テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』死幣ーDEATH CASHー

毎週水曜 深夜0:10〜放送

現場レポート

血の音が、、、

2016.9.6 by 音響効果・松井謙典

音響効果を担当させて頂いてます松井と申します。

写真

音響効果とはどういった事をしているかというと、編集が終わった映像にシーンに合わせた効果音を入れていきます。

効果音といっても、
環境音や足音などの現実音や、MEと呼ばれるエフェクト音など、台詞、音楽以外の音になります。
死幣でもほぼどんなシーンにおいても効果音が使用されていて、毎回出演者の皆さんが死幣によって死んでいく部分は撮影で収録された音でなく、全て効果音で構成されてます。

死幣では血が出るシーンが多いのですが、
血の音ってどういう音をイメージしますか?

ピュー!だったり、ポタポタだったり、プシュー、グチョグチョだったり、色々ありますよね。

写真

音を作る時は、
足音だったら、実際に靴を履いて歩いてその音を録音します。
ドアの音だったらドアの音を録音します。

血の音は、実際にカッターで指とかを切ってみて録音します。

とは言えないので、他のもので代用します。

写真

ポタポタと滴る音は、インクを落とし、
グチャという音は濡れ雑巾や洗剤、スポンジなどを使って、グチャグチャしたり、水と小麦粉でも気持ち悪い音がします。
その他、風船、注射器、水鉄砲とかあらゆるものを駆使し、実験しながら音を作っていきます。
海外では、牛一頭を買って、捌きながら内臓の音や血の音を録音したりする強者もいらっしゃいます。

テレビで聞くと分かりにくいですけどイヤホンとかで聞くとそういった部分もよく聞こえてくるとおもうので、怖さ倍増!オススメです。

放送は残り僅かになってきましたが引き続きよろしくお願いします。

BackNumber

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ