2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

撮影日誌

2015年7月3日 (金)

必死な一太郎くん

関東大震災のあと、宮内省が平川門を開放して避難民を受け入れたのは史実と山田先生の時代番でも教えていただきました。
その皇居構内で避難しているシーンの撮影はほぼ一日がかりで、
なんと100人以上のエキストラさんにご協力いただいて無事に撮影を終えることが出来ました。

いつもはスタンバイ中も家族で仲良くいることが多い篤蔵一家
家族に会えないもどかしさを現すためか、今回はお父さん一人でコッソリと集中している姿を見かけました。
直前までお父さんとケンカ別れをしたままの一太郎くんなので、
このまま会えないかもという不安のなか、運命的に再会したシーンは、撮影現場で直接見ても画面を通してみても、胸も目頭も…熱くなる瞬間でしたよね?
必死な一太郎くんが発した渾身の「 お湯ください! 」の一言は、演じている藤本飛龍くん自身も全力で健さんにぶつかるあまり、お父さんの途中のセリフをすっ飛ばしつつの「 お湯ください! 」だったのですが、
全身全霊の必死な表情にカットをかけることが出来ず、監督からは「 一太郎いいね!全力投球ぶりがでてるよ! 」と言われてちょっと恥ずかしそうに笑う一太郎くんでした^^

  • 過去の記事へ
  • 新しい記事へ

↑このページの一番上へ