コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 日曜劇場『特上カバチ!!』

特上新鮮ネタ便り

vol.39 「 集中力 」 2010年3月14日 (日)

(photo)

田村が警察から出てこられてホッとする2人。心配していたのが表情からも分かりますね。

(photo)

1話以来、久しぶりに登場した重さんのバイク。それだけ大バカ息子を心配していたのです。

田村が辞表提出!? 」とこの一週間、
色んな思いを巡らせていた方も多かったと思いますが、
結果的には、無事大野行政書士事務所に戻ることが出来て、ホッと一息ですね。
しかし、今回はハッピーエンドというわけにはいかず、
田村の父であり、「あいつがついたら、どんな悪人もすぐに出てくる」という凄腕弁護士・鷲塚の登場で気になる終わり方となってしまいました。
田村vs鷲塚の直接対決となる第10話は、最終回にふさわしいお話になっていますので
お楽しみにッ!!

9話では、印象的なシーンがいくつかありましたが、
その中でも、美寿々、栄田、重森が留置場にいる田村を訪ねるシーンは、
撮影も印象的なものとなりました。

(photo)

田村の事が気になってしょうがなかった3人。ココにはいませんがその気持ちは大先生も同じハズ。

普段、大野事務所の面々が集まるときは、
大抵空き時間を利用してお話なさっているのですが、
この時ばかりは、みんなの輪を放れ、使っていないセットの片隅にちょこんと腰を下ろし、
泣きのお芝居に向けて集中していた櫻井くん。
下を向きながら台詞を何度も確認したり、時には一点を見つめていたりと
普段とは全く違う一面を見せてくれました。
一方、他の3人も、本番に向けて気持ちを高めている櫻井くんに応えるべく、
台詞や動きのチェックに余念がありません。
スタッフも、何度も何度も自主練を繰り返し、本番に備えます。
みんなで支えあって一つのシーンが出来る事を改めて実感した瞬間でした。
そして緊張の本番!!!
重森さんの大バカ息子に対する思い、そして田村の法律家として生きていく覚悟など
様々な思いが交差し、素晴らしいシーンになりました。
この時モニターを見ていたスタッフの1人が
重森さんの台詞や表情を見ていると、気持ちが伝わってきて泣きそうになる
とポツリと言ったのですが
まさにその通りで、この3ヶ月間、重さんがどんな気持ちで田村を見守ってきたのかが
手に取るように分かるシーンでしたよね。

(photo)

目の前に現れた田村を怒鳴りながらも気持ちが抑えきれない表情の重森さん。

重さんの思いは、6話でも垣間見る事が出来ましたが、今回も感動を与えてくれました。
無事に一度の本番でOKとなり、
感慨深い&清々しい表情でスタジオを後にするかと思われたのですが…
この番組らしく、見事なオチが付きました。
モニターチェック中に気づいてしまったらしいのですが、
重さんの台詞がちょっぴり“おもしろかった”というのです。どこの部分かと申しますと
お前、何で泣くほど悔しいんだ?教えてやろう…お前は骨の髄まで法律家なんだよ
の部分。ココが、「 “ノリ突っ込み”みたいだった」というのです(笑)。
台詞を発した遠藤さんも、その場では泣いていた櫻井くんも大笑い。
ほんとだ〜。ノリ突っ込みだ」とみんなで笑いながら戻ってくる姿を見て
キャストの仲の良さを実感したwebスタッフでした。

次回3月21日(日)は、ついに最終回!!!
多重債務にあえぐ依頼者を苦しめる弁護士軍団と直接対決です!!
田村の父・鷲塚勝一郎役に竜雷太さん
超優秀な弁護士・犬神誠一役に坂口憲二さん
多重債務にあえぐ居酒屋店主・水野健司役に中村靖日さんが登場します。

(photo)

ついに、田村の父が登場!!果たしてどんな人物なのでしょうか!?

(photo)

今回も大家さんの紹介で依頼人がやってきました(笑)。

田村vs鷲塚は見ごたえあるシーンとなっておりますので、お楽しみに♪
そして、気になる田村と美寿々の関係は!?
もうお互いの気持ちはなんとなく見え始めてきましたが…
はっきりするのかどうかも含め、来週を楽しみにお待ち下さい!!

page top ↑

次回更新もお楽しみに!

バックナンバー