テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』死幣ーDEATH CASHー

毎週水曜 深夜0:10〜放送

現場レポート

初めての体験…

2016.8.23 by チーフ助監督・北川 学

初めまして、演出部の北川です。
あまりこういったものに慣れていなくて下手くそな文章になりますが、少しお付き合いを。

写真

今回の現場で最年長。
30年近く現場をやっている僕が初めての体験…

写真

【1】主演女優の顔に血のりをかける。しかも、計5回。

1話 2回
2話 1回
3話 1回
4話 1回(4話では、中村さんと葉山さんにも…)

4話の絵里菜(川栄さん)の血がかかるところでは、松井さんがセリフを言ってから血のりをかけるところが、本番 興奮してしまい、ヨーイスタートの掛け声とともに顔に血のりをぶっかけてしまう、NG。あの時の主演女優が私に向かって睨みつけた目は、いまだに脳裏に焼き付いています。
残り放送、7・8・9・10話
記録はあと何回更新するのか…?

写真

【2】1万円札を燃やし続ける…

1話、郁美(西田さん)が1万円札を燃やす場面。画面に映っているものはすべて本物。たとえルーズショット(広い画)であろうと本物を使用。
そしてタイトルバックに使われている燃える一万円札。
監督からは、
“福澤諭吉のところで炎が燃え尽きたい”
そんなこと出来ます?
人生の中で“一万円札”を燃やしことがある人なんています?
しかし、大切なお金…失敗することができないので、演出部が集まり、河原でお金の燃え方実験。
皆さん、ご存知ですか? お札は燃えても半分残っていれば、半額返金してもらえ、4分の3残っていれば、全額返してもらえるのです。
実験は、お札が燃え出し、4分の1ぐらい燃えたところで消してしまう。本能でしょうか…

そしていざ本番。
福澤諭吉のところまで燃やす実験ができていなかった僕たちは、6枚目で成功。
5万円は、炎とともに消失してしまいました…

写真

【3】俳優部の口に、紐を突っ込む

5話でスパゲッティーを喉に詰まらせ死ぬ灰谷。
口の中にスパゲッティ—が口の中に入っていく様を見せたかったのですが、実際の麺だと短く、うまく表現できなかった…
そこで考え付いたのが、梱包に使う紐。
黄色いものを買ってきて、それにミートソースをつけ、灰谷(葉山さん)の口に紐を突っ込んでいく。ヨーイスタートの声とともに突っ込んだ紐を引っ張り上げていく。しかも3方向から…なかなかうまくいかずテイク3までやる。
灰谷さんの目の充血、あれはリアルです。
オンエアー2秒。撮影1時間。

写真

今回、俳優部の方には、大変な思いをさせ、申し訳ありませんでした。
年長者の僕がやっているので、文句を言えず我慢させてしまいました。
番組に入る前に、CGを使わず、リアルな映像を目指していこうという監督の号令のもとスタッフ・俳優部と結束し、素晴らしい番組に仕上がっていると思います。

物語は、クライマックスへと向かい、意外な展開が…。
出来上がりは、僕もまだ見ていないので、オンエアーが楽しみです。
長々とした文章になってしまいました。お付き合いありがとうございます。

BackNumber

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ