テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』死幣ーDEATH CASHー

毎週水曜 深夜0:10〜放送

現場レポート

白のショートパンツが溢れてます!?

2016.7.11 by 衣裳・矢野竜大

みなさま初めまして。
『死幣』衣裳部の矢野と申します。

衣裳というと華やかなイメージをもつ方がいらっしゃると思うのですが、この現場では全くそんなことはなく、必死に集めた衣裳に血しぶきが飛ぶタイミングを待つ、というのが仕事の8割を占めています。

しかも撮影の順番によっては、全く同じ衣裳を(サイズ、色ももちろん)3着集めて欲しいという発注もあります。そしてそういう時に限って1着しか使わなかったりするので、使わなかった2着が非常に気の毒でなりません。視聴者プレゼントにでもしたい気持ちは山々なのですが、血を浴びる衣裳ということで縁起が悪いのでやめようと思います。

由夏も血を日課のように浴びる子なので、いつ浴びても良いように同じものがたくさんあります。
自分で集めておいてびっくりしたのが白のショートパンツの量。

写真

多少のマイナーチェンジはありますが、松井珠理奈さんで若大将シリーズが出来そうな勢いです。
トップスが青系統、ボトムスが白の時に由夏に血がかかると視聴者の方から想定される可能性が高いのは事実。良い意味で期待を裏切れるよう努力します。

そもそも『死幣』の世界の中では「青」を正義の色、つまり死幣に立ち向かう色として使用し、由夏の衣裳も青を基調としたつくりにしています。松井さん自身も青系の服が抜群に似合うので色々合わせていたら、ご本人は真理(中村ゆりかさん)のモノトーン系の衣裳のほうが好き、と3話の撮影中で発覚。
1話、2話撮っちゃった後にそっちの方向性に転ぶには由夏のキャラ変更か、監督、プロデューサーの許可をとらずオールブラックで松井さんを現場に出して僕が怒られるかのどちらかです。どちらも簡単なことではないのです。松井さん、すみません。

そして水色と白のストライプのブラウス素敵だな、って思って着てもらって撮影し終わった後「この某コンビニ店みたいなブラウス素敵です!」って言わせてしまってすみませんでした。ご本人の優しさに救われてます。

松井さんへの懺悔のようなブログになりましたが、まだまだ撮影は続きます。
今後も血を浴びる衣裳を必死に集め、浴びた時に達成感を感じる、そんな残り1ヶ月にしていこうと思います。クセになりそうです。

1話が7月13日。是非観てください。

次のブログはいつも僕に美味しいお菓子やご飯を与えてくださるメイクの日野さんです。

よろしくどうぞ!

BackNumber

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ