2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

掲示板

Page No : (最新#04123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142 |*43*| 44454647484950515253

いついつまでも心に残るドラマでした。

バンザイ軒の小柳さんは(片山さん)は日野さんとともに福井のご出身で、方言指導もなさっていたとか・・・
とにもかくにも、すべてのスタッフさん・キャストさんの愛・真心の賜物ですね。
本当にお疲れ様でした!
そして・・・
ありがとうございました。

青い空 () 女性 2015.7.14 (火) 10:24:07

大変楽しめました!!

キャストもよく、森下さんのシナリオがよかったです。

宇佐美(小林薫)の最後のセリフ!!天皇は味噌のようなもの〜この言葉〜サイコーです。

マチャアキバージョンを知らないので、どっぷりはまれました!

お疲れ様でした!

まおまお姫 (50) 女性 2015.7.14 (火) 10:03:33

感謝の気持ちを伝えたくて、お疲れ様でしたと伝えたくてこちらのサイトにお邪魔しました。気持ちが溢れすぎて言葉に文に出来ません。愛を勇気を希望を家族、師、仲間達との絆を他にも書ききれないほどの沢山の事を思い出させていただき学ばせていただきました。
佐藤健さん、あなたが篤蔵さんで本当に良かった。妥協を許さない、努力を惜しまないあなただからなし得たのでしょう。
何色にも染まっていない、無色透明な稀な俳優さん、だからこそ何色にも染まる事が出来る、見るものを惹き付ける瞳。
これからのご活躍をお祈り申し上げます。

葉 () 女性 2015.7.14 (火) 09:55:37

最後の台詞が、「俊子」で うれしかったです。
家族でテレビの前に集まって、一つのドラマに興ずるという、懐かしくも楽しい思いをさせて頂きました。
篤蔵さんも俊子さんも、宇佐美さん、辰吉さんも新太郎さんも、お梅さんも みんなみんなお名残り惜しいです。
他のドラマでお見かけしたら、何をやってらしても、ほっこりしそう。

ドラマの好きな昭和娘 () 女性 2015.7.14 (火) 09:41:49

 素晴らしい時間をありがとうございました。
本当に愛がいっぱいのドラマで、温かい涙が止まりませんでした。最終回が終わっても、まだ心の中に清々しい余韻が残っています。私は、篤蔵の真っすぐなところが大好きでした。そして、佐藤健さんの熱意溢れる演技には感動しっぱなしでした。これからもずっと応援しています。

いそ太郎 (38) 女性 2015.7.14 (火) 09:41:33

二度目の投稿です。

戦後70年、今の日本の置かれている状況を考えさせられる、最終回でした。戦後の状況を知っている人が段々少なくなる中、敗戦後の日本の状況を再認識するために、いいドラマになったと思います。

それと日本の女性の慎ましさ、謙虚さ、家族のために全てを捧げる姿に改めて考えさせられました。

黒木 華さんの美しい佇まい、所作、ことば使い...自然にあれだけ出来る25歳は少ないと思います。家庭での教育がしっかりされていたのでしょうね。

佐藤 健さんもきっと今まで共演された女優さんと違う、ふと惹きつけられる物を、人間として感じられ、涙が自然に溢れたのかなと思います。

お似合いのお二人でした。

老年の私はこんな時代もあったという事を若い人たちにも共感させられたドラマに改めて感謝しています。

団塊世代のおばさん (65) 女性 2015.7.14 (火) 09:35:01

Im so sad this dorama end coz i love it a lot. This dorama showed me how to love our country, our family and sincere heart.
That's so funny at the first episode but at the 2 last i'm cried a river
Tokuzo san showed me how to see the life with different side from mine, live the life up and catch our dreams and make it real

Andriamin (31) 女性 2015.7.14 (火) 08:03:18

「天皇の料理番」とうとう終わってしまいましたね…第1話から毎週毎週、篤蔵さん(佐藤健さん)に会えるのを楽しみにときめきながら観ていました!!
最終回は天皇の料理番とはこう言う事なのだと改めて知る素晴らしい終わり方でした。
『陛下の料理番とはただ言われるままにめし作ってるだけか!』と師匠宇佐美の一言で、「食べ物は魂を食らう」と精一杯の真心から、徹底した料理外交で陛下をお救いし日本をも救ったと言う、素晴らしいドラマでした!
本当に大切なものは何かをこのドラマで教わりました!こんな、真心のこもった素敵なドラマを制作された方々、主演の佐藤健さん、黒木華さん、その他共演者の方々、熱演本当にお疲れ様でした!また、感動を有難うございました

じゅんさん (33) 女性 2015.7.14 (火) 08:01:22

佐藤健さん、他の出演者、スタッフの方々、撮影お疲れさまでした。仕事でオンエアでは拝見出来ませんでしたが、家族で楽しめる作品でした。家族の大切さ、友人等の支えがあることで、夢を叶え、困難に立ち向かう姿が印象的でした。お兄やんや俊子さんが亡くなるシーンでは、何とも辛すぎる展開で、言葉になりません。現実あったことを題材にされているため、
特に、力を入れて拝見した作品です。
最終回で池に落とされ、どうなるかと心配しましたが、俊子さんの鈴のお陰で天皇の料理番としての役割以上の働きができ、家族愛は大切だと改めて、考えさせられました。

くた (42) 女性 2015.7.14 (火) 07:41:34

最終話は、日本人として「黄色い猿 or JAP」として、原点として、見据える事だと思います。西欧人にとって猿真似の国としか写らなかった時代があった。ただ今は、追い越しています。そして、一番米国兵士を苦しめた戦争を仕掛けたのは日本だったこと。
ドラマでは、「万歳突撃」シーンは、米兵彼の「トラウマ」それほど勇敢な日本兵は恐怖だつた。ドラマで、ダック(鴨)を演じるシーン。卑屈でした。弁の立つ英国紳士的「白州次郎」なら何と言うだろうか。なんとなく、その場を癇癪ではなく「ジョーク」で収めた。本心は、くやしいですね。本当は、凄みのある喧嘩屋なので、ねじ伏せるなんて簡単だったのでしょう。

Bullet man=弾丸男 (68) 男性 2015.7.14 (火) 07:23:20

  • 新しい投稿へ
  • 過去の投稿へ

Page No : (最新)  123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142 |*43*| 44454647484950515253

バックナンバー


↑このページの一番上へ