テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』死幣ーDEATH CASHー

毎週水曜 深夜0:10〜放送

現場レポート

終盤戦

2016.8.24 by 中村ゆりか(上野真理)

上野真理役の中村ゆりかです。

「死幣」を見て下さっている皆様、
このドラマ、心折れずして見ることができていますでしょうか。

今までにない感覚のホラーサスペンスかなと、その中にも重要なメッセージが含まれていたり、お金のあり方を見直すことのできるドラマだと思います。

終盤に近づいてきていますが是非多くの方に見て頂きたいです。

ですが、、
実は私ホラーが苦手です。

呪いという言葉を口にしただけで背筋がぴん!となってしまいます。
夏になるとホラーの番組が増えますよね。
テレビをむやみにつけられないです。

この間、スタジオの通路に置かれたマネキンに珠理奈ちゃんが驚き、それにつられて私も驚き、その場から素早く立ち去るなどして、、死幣ならぬ悲鳴を上げてしまいました。

写真

珠理奈ちゃんとは同い年で誕生日が近いこともあり、運命を感じる出会いでした。
仲良くしてくれたこと忘れません。ありがとう。

この作品は、監督やスタッフさん、共演者の方々の才能と技術が集まり力振り絞った作品だと思いました。

ほんの一部の写真。

写真

衣装の矢野さんです。

衣装についてのお話を少し聞かせてもらうことができました。
そしてこの写真の衣装はほんの僅かです、、
全員分の衣装を用意することを考えるとかなりの量、、頭が混乱します。

裕福ではない役の場合、着回しているだろうと服の数を少なくしたり、役がお金持ちならば服が沢山あるなど、役の立場を考えて衣装さんは衣装を用意してくれています。

ハードなスケジュールなうえ、一人一人の役にそった衣装を用意するのは、改めて大変なんだと思いました。

凄いな、、

衣装さんだけでなく、一人一人大事な役割を持っています。
そこには作品に対する思いが込められているのが伝わります。

このドラマを通じてお金の有り難みを重々噛み締め、現場の方々にも恵まれ、それと共にホラーに対する恐怖も少し克服できたのではないかと思います。

はい、それでは
『死幣』終盤戦に向け、引き続き宜しくお願いします。

BackNumber

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ