土曜の夜と、たけしと僕

第24回 2013年10月15日

「6年目突入!」

2008年10月に始まった「情報7daysニュースキャスター」も
丸まる5年を越え6年目に突入しました。

生放送でビートたけしというキャスティングに期待と不安を感じた人も多かったと思いますが(とんでもない事を言いそうで・・・)
なんとか無事にここまで来ました。

先日殿に「すごいですね。ニュースキャスター6年目ですよ」というと
「バカヤロー!TVタックルは25年だ!」と何に対しての負けず嫌いなのか
さっぱり分からない一言を頂きました。

なぜか肩書きが「フリージャーナリスト」の殿
「休みもフリーでいいだろ」などど申してましたが、なんとここまで
映画の撮影と他局での同時間帯の番組出演以外は皆勤なのです。
(映画の時はVTRでの出演でした)

これは奇跡としかいいようがありません。
「オレたちひょうきん族」では「オバケが出たから休む」という
テレビ史上に残る名言を放った男です。

そんな殿がこの番組では皆勤賞。
生放送2日前の番組打ち合わせにも必ず参加している程この番組へ力を注いでいるのです。

例えば「世界○みえ」の場合。
「朝起きて車に乗せられてテレビ局に着くと楽屋に被り物が用意されていて
それを被って収録して気づいたら家にいるんだよ」と言っていました。

例えば「アンビ○バボー」の場合。
これは殿がストーリーテラーとして出演している番組ですが、
殿曰く「7本撮りでVも見ないでカンペ見て喋ってるだけ」

以前番組の中で殿
「果たして、ジェームスさんの運命はどうなってしまうんでしょうか?」
というセリフがありました。
それを撮った後の殿の一言
「どうだっていいよ」
ジェームスさんにはビタ一文興味がなかったようです。
(語弊があるかもしれませんがもちろん他の番組でも一生懸命やってます)

番組が始まって5年。
一応これ報道番組です。それまではお天気お姉さんをいじったり、毒を吐かせるような番組はありませんでした。
(あるはずもないですが)
二十歳そこそこの女の子に
「このバカ!」とか「エロジジイ!」とか言われてるフリージャーナリストは殿以外にいません。
松本さん、玉木さんも「ちょっとは遠慮しろ」ってくらいに思いっきり毒を
吐きます。
(たまに「たけしに失礼だろ」というクレームが来るそうです)
これからも報道番組を保ちつつくだらなくして行きたいものです。

写真

北野さんのライフワークともいえる事情通より

2013.10.15   〆さばアタル

バックナンバー

〆さばアタル・プロフィール

生年月日:1968年11月4日
出身地:香川県
1989年にビートたけしに弟子入り漫才師として「ダウソタウソ」「ウッチャソナソチャソ」「ダッチョ倶楽部」など師匠につけられたパチモノのコンビ名で活動。現在は「情報7daysニュースキャスター」などで自称ブレーンを務める。

アル北郷・プロフィール

生年月日:1971年8月26日
出身地:東京都
96年、ビートたけしに弟子入り。
08年、映画「アキレスと亀」にて東京スポーツ映画大賞新人賞受賞。
現在TBS系「情報7daysニュースキャスター」ブレーン。「週刊アサヒ芸能」にて「決して、声に出して読めない たけし 金言集」好評連鎖中

 

PAGETOP