〜10人の脚本家と10組の名優が贈る、10の物語〜

2014年7月13日スタート日曜よる9時

ファンメッセージ

Page No : (最新#01123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142 |*43*| 4445464748

昔にTBS系列で放送されていた「泣きたい夜もある」的な
1話完結の今のドラマには無い泣けるヒューマンドラマを
想像して今から楽しみにしておおります。

ナナ (49) 女性 2014.7.10 (木) 19:17:04

page top ▲

私は東出さんのファンでもっとTVでみたいと思っていたところ大スターとの共演楽しみにしてます。まじめで謙虚さのところが大好きです。また声もうっとりです。TBSさんにお願い森下桂子さん脚本で連続ドラマの企画お願いします。
勿論主演東出昌大さんです。

ルミ (47) 女性 2014.7.10 (木) 16:48:44

page top ▲

大泉洋さんが出演する回が楽しみです。
コメディ、バラエティのイメージが強い大泉さんですが、今回はどんな役を演じられるのか…真面目な役の方が見ごたえがあるので、今から楽しみにしてます。

にもちゃ (37) 女性 2014.7.10 (木) 15:37:54

page top ▲

[おやじの背中」楽しみです。田村さんと松さんの共演は、以前、見たドラマを思い出して、うれしくなりました。1回だけの放送では、寂しいので、違うドラマでの共演、期待します。

ゆき () 女性 2014.7.10 (木) 15:06:28

page top ▲

すごい脚本家さんたちが勢揃いするこのドラマ、とても楽しみです!岡田惠和さん、木皿泉さん、山田太一さんが生み出すセリフを聞き逃さないよう、字幕を付けて観たいとと思います!

りょう (33) 男性 2014.7.9 (水) 21:22:55

page top ▲

同じテーマでキャストと脚本家が毎回違う?!

ドラマが大好きな私は興味津々!!

しかも、1話目は岡田さんの脚本で田村さんと大好きな松さんが共演♪♪♪
どんな優しい作品になるんだろう。
今からとっても楽しみです!!!

続いて2話目は、坂元さんの脚本で役所さんと満島さんが共演!!
こちらもどんな化学反応が起こるのかすごく楽しみです!!

3話目以降もそうそうたるメンバーで興味は尽きません!!

キャストやスタッフのみなさん、毎回楽しみにしています!!!

NATS (35) 女性 2014.7.9 (水) 20:11:06

page top ▲

朝ドラ、ごちそうさんで東出昌大さんと言う若い俳優さんに出会い、興味が湧き、この年でクローズも観に行って来ました。今度はTBSでドラマに出ると言う話を聞き将棋仲間達と、楽しみにしていますよ。あまりテレビに出ないなあと思っていたから驚きです。もっと出てほしいです。
伝えて下さい。

銀二 (73) 男性 2014.7.9 (水) 16:00:17

page top ▲

TVドラマでは久々の渡辺謙さん…楽しみですが欲を言いますと連ドラで10回見たかったです。オンエアを心待ちにしています。
東出さんとの夢の共演TBS天晴れです~~

レナレナ (41) 女性 2014.7.9 (水) 06:56:48

page top ▲

きゃー!!!
木皿さんのドラマがーーー!!!

脚本家ごとのドラマと知って
久々におもしろそうだなーと覗きにきたら木皿さんの名前が・・・
もう大好きなんです
一番好きなのが「すいか」(違う局ですみません)
放送する時代が早すぎました

あー久々にどれだけ心に沁みる言霊が聞けるのか今から楽しみにしています^^

tsuki () 女性 2014.7.8 (火) 19:34:55

page top ▲

日曜劇場の予告観ました。本当なんですね!渡辺謙さん、東出昌大さんの競演は
夢のようです!東出さんはごちそうさんからの大フアンです。民放に出るのも初めてですよね?それも一話限りなんですね?
もっと東出さんをみたいです!又、こんな企画を考えて下さい。TBSさん
でも、嬉しい!楽しみで〜す!

マルモ (23) 女性 2014.7.8 (火) 16:41:42

page top ▲

  • 次の投稿へ
  • 前の投稿へ

Page No : (最新)  123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142 |*43*| 4445464748


日曜劇場『おやじの背中』公式SNS

(外部のサイトへ移動します。)

公式Twitter

TBSオンデマンド


このページの一番上へ