ファンメッセージ

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65* | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

みなさんありがとうございました

みなさんの投稿内容を読ませて頂いて新しい発見、同感、反感、
いろんな想いを抱きました。

もう若くない人間ですが今更ながら視野が広がった気がします。
ありがとうございました。

このドラマの男性たちの大切な人=(異性として)愛している人と
言えるけど、希美にとって大切な人はたくさんいますよね。
恋愛感情とは違うもの。
彼女の愛はやはり「究極の愛」の相手にずっと向けられていたのでしょう。

みなさんは納得のいく答えを見つけられたでしょうか?

DVD&Blu-rayの特典映像の内容が決まりましたね。
届く日を楽しみにしています。

また素敵なドラマにめぐり合いたいですね!

Rui女性 2015.1.29 (Thu) 17:29

原作との比較 続き

私は何度見ても、四阿での会話で放火犯は成瀬ではないかもと希美は勘付いているように見えたし、西崎にどんな罪か聞かれ「それは言えない」と答えた表情も自信なさげに見えるんです。それに伴い昔のままの欲の無い成瀬に安心し、一緒に居られる喜びに戸惑っているように見えます。同時に安藤には違う種類の恋心も見え隠れして…。
原作では、希美が成瀬に奈央子救出作戦に半ば強引に参加させる時の台詞で「あの日の成瀬君にもう一度会って、今度は一緒に居たい」が出てきます。これは2人の気持ちのすれ違いの象徴の様な台詞に感じます。
だからドラマでは和えて安藤に言わせたんじゃないかと。
事件から10年後の再会時、成瀬の「上には行けた?」、島に帰ると言った成瀬に「成瀬君らしいね」と言った希美、原作では絶対に出てこない台詞だと思いました。
原作はそれぞれの気持ちの食い違いから成る悲劇を描いていると思うんですが、ドラマではそのすれ違いを極力無くしてあると思います。
原作では安藤は希美の闇を何一つ知りませんが、ドラマでは西崎からほんの一部分聞く事が出来る。何より、母親が自分の過ちを悔い改め謝罪する場面が盛り込まれていた事に、登場人物への愛情(?)を感じました。
個人的観点なので、間違ってるかもわかりません。まだまだ思いは書ききれないんですが…。

A女性 2015.1.29 (Thu) 17:09

成瀬くん

成瀬くん大人気ですね(^-^)
私と同じで成瀬くんにはまってる人が沢山いるんだーと思うととってもうれしく感じます(^-^)

勉強の合間に成瀬くんを見てはパワーをもらってます(^-^)成瀬くんの全てのシーンが見逃せないし成瀬くんの悲しい顔見たら私まで悲しくなる(笑)

成瀬くん本当にファンです(^-^)

ちろり (17)女性 2015.1.29 (Thu) 17:01

ドラマと原作との比較

原作とドラマは描くテーマから根本的に違うと感じます。あらすじや題材はそのままに、島編を加えた事で希美と成瀬の15年の純愛ストーリーに変えたんだなと。
原作では最後迄、希美は成瀬を火を付けてくれた王子様と思ったままだし、成瀬はシャーペン4回を理解出来ず「大好き」だったと思いたいと言ってます。それは私には悲しい位滑稽に映りました。
ドラマではちゃんと「助けて」は伝わっています。
原作と最も違うのは2人がお互いの人間性を理解し合っている事だと思います。ドラマでは4年後の再会で、希美は成瀬が上昇思考が無く地道に生きる事を望んでいるのに気付き、上に行くと思っていた自分がそんな成瀬と一緒に居たいと感じた事に驚いたんじゃないかと。
希美の中で一緒に居たいという感情は愛ではないと思うから。何故なら希美自身、母親の「ママの側にいて、離れんで」に心底苦しめられたから。この点は原作と重なるんですが、希美の愛は「自由に行きたい所に行かせてあげる事」という考えだったと思います。かつて成瀬に奨学金の申請書を渡したのもそんな気持ちからした事ではないかと。その観点で見ると希美が愛していたのは安藤、とも思えますがドラマではまた違った気がします。
私は何度見ても、四阿での会話で放火犯は成瀬ではないかもと希美は勘付いているように見えたし、西崎にどんな罪か聞かれ「それは言えない」と答えた表情も自信なさげに見えるんです。それに伴い昔のままの欲の無い成瀬に安心し、一緒に居られる喜びに戸惑っているように見えます。同時に安藤には違う種類の恋心も見え隠れして…。
続きます。

A女性 2015.1.29 (Thu) 16:55

DVD

特典内容が決まりましたね!
スポット集やインタビューがたくさん入ってて嬉しいです!

ブルーレイを予約済みです(*^^*)

あ〜待ち遠しい・・・!!

ねこみみ (40)女性 2015.1.29 (Thu) 15:18

Nが1番好きです。

Nのためには、ドラマの中で最も好きな作品です。
番組終了から大分経ちますが、今でも繰返し拝見させて頂いてます。

ストーリーもキャストも演出も好きですし、生きるエネルギーを貰えるので、今後も観続けると思います。

中でも特に目が離せなかったのは成瀬くん、窪田正孝さんでした。

島を出るまで、泣きながら卵焼きを食べるまで、事件の日まで、島に戻るまで。

その時々で移り変わる話し方や歩き方、そして何より「目!」を通して、成瀬くんが重ねてきた苦労、また成長がとてもリアルに伝わりました。

ただそのなかにも「成瀬くんのまんま」な仕草や笑顔が垣間見え、ほっとしたり。完全に好きになってしまいました。(笑)

この作品を観られて幸せです。ありがとうございました。

E (22)女性 2015.1.29 (Thu) 12:57

成瀬くん(^-^)

成瀬くんの言葉が頭ん中から離れません。
成瀬くんが窪田さんで本当に良かったって思います。

島を出る時のガンバレー!!あんな思いの詰まったガンバレー聞いたことありません。
何回も何回も見ては涙してます。

個人的に好きなのは、後日、高校生時代の奨学金の流れのカチカチがバカヤロウでなく、ヨカッタネってわかった時の成瀬くんのはにかんだ&ほっとした笑顔が忘れられません。
成瀬くんの言う言葉には、派手さはないけど深い愛が感じられて本当に心に深く入ります。
DVDも絶対に買います。
スタッフの皆様いつも本当にお疲れ様で御座います。
どうか御体ご自愛下さい。
勝手なお願いですがこのメッセージコーナはまだ残して頂きますようお願いします。

しず (44) 2015.1.29 (Thu) 10:10

窪田さん

私も一言だけ言いたい。。。
成瀬くんが窪田さんで良かった。。。
本当に私の中でこの作品が宝物なんです。。。
窪田さんこれからも応援してます。

千鳥 (27)女性 2015.1.29 (Thu) 00:41

成瀬くんが好きすぎる

成瀬くんって本当にあたたかい人だ。
成瀬くんのさりげない優しさが大好きで画面の向こうの成瀬くんに恋していました(笑)
お陰で、今日主人から、なんか最近楽しそうやね!と言われました。
昼間にNのためにをリピートするのが生き甲斐になってます。成瀬くん大好きと言いたくて、初投稿致しました。

やなほ (35)女性 2015.1.29 (Thu) 00:24

榮倉奈々さん、最高でした。ありがとうございました

元々、ここの枠のドラマが好きで、母と毎回楽しみながら観ていました。
今回は私の大ファンの榮倉奈々さんが主演ということで、放送前からワクワクして放送一週間前から録画予約も完璧に、準備しておりました。

いざ始まってみると、期待以上のドラマでした。残酷でありながら綺麗で、他のみなさんが言っているように滅多に出会えることの出来ない、今後もTBSの宝になるのではという素晴らしいドラマでした。
キャストも、他に代わりがいないという位ピッタリでメインキャスト皆さんのファンになってしまいました。特に榮倉奈々さんは迫真の演技で、高校生役も大人役も、違和感がなくて、流石という他ありませんでした。
重く切ないテーマながら、早く来週が来ないかなと思えたのは素晴らしいドラマ構成はもちろんですが榮倉奈々さんの儚げで、太陽のような笑顔をみたいという理由も大きかったです。
榮倉奈々さんはドラマ撮影中も、公開の映画の番宣や試写会など、大変な中でも演技の質が全く落ちてなくて相変わらず綺麗で可愛くて女性の憧れの存在です。

本当に、素晴らしいドラマをありがとうございました。先日ドラマアカデミーにも投票してきました。結果はまだ分かりませんが、有名なドラマ批評家の方も、最優秀ドラマ賞にNのためにや最優秀主演女優賞に榮倉奈々さんを選んでいました。


あ、最後に……打ち上げの様子のレポお願いしたいです(>_<)笑

まゆ (18)女性 2015.1.28 (Wed) 23:34

Page No

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65* | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199

イメージ

PAGE TOP