2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

撮影日誌

2015年5月12日 (火)

篤蔵、ふるまう

三話では、俊子さん宇佐美さんに料理を初めて振舞うことになった篤蔵さん

料理シーンも、素敵ですが、
ここでも切なさを感じさせたのは俊子さんの表情
宇佐美さんに見込みがあるといわれて嬉しい反面…
「ここでは、不安よりも寂しさを感じて」と監督。

一方、篤蔵さんの料理シーンは、
宇佐美さんに好き嫌いを一生懸命聞く姿が可愛らしく、テンポもよくでコミカルでしたね。
しかし、料理をするシーンでは真剣そのもの。
篤蔵さんの初めてつくる料理ということもあり、
健さん自身の表情も心なしかいつもより緊張気味?
監修の先生と密に打ち合わせている姿が印象的でした。

「篤蔵が緊張するのは当たり前。
でも、“認めてもらうんだ!”という自信の表情も出てたらいいよね」

と、話合いながら進められていった撮影。
さらに、去年の夏から料理の練習をしているので、手元が慣れた感じが出ないよう、
上手すぎてもダメ…慣れていなさすぎでもダメ。

表情のお芝居も…料理のお芝居も…
『天皇の料理番』ならではの、とにかく大変な撮影になりました。


最後のカットの本番後には、監督の「カット!」がかかると、
思わず健さんも安堵の表情で微笑んでおりました^^

  • 過去の記事へ
  • 新しい記事へ

↑このページの一番上へ