現場レポート

金曜ドラマ『神の舌を持つ男』金曜日よる10時から

現場レポート

石ころの奇跡と歌う光

さて。おあずけになっていた、「崖」レポートの続きを。
光がさくらを締め上げた直後、呆然とする蘭丸が持っていた石ころを寛治がキャッチしたこと、覚えていますか?
実はこれ、本番で起こった奇跡!なんです。
もともと、蘭丸が石を落とす設定もなく、それを寛治が受け取るという設定もなかったのですが、本番で佐藤さんがミラクルキャッチ!
向井さん「今、僕が石を落としたらノールックでキャッチした!すごい!」
佐藤さん「褒めてもらっていい?」
向井さん「今の何!?」
佐藤さん「(その辺の石ころで解決するラストって何だ、という)セリフがあるから石を貰おうと思ったら……」
向井さん「まさかの!神業!」
佐藤さん「あははは!褒めて。褒めて。」
と神業石キャッチに興奮していた向井さんと佐藤さん&スタッフ。そんな盛り上がりの中、加藤監督から「カメラ位置を変えるのでもう1回お願いしますね〜」と満面の笑みでリクエストがあり、本番へ。すると……石は佐藤さんの手をすり抜け、ポトリと落下。「(佐藤さん)さっきのは偶然だったね。てへへ」「(向井さん)せっかく褒めたのに(笑)」とまたもや大盛りあがり。迎えたテイク2では見事キャッチし、セリフを言って寛治が石を投げたところ、パキーンと石が砕けてしまい……
佐藤さん「今年一番ビックリした!」
向井さん「僕も!あーってなりました」
佐藤さん「石、まだある?ごめん」
スタッフ「あります!」
佐藤さん「よかったぁ」
とこちらも奇跡的に石が粉々に。地面はコンクリートではなく土なのに、なぜあんなに粉々になったのか……「不思議だねぇ」と石ころの奇跡にそわそわしていた一同でした。

佐藤さんと加藤監督。なにやら相談中。

つづいては事件を(蘭丸が)解決し、熱唱する光。
いつもは「歌うな」と寛治に止められるのに、今回は「存分に歌え」とお許しを得ていましたね(笑)。「海を見ながら歌ってください
」と加藤監督から要望があり、リハーサル、テスト、本番と何度も歌っていた木村さん。

リハーサルでも大熱唱

そして1回目の本番が終わり、「恥ずかしくない?」と自分で歌わせといて木村さんに聞くドSな加藤監督。木村さんはしょんぼり顔。
続いて2回目の本番では「カット!」がかかると、座り込み顔を隠す木村さんに、「(向井さん)恥ずかしい(笑)」「(佐藤さん)はずかしめ」「(木村さん)はあ」「(向井さん) いいと思う〜」と向井さんと佐藤さんは満面の笑みで絶賛(笑)。3回目の本番では音程が少しずれてしまい、「もう、嫌だぁ。はずかしい〜」と絶叫する木村さん。それには向井さんも佐藤さんもスタッフも大爆笑で、「すばらしいシーンになっていると思う!」と慰めていました(笑)。そして最後の本番では、「歌い続けるので、(放送では)よきところでカットしてくださいねっ。がんばります!!」と照れながら歌い続けた木村さん。みなさん、木村さんのがんばりを見届けてくださいましたか?!

撮影の合間、キュートな姿を見せてくれた木村さん。

8話にしてやっと、光の歌声を長く聞くことができましたからね〜。
ということは、9話10話はどうなるのか?!
感想は掲示板までお願いします。

カレンダー

最近の記事

スペシャルコンテンツ

写真館 プレゼント 現場レポート ゲスト紹介 座談会 インタビュー 人物相関図 主題歌:坂本冬美 TBS FREE スペシャルコンテンツ スペシャルコンテンツ

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.