だったとしても、とにかく本気なんだと伝える事が先決だ!で、いきなり指輪購入と(笑)。

シャルティエ広田にプロポーズをリークしたのは、自分は野口だったと思っています。野口としては、希美の指南で安藤に勝ち、僻地行きを通告するつもりだったんでしょう。そしてサプライズを仕掛けて「希美ちゃんもついていくんでしょ?お祝いも用意しといたよ」と希美が土下座した時のように、困惑する二人を見おろしてせせら笑うつもりだったんじゃないかな。野口にとって、順調に出世コースを歩む安藤は目の上のコブだったでしょうから。

るっちゃんの夫。男性 2015.2.24 (Tue) 00:45

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24* | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

イメージ

PAGE TOP