コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 日曜劇場『特上カバチ!!』

特上新鮮ネタ便り

vol.07 「 制作発表 〜ご挨拶編〜 」 2010年1月6日 (水)

2010年1月6日(水)、日曜劇場「特上カバチ!!」の制作発表が行われました。
超豪華な特上出演者&特上スタッフが登場し、
終始笑いに包まれながらの会見となりました。
ドラマに対する熱い意気込みを語って下さいましたので、ご覧下さい。
(※今回はご挨拶編のみのご紹介ですが、質疑応答編も後日ご紹介します)

ご挨拶
プロデューサー 今井夏木
このドラマは、行政書士たちが、ある時は法テクを駆使し、ある時は人情を織り交ぜながら、身近なトラブルを鮮やかに解決していくヒューマンドラマです。笑いあり、涙あり、感動間違いなし!だと自負しております。今回は、せっかくの“特上”カバチなので、今までドラマでは試みた事がないような、“特上”なポイントをいくつかご用意させて頂いています。例えば、法律用語がたくさん出てきますので、それを分かりやすくデコテロップというビジュアルを使って表現したり、放送中にプレゼントクイズを出して、番組の最後に出演者の誰かから電話が直接掛かってくるという試みをしたり、リアルタイムの放送だけでしか見られない音楽や映像を使い、DVDや再放送では決して見られないスペシャルバージョンでお送りしようと思っています。そんな“特上”なモノをたくさんご用意し、やる気満々で皆さんと一緒に頑張らせて頂いておりますので、よろしくお願いします。

演出 加藤新
この面々でクランクインをしたのが11月初旬で、かれこれ2ヶ月以上が経ちますが、メリハリのあるお芝居を頂いているなと思っています。番組内でデコテロップ等を使っておりますが、基本的にはお芝居あってのデコテロップだと思っています。櫻井くんは「ゆとり」と呼ばれるようなキャラクターでして、“いじめられ顔”をやらせたら世界一なのではないかと思うようなお芝居を頂いております。そんないじめ甲斐のある櫻井君を、真希ちゃんがいいお芝居でどんどん苛めていくのですが、彼女が演じる美寿々は、可愛いと思った次のシーンではカッコイイと思ったり、カッコイイと思ったら次のシーンでは可愛いと思ったり、22歳でこういう役が出来るのは堀北真希ちゃんだけではないかなと思っております。現場では若い2人を支えるように、ベテランの方々が肩の力を抜いたコメディのお芝居からシリアスなお芝居まで色々やって下さっていますので、片ひじ張らずに、日曜日を楽しく終わらせられるような作品になっていると思います。ご期待下さい!

脚本 西荻弓絵
これだけ長く生きていますと、法律家の方々にお世話になる事もありまして、田村のような素晴らしい心を持った人がいればよかったのに…という悲しい思いをしながら、非常に興味を持って書き進めさせて頂いております。とても素晴らしいキャストの方々に演じて頂いて、素晴らしい作品が出来ると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

田村勝弘役 櫻井翔
田村役をやらせて頂いております、“いじめられ顔”の櫻井です(笑)。2010年最初のお仕事に、特上のキャスト、特上の脚本、特上のスタッフの皆さんに囲まれて、特上な毎日を送っております。よく「難しい事や面倒な事を考えずに気楽に肩の力を抜いていこうよ」と言いますが、田村は「それはちょっと違うんじゃないか?難しい事に正面から取り組んで、面倒くさいことに一つ一つ向き合っていく」という人ですので、そういう部分に魅力を感じて頂ければと思います。寒い冬を熱くする作品だと思いますので、よろしくお願いします。

住吉美寿々役 堀北真希
今回、初めてバリバリのキャリアウーマン役に挑戦させて頂きます。台詞も難しい法律用語がたくさんあって、覚えるのが大変だったり、うまく言えなかったりして苦戦しておりますが、ビシッとカッコイイ美寿々を出していけたらなと思います。それから、美寿々の勝気で、派手で、小悪魔みたいなキャラクターという部分は、普段の私とはちょっと違うので、私自身もどんな新しい自分が見られるのか楽しみにしております。また、ベテランの俳優さん方とお仕事をさせて頂けるという事で、3ヶ月間一生懸命勉強したいと思います。よろしくお願いします。

(photo)

本日もカッコイイ衣装でバシッと決まっていました!

重森寛治役 遠藤憲一
自分の役は、とにかく常に怒っています。なぜか田村役の翔くんに怒り続けていて、ただでさえ顔が怖いのに、よく自分の顔を見ながら耐えてくれているなぁと思っています(笑)。たまに難しい台詞もあって、専門用語が苦手なので、いっぱいいっぱいになりながら覚えてるんですけど、翔くんや真希ちゃんは大量の難しい台詞をいつもこなしていてすごいなぁと思っています。更に、この前偶然音楽番組を見ていたら、嵐が出てきて、翔くんが歌いだしたと思ったら、急にラップでペラペラペラペラ難しい言葉をね…
(と、ここで櫻井くんが「何度も言いますけど、急にラップを言ってるわけじゃないですよ(笑)。CDでも入ってますから(笑)。」と反論していました。)
いやいや、とにかく常に驚かされています。役では怒っていますけど、心の中ではいつも崇拝してます!

(photo)

劇中では怒った顔が多いですが、笑顔が素敵ですよね

柿崎松郎役 渡辺いっけい
僕のシーンは、見て頂くと分かると思いますが、箸休めです(笑)。これね、侮ってはいけないんです。箸休めって大事なんですよ!演出の加藤くんから、とにかくスピード感を意識して演じてくれという注文がくるので、結構大変です。特上スピード感でやっています。とにかく、今まで見たことのない感じのドラマになっていると思っています。ドラマの根底に流れているものがエンターテイメントだなとすごく感じていて、演じている役者さんの魅力でそうなっていると思うんですけど、人の不幸はとっても楽しいという面と、見ている人が笑いながら、でもホロッとなるような、色んな要素が詰まったドラマになっていると思います。よろしくお願いします。

(photo)

ちょっぴり鼻声だったいっけいさんは、お正月に食べたお餅が鼻に入ってしまったとおちゃめな表現をしていました(笑)。

柿崎晴子役 田丸麻紀
田村くんが住んでいるアパートの大家さんという役どころなんですが、いつも何かと田村くんに迷惑をかけて、走り回って暴れている晴子さんでを演じている時間は楽しいのですが、ただ、本当に疲れます(笑)。でも、特上に楽しく、特上に新しいことがたくさん詰まったドラマなので、その中でいい箸休めになるように、2010年最初から頑張りたいと思います。あと、関西弁を使った38歳の役ということで、自分にとっても新しい試みですし、とてもワクワク嬉しい気持ちで演じています。よろしくお願いします。

(photo)

田丸さんの新たな一面、楽しみですよね

検備沢京子役 浅野ゆう子
新年、第一弾のお仕事を櫻井翔さんとご一緒させて頂けるというお話を頂いたときに、「今度こそ翔くんのお母さん役だ!!」と思ってワクワクしていたのですが、飛ぶ鳥落とす勢いの特上な櫻井翔さんをいじめてもいい役というお話で、いじめなら得意分野ですので非常に楽しい気持ちで参りました。さらに、可愛い可愛い堀北真希ちゃんの事もいじめさせて頂けるということで、非常にワクワクしています。でも、濃いキャラの人があまりにも多すぎて、顔でいくら怖い顔をしてもとても太刀打ちできず、どのようないじめの方法をとればいいのかという事をテーマに今回はやらせて頂いています。先日、他局のプロデューサーの方に「今回、特上カバチに出させて頂いている」というお話をしたら、「アレはねぇ、絶対当たるよねぇ!」と皆さんおっしゃるんです。そんな素晴らしい特上の番組に出させていただけて幸せです。よろしくお願いします!

(photo)

ピンクの衣装がとっても可愛らしく、お似合いでした!

栄田千春役 高橋克実
あけましておめでとうございます!!今、愛ちゃん(司会のTBSアナウンサー)から「髪型がいつもと違う」とご紹介頂きましたが、今回、役のために髪を伸ばしました!!(笑)。今回は、遠藤憲一さんと同じような役割なんですけども、現場ではずっと櫻井翔ちゃんを怒鳴ったりしています。西荻さんの本が結構過激で、僕のところには「受話器で殴る」とか「○○で殴る」とか、翔ちゃんを殴るト書きが書いてあるんですけど、そんな事をしたら、嵐のファンからどんな目に遭うかと…、そういうこともありまして、保身のために考えた結果、いいのが見つかって、あるモノで叩くことになっています。それは見てのお楽しみにして頂きたいのですが、これがいい音するんですよ〜。そしてわりと笑いに繋がるんですね。嵐ファンの皆様に申し上げますけども、これはあくまでも芝居でやっていますので、お願いしますね(笑)。そんな訳で、私と遠藤さんは現場に来ると必ず怒鳴っています。その2人を怒鳴るのが雅俊さん演じる大(ダイ)先生なんですが、私達の世代、私と遠藤さんは見えないと思いますが同じ年齢でして、この2人が大先生に怒鳴られると、ジーンと来てしまうんですね。あの青春時代を彷彿とさせる怒鳴りで、「総理〜!!」と言いたくなってしまうような、そんな楽しい現場です。皆様、1月17日、是非お楽しみに!!

(photo)

色んな話題で、会場にたくさんの笑いを提供して下さいました

大野勇役 中村雅俊
今回、非常に現場が楽しくて、現場に来るのが久しぶりに楽しいです。隣にいる2人(高橋さんと遠藤さん)が怒鳴ってばかりいて、俺はそれに輪をかけて怒鳴るのですが、2人の声はでかいし、キーも高いし、その上をゆく怒鳴りが必要なので、大変な苦労をしています。でも、怒鳴ったりする芝居も久しぶりなので楽しいですね。ただ、それ以上に楽しいのは、今回ちょっとスケベな役でして、久しく演じてないものですから「久しぶりだなぁ」と、どうしても度が過ぎてしまっています(笑)。やっぱり自分はこういう役が合っているな、そういえば昔、結構スケベのホームラン王みたいな役をやっていたなという事を思い出しつつ、今回の役を楽しませて頂いております。11月にあった顔合わせでこのメンバーを見た時「あっ、これはイケるな!」とすごく実感しましたが、たぶんこの直感は当たっていると思います。楽しみにしていて下さい。

(photo)

終始笑顔で皆さんのコメントを聞いてらっしゃいました

page top ↑

次回更新もお楽しみに!

バックナンバー