撮影日誌|金曜ドラマ『コウノドリ』

金曜よる10時〜放送« HOME
【15】小さな小さな共演者
2015.10.15 Thu.
コウノドリにおいて、一番重要一番小さな出演者といえば…赤ちゃんたち!
毎回たくさんの赤ちゃん・お母さんたちにご協力をいただいて撮影は進んでいます。

最善の注意をはらい、赤ちゃんに負担のないように…
撮影の注意事項として「ちゃんとお風呂に入って、体はいつも清潔に!マスクは必ずすること!!」が合言葉になっております(笑)

小さな出演者たちに戸惑うのはスタッフたちだけでなく、出演者たちも戸惑い気味でしたが、
ポスター撮影で誰よりも早く赤ちゃんと触れ合って撮影をしたサクラ先生は、ほかの出演者たちよりも早く赤ちゃんと仲良くなる術を身に着けていたように思います。

この日の共演者は9月2日に生まれたばかりのかわいい女の子でした。
最初はちょっと怖がっている様子の赤ちゃんでしたが、綾野さんが声をかけるとピタリと泣き止み、サクラ先生の目をじぃーっと見つめながらセリフを聞いていました。不思議ですよね!
ごはん休憩後には眠くなって、ぐずつくものの…そんな姿さえも愛おしいと綾野さんは「うぅ〜ん」と赤ちゃんの可愛さに声がもれてしまっていました^^
ポスターと同様、サクラ先生が指を差し出すと、ぎゅっと握ってくれる姿は本当に可愛い!!

悪戦苦闘していたのは新生児科・白川くんを演じる坂口健太郎さん。初めての赤ちゃんとの接触にちょっと緊張気味…。医療指導の先生やお母さんが赤ちゃんを抱っこしてあやすのをじっと見つめて、本番直前まで赤ちゃん人形で練習。(赤ちゃんは本番のみの登場なのです)
白川くんが赤ちゃんに微笑みかけるシーンでは、赤ちゃんを前にどこか緊張の表情の白川くん。すると土井監督から「不思議と赤ちゃんを抱っこして見つめると表情が優しくなるんだよ」とお言葉が。
本番では、そのとおりに今までの白川スマイルとはまた違った、優しく、やわらかい表情をされていました。

女性陣も同じく、いつも赤ちゃんにはメロメロ^^
直前まで泣いていても、お芝居がはじまると泣き止んでじっと目を見つめてくれるんです。そのキョトンとした表情に、助産師・小松を演じる吉田羊さんも骨抜きにされていました♪

大人の出演者たちだけでなく、小さな小さな俳優さんたちの素敵なお芝居にもぜひ注目してくださいね。
本当にお芝居をしているんですよ!

コウノドリ第一話は…いよいよ明日のよる10時からの放送です。
そして、早朝からは電波ジャックも行います。お見逃しなく!

BACKNUMBER

メニュー


TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.