撮影日誌|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
【41】最終話の放送が終了しました!
2015.12.18 Fri.
最終話の放送が終了しました!

最終話に相応しく、
ペルソナの医療チームが結集してお母さんも赤ちゃんも助けた…「コウノドリ」の集大成となるようなお話でした。

最終話で描かれた死戦期帝王切開手術というのは、本当に大掛かりな手術で、
先日のXmasLIVEで土井監督もお話されていましたが、撮影現場には医療監修の先生がなんと7人も!!
モニターチェック中の様子はまるで映画館のような状態になっていました(笑)。

最後にクランクアップの様子を皆さんにお届けしたいと思います。
ドラマの数だけ、クランクアップがありますが「コウノドリ」のクランクアップほど涙と笑顔が溢れたクランクアップもありませんでした。
涙と笑顔が両立って…なかなか珍しい光景ですけどね^^

それではアップを迎えた順に紹介をしていきます!

永井浩之役・小栗 旬さん
『 最後まで出演せていただきありがとうございました。
9話から突然風貌が変わってしまってすみません(笑)。
貴重な経験をさせていただきました。
ドラマの評判もよく、いい作品に参加させていただいたと思っております。ありがとうございました! 』

新井恵美役・山口紗弥加さん
『 言葉にならないってこういうことなんだなと実感しています…泣
皆さんは明日も朝が早いので一言だけ…
この作品、このキャスト、このスタッフ、このチームに参加出来たことが本当に嬉しかったです。ありがとうございました! 』

小野田景子役・綾戸智恵さん
『 おおきに!お母さんの気持ち、母親やけど、もういっぺん勉強させてもろたような気持ちになりました。息子とうまいこと関わっていけそうな気がする…これ以上うまくいったらどうしよっ!(笑)。おおきに!皆さんのおかげです! 』

大澤政信役・浅野和之さん
『 長い間大変お世話になりました。
僕の知り合いの息子さんが今、医大で勉強していますが、そこの先生が授業中に「コウノドリを見なさい。あれはすごく勉強になるよ」と言っていたそうです。本当に素晴らしい作品に参加出来たことを嬉しく思います。ありがとうございました 』

滝賢太郎役・清塚信也さん
『 ダメだ…泣
言葉はないです。ドラマとしては長く準備期間をいただいて、剛と2人でBABYをつくってここまで来ました。賢ちゃんとサクラとしていても、役なのかプライベートなのか、わからないくらい同じような関係を普段からしていただきました。本当にありがとう 』

船越拓也役・豊本明長さん
『 最後は一番かっこいいところで終わってよかったです。ありがとうございました!
(えっえっ!?何かないの?by松岡茉優ちゃん)
え!すべる前提でいかなきゃいけないのは芸人としては…(笑)
(ダジャレとか…by松岡茉優ちゃん)
すべらないダジャレなんてないよ!無理無理無理!本当にアップアップなんだから(笑)。
とにかくありがとうございました! 』

今橋貴之役・大森南朋さん
『 本当にみなさんありがとうございました。
先にあがってしまうんですが、残りの撮影も頑張ってください!
まだまだいい人キャンペーンは続けるつもりです。また来年もTBSさんからいい話がくると思っております…(笑)。宜しくお願いします! 』


本当はここでサクラ先生もクランクアップだったのですが…
チームコウノドリの座長ですから!コメントは一番最後でご紹介いたします♪

と、ここでサクラ先生のモデルとなった 荻田先生から…

死戦期帝王切開手術を行った方に渡される認定証。
「 これを鴻鳥サクラ先生にお渡ししたいと思います!ちゃんと受講番号と認証番号も入っていますよ!ペルソナ医療センター鴻鳥サクラ先生…おつかれさまでした! 」
サクラのモデルとなった荻田先生からの思わぬプレゼントに綾野さんもこれまでにない満面の笑みでした。

レギュラーナースみなさんもアップ

向井祥子役・江口のりこさん
『 ロケ地が遠かったです!
そしてこの現場のヘアメイクさんをはじめ衣裳さん、女性スタッフのみなさんがすごく明るくていい人ばかりでした。彼女たちと仕事をするのが本当に楽しかったです。
みなさんお疲れ様でした!! 』

角田真弓役・清野菜名さん
『 ロケ地遠かったですね〜(笑)
でも毎回現場に来ると皆さんと楽しく撮影ができて、素晴らしい時間を過ごすことが出来て嬉しく思います。
皆さん、ありがとうございました! 』

設定と同じく同い年な2人。いつも仲良しでした♪

平井沙織役・白石糸さん
『 おつかれさまでした!
3ヶ月間でご迷惑をおかけしたこともあったかと思いますが、自分にとって学べたし、貴重な経験になりました。本当にありがとうございました! 』

福田義人役・橋本一郎さん
『 みなさんおつかれさまでした。
1話から、これから妊娠する予定の方、出産を経験された方、これから結婚する方からも反響がすごかったです。
この作品に携われたことを本当に幸せに思います。ありがとうございました 』

真田知香役・小林きな子さん
『 おつかれさまでした!
この作品にインする前に、妊娠したいなと思っていましたが、どんなに妊娠を望んでも、相手がいないと出来ないんだなということを勉強しました!みなさんとご一緒できて、本当に楽しかったです!ありがとうございました! 』

加瀬 宏役・平山祐介さん
『 おつかれさまでした!
キャストのみなさんもスタッフの皆さんもこんなにあたたかい雰囲気の現場ははじめてで、毎日現場に来るのが楽しみでした。
救命医ではないですけど、最後に飯塚さんが目を開いて手を握ってもらったとき…本当に感動してしまいました 』

白川 領役・坂口健太郎さん
『 おつかれさまでした!
本当に回を重ねるごとに、僕のまわりの同年代の子どもが生まれた方や結婚した方からの反響がすごくて、世間の人に愛された作品に出られたことをすごくありがたく思っていますし、なにより僕が白川領としてこの現場のスタッフの皆さんのこと、現場すべてを愛しながら出来たことがすごくありがたかったです。ありがとうございました! 』

四宮春樹役・星野 源さん
『 はじめて現場に行ったとき、こんなに速くて熱くて素晴らしいチームワークの現場にはなかなか来られないぞと思いました。
その思いが今日まで続く楽しい現場でした。参加できて幸せです。
また四宮春樹を演じられる日を願って…
本当にお疲れ様でした! 』

小松留美子役・吉田 羊さん
『 おつかれさまでした!
皆さんとお芝居ができて、そしてこの小松という役を演じられて本当に楽しかったです。でもそれは、皆さんが私を野放しにしてくれたからだと感謝しています。
またオンエアが始まるとたくさんの方から反響いただきました。なかでも印象的だったのは、このドラマに出てくれてありがとう、と言う声が多かったこと。感謝をされるドラマというのはこの先そうそう出会えないと思います。この出会いに感謝しています。
四宮先生も言っていましたが、叶うならば「コウノドリ2」「コウノドリSP」でまた皆さんにお会いできるのを心から楽しみにしております。ありがとうございました! 』

アップの瞬間…土井監督とクルクル♪

下屋加江役・松岡茉優さん
『 3ヶ月間、本当にありがとうございました!
最後はスタッフの皆さんは寝られてないのを知っていました…。皆さんの汗と涙がにじんだ後半になったと思います。
不思議と私たちが現場に行くと、いつも新鮮な気持ちでお芝居ができて、それは赤ちゃんのおかげだったり、尊敬する先輩方あってのことではありますが、何よりスタッフの皆さまが遅くまで準備して、ずっとずっと一生懸命走ってこられたからだと思っています。素晴らしいセットと素晴らしい医療器具と台本と…全部を細かく揃えてくださいました。
このドラマが生まれるまでにこれだけの人が関わっているんだよってtwitterにのせようね〜って写真を撮ったりしてきました。私たちキャストの見えてるほうだけじゃなく、裏にいる皆さんがどれだけ頑張って現場が出来ているかたくさんの人に知って欲しかったです。
ヒロインとしての役目は果たせなかったと綾野剛氏から言われましたが(笑)、こんなヒロインもあってもいいんだなってTBSの上層部の皆さんに届けばいいかなと思いますっ!
松岡はいつでもどこでも何でもやりますので、またお会いしたらぜひ手を握ってください!ありがとうございました!! 』

鴻鳥サクラ役・綾野 剛さん
『 まず無事に完走出来てよかったです。
この作品は、視聴者の皆さんだけでなく、これに携わった全ての方々に届くような作品にしていかなければいけないという思いで今日まで走ってきました。
その中で、本当に様々なことに立ち向い、患者の皆さんに寄り添い…この作品も僕自身も完走できたと思っています。
思うことはたくさんあります…たくさんある中でも、このスタッフとキャストの皆さん、そして医療関係の皆さんに改めて感謝いたします。
この作品は僕にとって大切な無二の作品になりました。
万が一、僕たちがまたチームで集れる日がきたら…そのときはまた新しい未来に向かって、一緒に走りたいと思っています。
キャラクターを含め、皆さんに出会えてよかったです。
そして鴻鳥サクラ先生に出会えたことを改めて感謝します。ありがとうございました! 』



3ヶ月の間、駆け抜けたチームコウノドリ。
全10話…いろいろなことがありましたね。
誰しもが「 サクラ先生が座長だったから、このドラマを走り抜けることが出来た 」とお話していました。

撮影最後の次の日も、またいつものペルソナの日常が繰り広げられるのではないかと感じてしまうほど、全てのキャラクターがドラマの中で生きていたように感じます。
「コウノドリ」はここで一度幕を閉じますが、きっと明日もサクラ先生は赤ちゃんを「おめでとう〜」と迎えるんだろうなぁ…
皆さんが名残惜しむ気持ち、出演者たちも一緒だったようですね^^
ペルソナメンバーたちがお産の現場に立ち会っているところに、再び視聴者の皆さんも立ち会うことが出来るその日を信じて…
3ヶ月間、応援ありがとうございました!


公式サイトに来てくださった皆さま
ドラマを楽しみにしてくださった皆さまに…祝福を♪

BACKNUMBER

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.