ファンメッセージ|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
終了しました
ファンメッセージへの投稿は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました!!
 » 12.18〜1.29 » 12.9〜12.18 » 11.20〜12.9 » 11.6〜11.20 » 10.19〜11.6 » 9.17〜10.19
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192 |*93 | 949596979899100101102103104105106107108109110111112113
素敵な女性達!
本当にいい作品でした。綾野剛君の優しさ溢れる言葉に私も毎回癒されました。

そして、小松&下屋の女性コンビには毎回ほっこりさせられました。下屋先生の、強くあろうとする姿に心が揺さぶられ、ずっと応援してました。小松さんはまるで実在するかのように説得力があり…特に、出産最中の、妊婦さんへの声かけなんて本当にリアルで、羊さん、本当に赤ちゃん取り上げられるんじゃないかしらと思う位です。羊さんの努力と多くの演技経験による賜物ですよね〜ますます羊さんが、大好きになりました。
そして、ゲストの妊婦さんを演じた女優陣の熱演も良かったし、ベテラン助産師役の冨士さんと、乳児院の浅茅さんも素晴らしかったです。浅茅さんは、その目線からでさえ、サクラを愛して育てた想いが感じられたし、短い登場でしたが、彼女の生き様まで感じるようで…サクラとのシーンは号泣でした。助産師、医師、看護師、保育士…それぞれの女性達が素晴らしかったです!
ゆみどん様/女性(2015.12.19 11:31)
感動です
1話からずっと見ていて、いろいろと勉強、考えさせられました。
妊娠、出産の大変さ。
その現場で働く方々の大変さ。
そして赤ちゃんの生きる力。
もっともっと見たいと思いました。
続編やったらいいなーと思いました。

たくさんの感動をありがとうございました!
みゆき様/女性(2015.12.19 11:27)
命の大切さ
私は、小児科に勤めています。題材はリアルで、現場の叫びを忠実に描いてました。未成年の妊娠や、18トリソミ−の家族サポート、虐待ケア、出産時のトラブルなど、コウノトリ先生チームが一丸となって問題に立ち向かってゆく姿は、ほんとに感動しました!毎回涙が溢れて溢れて止まりません…生まれる命には全て理由がある・・・今の世の中だからこそ命の大切さを伝えて欲しいです!ほんとに良かった!続編切望☆☆☆
わか様/女性・43(2015.12.19 11:25)
確かに偏見はある
18トリソミーなど障がいに対する偏見が私の中にも。外見は特に。
でも不思議と、このドラマの森口さんのお子さん(ナオトくん?)は心から可愛いと思った。
お母さん役の女優さんの愛おしむ眼差しに感情移入したのだろうか。
前回の酒井美紀さんの頑張ったね、も熱くて重い涙が止まらなかった。
演技の力を心の奥底まで届けてもらったドラマでした。
どりお様/女性・41(2015.12.19 11:20)
コウノドリ
コウノドリ毎週見てました。終わるのが寂しいです。コウノドリを見て改めて命の大切さを知りました。自分も生まれてくるときに苦しい状態で、小児科の先生がすぐに来て助けてくれなかったら、今の自分はいなかったそうなので先生たちに感謝したいですし、せっかく助けてもらった命なので大切にしたいです。コウノドリの続編があったらすごく嬉しいです。
アライグマ様/女性・15(2015.12.19 11:16)
感動をありがとう
最終回も涙なしでは見れなかったです。お母さんの意識が戻ったときは、私もよっしゃー!でした。先生たちが一生懸命蘇生を試みてるときも、心のなかで意識よ戻ってこい!と祈っていました。そのくらいリアルで、こういう日常を産科の先生たちが送っていることを知って、自分が健康に産まれてきたこと、母と父と、私が産まれるときに関わってくれた先生たちに感謝の気持ちが溢れてきました。いろんなことを考えて、勉強になったドラマでした!今ある命はたくさんの奇跡のおかげなんですね!
ころん様/女性・32(2015.12.19 11:14)
ありがとうございました!
今日で妊娠7か月になる妊婦です。
最高に素敵なドラマをありがとうございました。ドラマはほとんど見ない私でしたが、コウノドリだけは毎週欠かさず見ていました。こんなに泣いたドラマは初めてです。早く続編が見たいです!

いろいろな出産、妊娠のかたちがあることを勉強させていただきました。
最終回の星野源さんの笑顔にはやられっぱなしでした!ずるいです。。

ホームページやインスタなどでもたくさんの写真やレポートなどがアップされていて、コウノドリの制作にかける熱量に私まで胸が熱くなりました。
スタッフの皆さん、演者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
漫画とDVDも買います!
もも様/女性(2015.12.19 11:14)
こんなに泣いたのは、久しぶりです。
6歳の男の子と、もうすぐ2歳になる男の子の2児の母親です。
私自身、妊娠出産で悪阻、出産時の大量出血、子供の疾患、子供の入院など色々な事を体験し、悩んだり、苦しんだりしました。
けれどコウノドリを見て、自分の問題は、なんて小さかったんだろうか、と衝撃を受けました。
ドラマでは、辛い思いをする方が沢山出て来ます。
でも、その辛さを受けて、私は幸せを噛み締める事が出来ました。
コウノドリを見て泣いた後、息子達が寝ているベッドに入ると、なんと暖かいことか。
日々の育児でストレスが無いといえば嘘になりますが、コウノドリはそれをも幸せの材料にしてくれる、素晴らしいドラマでした。
制作関係者様、出演者様、原作者様、本当にありがとう、そしてお疲れ様でした。
らゆ様/女性・34(2015.12.19 11:12)
素晴らしい作品でした
私は2年間の不妊治療を経てこの夏に出産しました。
赤ちゃんが欲しくて不妊治療をしたのに,いざ妊娠すると,健康に産まれてくるかということが気がかりで出生前診断を受けるべきか悩む日が続きました。ドラマと同じです。
私の場合,不妊治療をしていた病院を卒業する日,先生が示した出生予定日が亡くなった父と同じだったのです。父が天国から,どんな赤ちゃんであっても産みなさいとメッセージを送ってきている気がして,そこからは全く迷うことはなくなりました。
たとえ元気に産まれてきても,その後,大きな病気が見つかるかもしれない,事故に巻き込まれて体が不自由になるかもしれない,そうなった時に育てることをやめるのかといえばそういうことは絶対にありえない,お腹の中にいるのと外にいるのとの違いであり,「生きている」点では同じなんだから。
産婦人科の先生からは「あなたは42歳ですが,出生前診断についてどうお考えですか」と検診の時に聞かれました。きょとんとしていると「受けますか?」ということですと言い直しをされ,堂々と「受けません!」と返事をしました。

本当にすべての会が素晴らしい内容でした。続編,期待しています!
ところくん様/女性・42(2015.12.19 11:11)
涙涙でした。
1話からかかすことなく拝見しました。「生まれる」そのことの奇跡をあらためて思いだしました。思春期のわが子も分娩時の苦しみからママがにっこり我が子を見る姿に感動していました。
また、14才カップルは年齢が近かったのもあり 親としても、学校でも伝えることの難しい内容を 的確に表現され みいっていました。サクラ先生の男子学生への「なにもできないから…」のセリフ。世の中みなが考えるセリフでした。本当に素晴らしい原作を越えたかのような力作。ありがとうございました。
マミー様/女性(2015.12.19 11:07)

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.