2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

撮影日誌

2015年6月21日 (日)

最愛の人との再会と別れ

第九話はいかがでしたか?

大膳寮で働き始めた篤蔵さんの初めての大仕事
御即位の礼の大饗…この大饗については、
山田先生のコーナー脇先生によるレシピコーナーのコラムでお話いただいているので、
放送後もコチラでお楽しみくださいね。

ついに来てしまった最愛の兄やんとの別れ
人は会わないうちに会えんようになるんやの
最後の川の前でつぶやいた篤蔵さんの一言
最愛の人との再会と別れ
新たな生活…
今までの一つの区切りになるような一話でした

バンザイ軒での思いがけない再会
約8年ぶりの再会、気まずくないわけがないですよね(苦笑)
近況をお互い報告しあうなかで、篤蔵さん本人もさすがに薄々気付くまるで8年前の自分のごとき俊子さんの行動
監督からも「 ちょっと見に覚えがあるよね、篤蔵(笑)」とツッコミが。
ちょっと気まずさが残る篤蔵さんを置いて、生きがいを見つけた俊子さんの輝いていること^^
突然、バッと立ち上がるところは「 俊子の決意を込めて勢いよく立ち上がって、開放されたように 」と監督、篤蔵さん、俊子さん…こちらも久々に再会した3人でつくりあげていったシーンでした。

今まではどこか悲しい影があった俊子さんが、強く、たくましく感じましたよね。

俊子さんと篤蔵さん、今後の2人の関係がどうなっていくのか。
こちらも見逃せなくなってきました…

  • 過去の記事へ
  • 新しい記事へ

↑このページの一番上へ